「情弱めっ」LINE@はコチラ!

まだ普通のsuica使ってるの?モバイルスイカをビューカードがなくてもお得に使う方法


iPhone7発売と同時に発表されてApple Watch Series2にも搭載されたモバイルSuicaApplePay対応

Suicaにはクレジットカードの機能はないが、もちろんチャージしなければ使えない

そこで、Apple Payに対応したモバイルSuicaにもチャージ機能があるのだが、チャージするにはクレジットカードかそれに準ずるものが必要だ。


で、クレジットカードといえばおそらくポイントなりマイルなり現金より使えばお得になる仕組みがあってそれが使っている人の目的のほとんどを占めるかもしれない。

SuicaICOCAがまだ世の中にない頃は現金で切符を買うかプリペイドカードを買うかしなければならず、ほとんどが現金支払いでこんなお得にすることはほとんど不可能だったわけだが、せっかくクレジットカードでしか支払いできないものが出てきたのだからガンガンポイントやらマイルやらぶんだくってやろうじゃないか。

と思った情弱諸君、待ちたまえ。

そのクレカ、本当にモバイルSuicaでポイントが貯まるのか?


モバイルSuicaとは?

モバイルSuicaとは元々はガラケーやAndroid端末に搭載されていることが多かったいわゆる「おサイフケータイ」機能の一つ。

この頃から端末が対応さえしていれば、登録するだけで使えていて今とほとんど使い勝手は変わらなかったのだが、このApple Payに対応したモバイルSuicaと今までのガラケー時代のモバイルSuicaは決定的に一つ違うことがある。

それは年会費が必要だったということだ。

正直モバイルSuicaは今ほど流行ってなかったのだ。原因ははっきりいってこれしかない。というかわざわざケータイで電車に乗れるがために年会費1000円払えというのは流石に横暴だろう。

しかしApple Pay対応時、Apple Payに登録してモバイルSuicaを使う分には年会費不要となった。

ここがポイント!
今ではGooglePayにも対応し、同じく年会費不要となっているよ!

モバイルSuicaの支払い方法

Apple Payに登録したモバイルSuicaにチャージするにはクレジットカードが必要だが、カードの種類によって登録の仕方が異なる。

Apple Payを使ってチャージする場合

同じような単語がでてきてややこしい限りだが、Apple Payには2種類存在する。

  1. 現実の店舗で、IDQUICPayとして支払う Apple Pay
  2. iPhone等の中でアプリの支払いやオンライン決済に使う Apple Pay

これらは明確な違いがあり、はApple Payに対応したクレジットカードなどであれば端末に登録すれば使える。

しかしながらたとえApple Payに対応したクレジットカードだったとしても、国際ブランドが「JCBMasterアメリカンエキスプレス」でなければ利用ができない。

要はドコモのdカードを登録したとしてもVISAブランドが付いていたら、ローソンでID決済はできるけどApple PaySuicaにチャージはできないのだ。

なお、Apple Watch series3以降のセルラーモデルを使っているのであれば、Walletアプリからチャージすれば手元にiPhoneがなくてもウォッチのみでチャージが可能だ。

めっちゃ電池食うし普通のスマホに比べて電波取りにくいから緊急事態に限るけどな

Apple Payに対応していないカードでチャージする場合

Apple Payのアプリ内決済ができないカードでモバイルSuicaにチャージをする場合は、必ず「Suicaアプリ」が必要になる。

Apple pay」ではなく「Suicaアプリ」に使いたいカードを登録して、Suicaアプリからチャージする。Suicaアプリで決裁した場合はApple Payに対応していないカードでもチャージ可能だ。

注意!
つまりApple WatchだけでチャージするにはApple Payに対応したカードが必要ということだよ!

モバイルSuicaではポイントがつかない!?

先ほどにも述べたようにApple PayでモバイルSuicaを使うにはクレジットカードなどでチャージが必要だ。クレジットカードで支払いするのだからポイントやマイルがたまるだろうと目論んで見るが、ここには落とし穴がある。

それは、全てのカードがモバイルSuicaのチャージでポイントやマイルがたまる訳ではないということだ。


その代表が楽天カードだ。楽天カードでは2017年11月以降、モバイルSuicaのチャージで利用しても楽天ポイントがたまらないようになっている。

他にもdカードau walletクレジットカードなど大手キャリアが発行するクレジットカード、また同じくそのプリペイドカード版にもポイントがたまらない。

というか最近はどうにもクレジットカードで電子マネーにチャージしてもポイントがたまらないのがトレンドらしい。モバイルSuica以外にもnanacoEdyでも同じ傾向がある。


とまぁ、モバイルSuicaでポイントたまらなくて萎え萎えな諸君に良いことを教えよう。

JR東日本のビューカードなら還元率1.5%で貯まったポイントはチャージに使えるぞ。

 

…と、ドヤ顔で紹介してみたものの、ビューカードならモバイルSuicaでポイントが溜まるなんていうことは正直検索すれば結構上位に出てくるのだ。

そのような、どこにでも書いてあることを我が「情弱めっ!」では紹介しない。


この「ポイントがたまる」というもの、これも大概トラップが仕掛けられているのでそれを解説する。

注意!
もともとビューカードでたまるポイントと、JR東日本の施設でたまるポイントはバラバラでしたが、2018年6月28日以降統合されてJREポイントになっています!

ポイントはオートチャージされた時しかたまらない

先程からSuicaアプリでチャージやらApple Payでチャージやらいろいろ語ったが、ビューカードでモバイルSuicaにチャージしてポイントが貯まるのは先に述べた方法のどれでもない。

オートチャージされた時だ。

情弱ペディア
オートチャージとは、改札機を通ったときにカードの残高が設定した額を下回っていると、自動的に一定額がクレジットカードを通じてチャージされる機能だよ。

モバイルSuicaの場合、JR東日本のSuicaエリアと関東の私鉄で導入されているPASMOに対応したエリアで使えるよ


なんか問題あるんこれ。操作する必要ないんやったらむしろ便利やん

そう、もともとSuicaなどはチャージするために券売機に行く必要があり、頻度は減ってもラッシュどきにはそれが原因で乗り換えがうまくいかなかったりして不満が貯まることがあった。

だから改札機を通ったタイミングでチャージされる仕組みがあれば無駄な時間と労力、そして改札機であの「キンコーン、チャージしてください」と残高不足で跳ねられるといったことがなくなる。


しかし、モバイルSuicaなら話は別なのだ。

なぜならモバイルSuicaはそもそも券売機でチャージできないのだから。そしてそのかわり手元の端末でチャージする機能がある。

こうなればカードの残高も常に確認が可能だし、不足していればそこでチャージ可能だ。今時地下鉄で携帯の電波が入らない区間は昔ほど多くはない。まして駅ではほぼ必ず入るようになっている。

それでもチャージするんにいちいち操作するんてめんどくさくない?

確かにそうだ

しかしオートチャージではどうしても不都合な事実が存在するのだ。

オートチャージできる駅は限られている

そう、オートチャージが可能な駅はJR東日本のSuicaに対応した駅PASMOに対応した私鉄駅でなければならないのだ。

え、でもそんなん自分がその辺に住んでたらなんも困らへんやん

もちろんそうなのだが、それではあまりにも関東圏に住んでいる人しかこのメリットが受けられない。

それに、仮に関東圏に住んでいて自分の最寄り駅がオートチャージ可能な駅だったとしても困る事態が発生する。


というか著者が陥った困ったことだが、東京の四ツ谷から東京駅を経由して関西に帰る時、初めはSuicaを使って改札を入りその時は残高が十分にありオートチャージがされなかった。

そして東京駅の駅ナカでSuicaを使ってお土産を買い込み新幹線の乗り換え改札に向かった。するとそこでとんでもない事態が発生した。

著者はそこから紙の切符を使って新幹線に乗る予定だった。なので改札機にその切符を入れたあとでモバイルSuicaをタッチするのだが、あの音が鳴ったのだ。

「キンコーン」

残高不足だ。

そう、著者は買いすぎてしまったのだ、お土産を。四ツ谷から東京までの運賃はICカード料金で165円。お土産を買いすぎてたったこれだけの金額も残っていなかったのだ。

著者はこの時、ここでiPhoneを使ってチャージしては無意味だということを理解していたし、時間に余裕もあったので一度改札を出て改めて紙の切符のみを使って新幹線に乗った。


なぜこんなことが起きたのか。理由は2つ。

  1. お土産を買いすぎた。
  2. 売店でSuicaを使ってもチャージはされない。

正直これ以外にもオートチャージが原因で不便に思ったことは1度ではなかったし、家計の面から見てもオートチャージは使いすぎてしまう傾向にあり、あまり良いことはなかったので著者はオートチャージ機能をやめた。


だがしかし、このままではタイトルの「ビューカードがなくてもお得にする」ことができない。

私がこのような記事を書くわけがない、もちろんお得にする方法ある。それはこのサイトでひたすらボロクソに叩かれているあの会社のカードだ。

ソフトバンクカード でお得にいける

「情弱めっ!」ではソフトバンクのことを「クソフトバンク」だのなんだの色々使い物にならんだの高いだのと叩きまくっていて「アンチソフトバンク」であるのだが、今回ばかりはこれをオススメしよう。


ソフトバンクカード は大手キャリアが発行しているカードの中では唯一モバイルSuicaにチャージしてポイントが貯まるようになっている。

ただ問題は普通に使ってしまってはポイントは0.5%還元で微妙だということだ。

ソフトバンクカードは実はただのプリペイドカードなのだ。しかし、そのままクレジットカードにすることもできる。それが「おまかせチャージ」という機能だ。

これをすると通常200円で1ポイント貯まるのが100円で1ポイント貯まるようになる。もちろんこれはモバイルSuicaも例外ではない。

ただソフトバンクカードは国際ブランドがVISAなので必ずSuicaアプリが必要なのがたまに傷だ。ただそれといって不便になるわけでもないので、ソフトバンクユーザーは是非このカードのおまかせチャージ機能を使ってモバイルSuicaにチャージしよう。


ちなみに著者は大手キャリアが発行する全てのプリペイドカードを持っているが、デザインの面において圧倒的にソフトバンクカード が優っていると思っている。

(ソフトバンクカード公式ページより)

ほかの2枚がキャラクターが描いてたりオレンジやら黄色なのに比べて黒で落ち着いた柄を選べるのがポイントだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です