「情弱めっ」LINE@はコチラ!

え、まだ現金持ってるの?スマホ決済をはじめるメリットの話


コンビニにて

支払いはIDで。

そんなんで支払いできるんかよ。現金でよくね?

とか思っている情弱諸君、まだ現金に搾取されてるの?


ふだんの何気ない支払いに「現金」を使う人って、もちろんたくさんいると思う。特に不便を感じることってなかなかないだろう。

だがここはあえて言おう、その不便を解決する手段はもう手の中にあるのだと。


実はそこにある不便

レジに商品を持っていき、お会計がいくらですと聞き、財布を出して、お金を払って、おつりをもらって、財布をしまって、商品を受け取る…。

ふだん現金をよく使う人にとって、これは日常茶飯事のふつうのことだろう。でもよく考えてみてほしい。

それ、めんどくさくない?

「電子マネー」というものがある。その名の通り、電子機器上でお金の支払いをしてしまおうという発想だ。

この「電子マネー」を使った場合、買い物の工程は劇的に短縮される。

レジに商品を持っていき、電子マネーで支払い、商品を受け取る。

これだけでレジでのお会計が完結する。おつりという概念や財布を出すという手間は消え、もっと言えばお会計の金額を確認しなくても勝手にピッタリな金額を支払うことができる。


電子マネーを使うと、その便利さに感動するだろう。

確かに便利かもしれないけど…なんか難しそうだし現金でいいかなぁ。

と、電子マネーがいかに便利かをここで述べたのだが、使っていない人間にこの便利さを説明することは困難を極める。便利さとは、使って初めてわかるものだからだ。

よって、この記事では「便利だから電子マネーを使おう」とかいう、何回聞いたって納得してもらえないことを言うつもりはない。

著者が電子マネーをオススメする理由…それは、電子マネーの方が安全だからだ。

現金に潜む危険性

現金は実はとんでもないリスクを抱えた不安定なものだ。現金はもし盗難に遭ったとしてもその全額が手元に戻ってくることはほとんどない。

また紙幣なら自販機などでは濡れてしまった状態であったり、どこかが欠損している状態では使えないことが多いし、硬貨なら変形していたりすり減っていて読み込まないことなどがある。

などなど、現金は失うリスクと使えないリスクが非常に高いのだ。

また、日本は他の国に比べれば少ない方だが偽造通貨を使わされる可能性も少なからず存在する。

ちなみに通貨を偽造したり販売・輸入することは犯罪だが、使用しても罰せられることは基本的にはないよ。

もちろん、故意でなければの話だが。

いわれてみれば確かに財布落としたらやばいよな

クレジットカードなら、保障が効いたりするからな

こういったリスクを排除するには現金を持たなければ良い。のだがそうなるとどうやって生活すればよいのかということになる。簡単だ、スマホでやればいい。

電子マネーを活用するという手段

現金を持たなくても支払いはできる。それは電子マネーを活用するということだが、ただこれにも弱点はたくさんある。

まず、電子マネーといってもカード型のものを使ってしまっては紛失するというリスクを回避できない。

電子マネーには大きく分けてチャージして使う「プリペイド」と、紐付けされたクレジットカードから直接請求される「ポストペイ」式とがある。

そして問題なのは前者、プリペイド式だ。

実はプリペイド式のものにも細かい分類が存在し、持ち主が特定されている「記名式」のものと、そうではない「無記名式」とがある。

この持ち主が特定されているかどうかということは非常に重要で、例えばカードを紛失した際には「記名式」でなければ多くのカードで再発行がされない。

注意!
無記名式だと紛失した際に再発行がされない上、

もちろん紛失したカードに残っていた残高も戻ってこないよ!

しかし記名式であっても、ポストペイ式であっても同じだけのリスクを抱える場面がある。

それは、他人による不正利用だ。

不正利用されると電子マネーは悲惨

電子マネーはカードをかざすだけで支払いが完了する。それが大変大きなメリットだが、それはまたデメリットでもある。

なぜなら、クレジットカードなどとは違い支払い時に暗証番号などの入力が不要だからだ。

そのため仮に電子マネーカードを落としてしまうだけで、現金と同じだけのリスクを抱えることになる。なのでこれでは現金のリスクを排除することはできない。

おいおい、あかんやんけ…

ここでApple Payの登場だ。

ApplePayなら全てが解決する

ここでiPhoneに備わっている機能を紹介しよう。ApplePayだ。

もともとはアップル製品を使っているときにオンライン支払いなどに使える機能だったがiPhone7以降現実の店舗での支払いにも利用可能になった。

利用手順は簡単で、手持ちのクレジットカードやプリペイド式VISAMasterカードをアプリで読み込むだけでOK。そして支払い時にはiPhoneのTouchIDやFaceIDを利用して利用者本人か確認する。あとは店頭の端末にかざすだけ。


ただそれでも危険性がある。スマホも落としたら同じだけ危険だからだ。

ただTouchIDなどで守られている場合はまだマシだ。本人でなければ使えない。が、ApplePayでもそのままかざすだけで使える場合がある。それはSuicaで支払う場合だ。

ApplePayもSuicaは要注意

ApplePayのSuicaには「エクスプレスカード」という機能がある。

普通に考えて改札機を通るたびにTouchIDでロックを外せなんて面倒だしSuicaのメリットを殺すようなものだ。

そのためにiPhoneなどの端末に1枚だけロックの解除不要な状態で支払えるようにする機能がエクスプレスカードだ。


などなどApplePayにもデメリットはあるけど、現金持つよりはずっとマシだな。

でも現金が必要な場面ってあるやん、そんときどうするん

スマホから出せばええねん

四次元ポケットかよ

じぶん銀行ならスマホから現金を出せる

銀行の口座からお金を引き出すのにキャッシュカードは必須だろう。そう、じぶん銀行以外ならね。

スマホATMという機能がある。

セブン銀行のATMでそのアプリを経由することで、じぶん銀行の口座から現金を引き出すことが可能だ。もちろんこれはTouchIDなどでロックを解除しなければアプリを操作できないので非常に安全といるだろう。

セキュリティ云々言っている人に言いたい

ApplePay、ひいてはクレジットカードのセキュリティは非常に高い。ただどんなに高いセキュリティでも、クラッキングやフィッシングなどで不正利用される可能性はゼロではない。

ただカード会社もバカではない。多くのカード会社は、ほとんどの不正利用を補填してくれる。

補償してくれないものといえば「カードの持ち主が暗証番号を教えたりして勝手に使われた!」くらいだろう。この程度の明らかな利用者の過失でなければ補償される場合が多いのだ。

 

結論:現金は必要だけど危険


さあ、手持ちのクレジットカードをiPhoneに登録しよう。

スマート社会の第一歩だ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です