「情弱めっ」LINE@はコチラ!

ICOCAポイントが超お得かと思ったらまあまあ面倒だった話

そう簡単にはいかないJR西日本であった…。

 

注意
前回に引き続き関西ベースの記事かもしれない

2018年10月からJR西日本がようやくICOCAにポイント制度を導入する

JR東日本のSuicaは先行してJREポイントがスタートしているが、これとはまったく違うものになっていて、ものすごいお得なものが現れたという感じ。

 

だったのだが。

まずICOCAポイントについて解説しよう。


といってもいたってシンプルで乗ったらポイントがたまる、たまったらチャージして使える。というものだ。

 

JR西日本つかう人やったらめっちゃ得やん

 

そういうことになる。

もしそれが「1乗車ごとに〇ポイント」とかなら。

ICOCAポイントのため方

ICOCAポイントの最大の特徴は乗車してポイントをためる方法が2種類あることだ。

1.時間帯指定ポイント

毎月1日から末日までの平日の10時から17時休日の終日特定の区間を利用した場合に、運賃の30%か50%がポイントとしてたまる

2.利用回数ポイント

こちらも同じく毎月1日から末日までに利用した運賃それぞれから10%ポイントがたまるというもの。


ざくっと説明すると以上になる。

 

なんもいうことないやん!平日の昼間と土日とかめっちゃたまるやん

しかしこれには落とし穴がある

ICOCAポイントの落とし穴

ICOCAポイントの問題点。

それは、とにかくポイント付与条件が厄介なのだ。

区間の指定がせまい

まず時間帯指定ポイントだが特定の区間というのは京阪神エリア、つまり関西圏のみとなる。

そのため

  • 岡山や広島ではたまらない。
  • 大阪環状線や阪和線、大和路線でもたまらない。
  • たまるのはJR神戸線、JR京都線、JR宝塚線のみ

京阪神エリアと言っているから、和歌山に行く「阪和線」奈良に行く「大和路線」がたまらないのはわかるが「大阪環状線」もたまらないのだ。

もっと問題なのは…

そしてもっと問題なのは、ポイント適用区間ごとの利用4回目以降にそれぞれポイントを付与ということだ。

 

どういうことやねん

この時間帯指定ポイントは全部で34ものグループに分けられており、例えばある月に三ノ宮大阪間を10回乗ったとする。それとは別に大阪京都間を5回乗ったとする。

これらは別のグループにそれぞれ分けられているので、翌月付与されるポイントは三ノ宮大阪間1435ポイント大阪京都間560ポイントとなる。

 

めっちゃたまってるやん

しかしこれが、それぞれ3回までの利用になってしまうと付与されるポイントは「0」となる。

異なったグループの区間を使ってしまうと、いつも使っている区間とはべつのカウントになってしまうのでポイントがたまらなかった…などのことが予想される。

利用回数ポイントも同じ

そして利用回数ポイントもまた同じような形になっていて、これはJR西日本のICOCAエリアでならどこでもたまるポイントではあるのだが。

条件として「同一運賃区間の利用11回目からポイント付与」となっている。

なのである日は梅田へ買い物、ある日はUSJへ、ある日は天王寺まで、ある日は京都まで、ある日は三ノ宮、などといったバラバラの運賃区間を乗っていたらまったくポイントがたまらないのである。


あくまでいままで上げた例はあえて面倒なものを選んだが…。

例えば、週に3回パートでJRを使っている主婦の方とかだったら、きっと同じ区間ばかり乗るだろうから、この恩恵をフルに受けることができるだろう。

 

主婦に優しいとかええ会社やんJR西日本

そうとも言えないんだよなぁ…。

代わりに昼間特割きっぷは廃止に…。

このICOCAポイントを導入するかわりに廃止されるものがある。

それが昼間特割きっぷだ。

 

これは通常の回数券よりも高い割引率で販売される時間帯指定回数券なのだ。

そう、時間帯指定ポイントの前身といえる。


このきっぷは時間帯指定ポイントと全く同じ区間でのみ販売されているのだが、9月30日をもって廃止になる。

そして翌日からICOCAポイントが始まる。

つまりJRとしては昼間特割きっぷを廃止する代わりに時間帯指定ポイントを導入するのだ。

ただこれが同じ割引率になっていればよかったのだが、微妙に使い勝手が悪くなっているのが難点で一概に大手を振って喜べないところがある。

情弱ペディア
JR西日本のエリアではSuicaのエリアとかに比べてICカードの利用が少ない現状だよ。

それは駅の近くで格安チケット屋があって昼特きっぷや回数券を安くばら売りしているからなんだ。

紙の切符はコストもかかるし改札機に詰まったりであまりいいことがないうえに、関係ないところで利益を吸われているのをあまりよく思ってないのかはわからないけど…。

 

JR西日本は今回本気で格安チケット屋をつぶしに来てるよ。

PiTaPaでも同じ恩恵が受けられるように

また、同じタイミングでPiTaPaのポストペイ(後払い)乗車機能がJR西日本でも利用可能になる

と同時にPiTaPaでもさきほどのポイントと全く同じ内容の「割引」制度が始まる

ICOCAだと「ポイントがたまって、またチャージして使う」といった形になるがPiTaPaならそもそも引き落としの金額が減るのでこっちのほうがうれしいと思うのは私だけだろうか。

利用回数ポイントも普通に回数券を購入した方が安くなるのと、やや落とし穴があるので反応がどうしても鈍いものになってしまう。


以上、ICOCAポイントについてでした。

そもそもJR西日本にはSmartICOCAに乗車ポイントがあったのだが、それも今回廃止されて吸収されてしまう。

個人的にはこちらの方が付与率は低かったものの、使い勝手はよかったのでどうにか残してほしいと思う次第であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です