「情弱めっ」LINE@はコチラ!

Macbook?それともSurface?大学生にオススメのパソコン4種類を徹底紹介する話


春から大学生になれる高校生たち、おめでとう。さぞ今は大学に入ったらアレしたいコレしたいと思っていることだろう。

大いに結構。安心しろ、それ

ほとんどできへんから

若者の夢壊すのやめろや

はっきり言って今の大学生は決して昔のように遊んでいられないのだ。そして悲しいことにびっくりするくらい金がかかる。

ちなみに著者は学生時代、金がかかりすぎてバイト三昧だったよ。


そして大学に入ると悲しいかな、レポートが存在する。大学生ならわかるであろう、そう、こいつ、長時間かかる。だからあえて私は言いたい。

PCに金をかけろ単位が欲しければ

PCと大学生活の悲しい関係

大学は単位さえ取れれば何でもいい世界だ。GPAが1に近づこうが何しようがC判定だろうが、不可でなければよいのだ。

そして、ほとんどの高校生はこれまで中間試験や期末試験で点数を取ればよかっただけだろう。大学では単位の取得のために、試験があったりレポートがあったりする。

まぁ、出席するのが一番簡単に単位取る方法やねんけどな

という大学生誰もができないフル単フル出席の話は置いておいて、なぜPCと大学生活がそこまで関連しているのかというと、大学のレポートを手書きで出すとか今時ありえないからだ。

どうしてもほしい最低限の性能

レポートはテキストデータで制作して印刷するか、メールで送ったりサイトにアップロードしたりする。

あーたしかに。でもWordとかぐらいやったらそんなにスペック高くなくてもいけるくない?

そうなのだが、大学のレポートは読書感想文ではない。いろいろ調べて参考を引っ張ってきたり、引用文献を乗せる必要がある。

そしてレポートには強い味方、コピペをする必要がある。そのためにはWordと同時にブラウザ(ChromeとかEdgeFireFox)を開いたりするだけのスペックが必要だ。

そこまで性能高くなくてもよくない?

いや、さっき述べたのは実はそこまで重要ではない。というかさっきのことをできないようなPCを買うくらいなら、スマホでレポートを書いた方がマシだ。

やる気と起動速度は比例する

ちなみにそのスマホ、なにか検索したりしようとしたときポケットから取り出して何秒かかる?

え、10秒もかからんけど

じゃあそれ、PCでやってよ

え、時間かかるからいややねんけど

そう。PCをそんなに買い替えたりしない家の場合、というか著者のように毎年毎年新型が出たり新しい何かが出るたびに買うような輩でない限り、PCの立ち上げからグーグルで何かを検索するまで1分等かかるのが普通なのではないだろうか。

人はこういう「より優れたもの」が存在するとき、やや「やる気」が落ちる。まぁ萎えるといったところだ。

レポートを書かなきゃいけないがPCの立ち上げに時間がかかる。だったら他のことやろう。

こうなると、ただでさえ後回しになってしまうレポートの着手がとことん遅くなって、提出期限ぎりぎりにクオリティの低いものを提出する羽目になる。

というかそれで済めばいいが、最悪出し忘れる。

そうなったら単位はない、落単だ。

持ち運びのしやすさは必須

大学には講義が入ってない時間、空きコマがある。この時間を活用してレポートをするのは賢明な判断だが、大学には愚者ばかりではない。大学においてあるPCは数が限られている。

そして自分のレポートが書きかけ等でUSBに保存しているとしよう。USBを忘れたら何もできない。クラウドに保存することもできるがセキュリティがかかっていて必ずしもそこから引っ張れるかはわからない。

となれば自分のPCを持ってくるべきだが、2,3キロ以上するような代物をかばんには入れたくないだろう。

肩が死ぬ…。

そして持ち歩くときに注意はするが、ラッシュの電車内で押しつぶされて壊れたなんて目も当てられない。これだけは何とか避けたい。

PCって電車の中で壊れるんかよ

あるPCメーカーではノートパソコンを出し始めた当初、クレームの多くが「満員電車で押しつぶされて外装にひびが入った、画面が割れた、キーが外れた」とかだったらしい。


つまり結論は

  1. 複数の処理を確実にこなせる性能がある
  2. 起動が速いこと
  3. 持ち歩きしやすいこと

この3つだ。

そのうえで現状、お勧めできるモデルをいくつか紹介しよう。


VAIO A12


「VAIO」といえば親世代なら知ってる人もいるのではないだろうか。もともとはSONYPCブランドだったが、経営不振になったときに切り離されて別会社として再出発したメーカーの最新モデルだ。

この端末の利点は2in1というジャンルに分類されるPCということ。2in1とはタブレットとノートパソコンの両方を兼ね備えた端末を意味する。

情弱ペディア
2in1のウリは、直観的でシンプルな操作性を持っていて、かつキーボードが付いておりパソコンとしても使えるということだよ。

正直、著者ダントツのオススメ。というか欲しい。軽い、速い、小さい、そしてVAIOの特徴は頑丈であることだ。

ただこのジャンルの弱点が膝の上では使いにくかったり、画面の角度が調節できなかったりバランスが悪くて転げたりすることだったのだが、このVAIOA12はそれらを一切解決したモデルになっている。

参考 VAIO A12VAIO公式サイト

Surface GO


「Surface」と言えば、おそらくいま大学生が「Macbook派」か「surface派」で別れるくらい人気の機種。そしてこれはその小型廉価版。

今まで日本でリリースされたProシリーズよりもスペックは少し抑えて、より価格を求めやすいものにした。

それでも、これもSurfaceファミリーの一員だけあって、Proシリーズにひけをとらない使いやすさ。性能面でも軽さでも申し分ない性能を持っている。


なにより、このSurfaceGoは6万円台から購入可能。さらに、Microsoft Office(約2万円)が無料でインストールされている。他の2つと比べると、非常にお財布にも優しい価格設定となっている。

現に著者のメイン持ち歩き端末も、このsurfaceGOだ。
参考 Surface GoMicrosoft公式サイト

Macbook


え、新しいのって「Macbook Air」じゃなかったっけ

その通り。しかし著者はあれが嫌いなのだ。すごく個人的な理由で申し訳ないのだが、13インチを超えると持ち運びにくいのだ。

はっきり言ってMacbookは重い、それに大学では使いにくいIT系の学科でもない限り要らない

「動画編集はこっちの方が~」とか「画像のレタッチはやっぱり~」とか、調子に乗ったバカは言っているが、今時Windowsで十分だ。


それでもほしいなら、まだサイズがVAIOA12と同列のMacbookだろう。はっきり言ってオススメはできない。普通の文系大学生なら特にそうだ。

はじめは調子に乗ってMacbookを買ったが、結局安いWindowsPCに変えた連中をたくさん見てきた。

それなら、初めからWindowsを買えばよい
参考 MacBookApple公式サイト

また、Macに関しては別で記事を用意している。

気になる方は、そちらをチェックしていただければと思う。

調子に乗ってMac買うくらいならパソコンはWindowsにした方が良いという話

【番外】iPad Pro


実際、大本命だと思っている。

というか著者自身が学生時代、これを使い始めてからノートもすべてこれでとってレポートもこれで作って提出していたくらいだ。

正直言おう。大学生活はiPadProを使うのが最も賢い。大学生活で必要なことのほとんどはiPadProでできる。

また、これに関しては別で記事を用意している。

是非、そちらをチェックしていただければと思う。

大学生に一番オススメのパソコンはiPadProだ!著者が大学時代iPadProで講義を受けていたという話

はっきり言おう、マジで最高。

とまぁ、これらはあくまで著者の主観。

参考指標として、これくらいのスペックのPCが一番使いやすいよというのを載せておこう。

大学生におすすめのPCスペック

 

CPU:corei5U/Yシリーズ

ストレージ:HDDではなくSDDかつインターフェースがPCI-Eのもの。

      容量はどうでもいい。

画面サイズ:11インチから13インチまでのもの

重量:1kg程度までに収まるもの

 

なお、USBType-C搭載と書いていてUSBPD対応あればモバイルバッテリーから急速充電が可能だ。PCの電池切れ対策もしっかりしておこう。

これを見てぜひ、自分に合ったPCを探してほしい。

ツイッターやコメントでアドバイスを求めてくれると、おせっかいな著者が懇切丁寧にアドバイスします。

また、PCは親や親族にねだることになると思う。情弱な親は富士通とかNECゴミみたいなパソコンを勧めてくると思うので、是非このサイトを見せて納得させよう。



3 Comments

アバター 顔デカ太郎

コメントありがとうございます!
確かにそう言わざるを得ない部分もあるのですが(笑)

操作性という面においてはsurface goよりもiPadの方が優れており、
より出来ることが多いという面ではsurface goの方が優秀です。
著者は特に操作性を重視するタイプってのもあるかもしれませんね…。

返信する
アバター Healthy

面白すぎます笑 まったくその通りで Windowsでもプロのクリエイターはかなりいますから 時間はかかってもその差はあまりわからないでしょう。
非常に参考になる内容ですが レポート程度なら やはりWindows機が安くていいですね
Core i5 7世代に8GB RAMそしてportable batteryによる給電ができると作業が行いやすいですね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です