「情弱めっ」LINE@はコチラ!

GooglePayとApplePayって何なの?それぞれの決定的な違いを解説する話

俺もついにお前に言われ始めてApplePay使い始めてん!!

良かったやん、これでスマホ決済デビューやな。

でも友達がなんか「ぐーぐるぺいのわおん」とかいう呪文を言っててんけど、これって何の魔法なん?

いや、なんでAppleはわかるのにGoogleはわかんないんだよ……しゃーないから解説してやるよ。

はいどーも。顔デカ太郎@airinybsgです!

最近ApplePayとかGooglePayとかよく聞くと思う。

ApplePay」は何となくスマホでお金を支払うサービスってことは分かるんやれど…今度は「GooglePay」??これって一体何なんや!?

などと思ってはいないだろうか。今日はこの「GooglePay」について詳しく解説をしていこうと思う。

ApplePayについて詳しく知りたい方はコチラ!

え、まだ現金持ってるの?スマホ決済をはじめるメリットの話

GooglePay?ApplePay?ってそもそも何?

ApplePayってなんぞや

これまで何回かこのサイトで取り扱っている「ApplePay」これはクレジットカードなどを登録することでiPhoneやAppleWatchでお金の支払いができるようになるサービスだ。

利用手順は簡単で、手持ちのクレジットカードやプリペイド式VISAMasterカードをWalletというアプリで読み込むだけでOK。

そして支払い時にはiPhoneのTouchIDやFaceIDを利用して利用者本人か確認する。あとはiPhoneAppleWatch店頭の端末にかざすだけで支払うことができる

…のだが、実はコイツほとんど国内で使えない。


ファッ!?じゃあ、どうやってお金払ってるん?

SuicaiDQUICPayやで


ApplePayはiPhoneやAppleWatchの「Wallet」というアプリにクレジットカードなどを登録することで、そこを「経由」して支払いをしている。

だからApplePayという支払いサービスは厳密にはない。実際に店舗で支払いをする際は「iD」や「QUICPay」などを使って決済をする。

ちなみに、ローソンは「Wallet」アプリにPontaカードを登録できて支払い時に「ApplePayで!」って言ったら支払いついでにポイントカードもまとめて読み込んでくれるからレジでの手順がすごく楽になるで


またオンラインでの決済にも対応しており、そういったサイトでは支払いをApplePayに指定することでクレジットカード番号入力の手間が省けるので非常に楽ちんだ。

また、支払いの度にパスコードを始めTouchIDかFaceIDで必ず認証する仕組みになっているためカード番号を入力しない。よって、そこから不正利用に発展するリスクを抑えることができる。

注意!
ApplePayオンライン決済の場合「JCBMaster・アメリカンエキスプレス」のクレジットカードにしか対応していないので、VISAカード等は使うことができないよ!

GooglePayってなんぞや

「GooglePay」も基本的にはこれと同じもので、要するにApplePayAndroid版だと思えばよい。

…で、このGooglePayもほとんど国内で使えない。


またかよ!!じゃあApplePayみたいに「iD」や「QUICPay」を使って支払うん?

その考え方は基本的には正しい。


ただ、GooglePay現実の店舗で支払う際に使えるサービスがApplePayとは異なる。

ApplePayで支払う際に使えるサービスが「SuicaiDQUICPay」なのに対し、GooglePayで使えるサービスは「EdynanacoWAONSuicaQUICPay」だ。

またGooglePayもApplePayと同じくオンラインでの決済に対応している。

情弱ペディア
ApplePayiPhoneAppleWatchなどの「Apple製品」に、GooglePayは「Androidのスマホ」に対応しているよ!

GooglePayは超ややこしい

GooglePayとApplePayの違いはもちろん対応している端末が異なるのだが、それ以外にも「対応している支払い方法」が異なっている。

え、登録したクレジットカードで支払うんじゃないん?

もちろんそうやで。

しかし現実の店舗では先にも説明した通りなにかしろの決済サービスを利用する。

そしてApplePayにのみ対応しているiDや、どちらにも対応しているQUICPayは互いに登録してあるクレジットカードに紐付いているので、コンビニなどで使えばそのまま紐付いたカードに支払い額が請求されて後日銀行口座から引き落とされる。

だがこれ以外のEdynanacoWAONSuica」はそもそも先の2つとは違い事前にチャージが必要なプリペイドタイプだ。

これらにチャージをするにはクレジットカードが必要なのだが、実はすんなりそのままチャージできるのはEdyとSuicaだけだ。

え、すんなりチャージできないヤツがあるん?


EdyとSuicaは「GooglePayアプリ」で登録したクレジットカードを使ってそのままチャージできるのだが、nanacoはチャージするには「モバイルnanacoアプリ」が必要であり、さらにこのアプリ内でまた別の登録が必要となる。

そしてWAON」はEdyやSuicaと同じくGooglePayアプリでチャージできるのだが、そのためには「イオンカード」を登録する必要がありそれ以外のカードからはチャージ不可になっている。

なんか面倒くさいなぁ…。

そもそもGooglePayに対応しているサービスはそれぞれバラバラにサービス展開していて今更統合する必要ないんじゃないって話

タイトルが長くて申し訳ない。

GooglePayの支払い手段として使える「QUICPaySuicaEdynanacoWAON」だが、これらのサービスはそもそもGooglePay」が始まる前からバラバラにAndroid端末に対応しており、それぞれのアプリが存在している。

そのため「あえて今更GooglePayに登録し直して使う意味はないのでは?」というのネット上での意見であり、正直著者もそう思っている。


ただしかし、GooglePayでなければならない使い方もある。それは「QUICPay」を使う場合だ。

QUICPayGooglePayではなくQUICPayアプリを使った場合、特定の1つカードを登録して使う必要があり、いわば「QUICPayを使うためにカードを登録する」という感じになっている。

だがGooglePayでは複数のカードでQUICPayを使うことができ「登録してあるカードをQUICPayで使う」という感じになるのでちょっと自由になった感じだ。

というより支払う選択肢を「このカードはQUICPay専用」「あのカードはSuica専用」と決め込むより「どのカードでもQUICPayが使えて、どれでもSuicaがチャージできる」といったほうが便利だろう。

ただそれでも注意が必要なのはGooglePayでQUICPayとして使えるのはカードの発行元が「JCB、ジャックス」のクレジットカードカードだけであり、それ以外だと「LINEPay」「Kyash」のみになる。

まぁ国際ブランドがJCBなら概ね発行元はJCBカードになっているだろうから特に心配することはないだろうけど、一応今から使おうって場合は事前に確認する必要がある。

GooglePayをあえて使う意味

はっきり言ってGooglePayはそもそも電子マネーに一切対応してなかったiPhoneがApplePayでSuicaやiD、QUICPayに対応した時ほどのインパクトはなかったし、劇的に便利になったという印象もない。

何と言ったってGooglePayはそもそも使えたサービスを寄せ集めてGooglePayというアプリに詰め込んだに過ぎない。

だからnanacoにチャージするには別アプリが必要だ、とかWAONにはイオンカードからしかチャージできないといったことにやたら「不便だ」と感じてしまうのだ。


ただし実際問題として、ApplePayのSuicaだってSuicaアプリに登録しなければ「VISAカード」などのApplePayに対応していないクレジットカードからはチャージできないわけで、制限があるのはApplePayも同じだったりする。

逆にGooglePayにはApplePayにないものもあることを知るべきだ。その筆頭がLINEPayKyashの対応だろう。

LINEPayを使うのであれば悪くない

LINEPayと言えば「コード決済」というイメージが強いが、実はLINEPayはコード決済以外にも決済手段がある。LINEPayは3つの方法で支払える。コード決済とLINEPayカード、そして「QUICPay」だ。

実はLINEPayは「GooglePayに登録する」という方法を使うとQUICPayが使えるようになるのだ。

QUICPayは通常のカード決済よりも高速であり、LINEPayのコード決済よりも対応店舗が多い。また支払いの流れも非常にスムーズだ。だからLINEPayをQUICPayで使うためにGooglePayを使うというのは非常に合理的な選択だろう。


また「Kyash」はアプリでバーチャルカードを発行してオンラインでの決済に使ったり、VISAプリペイドカードの発行をしており、それが2%の高還元率ということで人気のサービスだがLINEPayとともにApplePayには対応していない。

またこれはApplePayにも言えるのだがGooglePayでSuicaを登録する場合、もともとのモバイルSuicaでは年会費500円がとられるのがGooglePayで登録すると不要だ。

そして特段使える機能に差があるとかそういうわけではないので、これに関してはお得と言えるだろう。

ちなみにEASYモバイルSuicaっていう年会費無料のものもあるんだけど、スマホからチャージするには銀行口座が必要だったり、ちょっと面倒臭いよ。

記事のまとめ

というわけで今日は主にGooglePayについて解説をさせていただきました。まとめるとこうなります。

  • ApplePayGooglePayも基本は「スマホでお金を支払う」サービス。
  • ApplePayApple製品で、GooglePayAndroidのスマホで使うことができる。
  • GooglePayはそもそもバラバラに存在したアプリを寄せ集めただけのもの。
  • GooglePayを使うとLINEPayがQUICPayに対応するのでそこは良いところ。

 

結論:AndroidユーザーだからってGooglePayをあえて使う必要はない。


はっきり言ってしまうがiPhoneユーザーはApplePayを使わざるを得ない。だってそれしか対応してないから。

だがAndroidユーザーは違う。正直GooglePayアプリが使いやすいわけでもない。またまとめたからと言ってメリットもない。

Edy,nanaco,WAONって正直に言ってしまうと、ApplePayで対応しなかった取り残された存在」だと言えなくもない。

それにnanacoをそんなに使うならセブンカードを作るべきだし、わざわざWAONをGooglePayでイオンカードからチャージするより、そのままイオンカードのWAONで支払った方がスムーズだ。

【追記】セキュリティではApplePayに軍配が上がる

またGooglePayは支払い時ApplePayとは違い指紋認証や顔認証を求められない。ある意味スムーズなのだがセキュリティを売りにしているApplePayとはやはり差を感じる。

実際問題iPhoneに搭載されているTouchIDやFaceIDと、Androidに搭載れている指紋認証や顔認証システムはOSとの親和性が全く違うので、Androidの認証システムは支払いの際に活用できないのかもしれない。

不正利用が心配される世の中で、セキュリティ観念が低いユーザーに対していかに防御力を高めさせるかということは今後もサービスプロバイダーにとって課題となるだろう。

サービスプロバイダーとは?
プロバイダーとは「提供する者」という意味だよ。

要するに「サービスを提供している者」ということだね!

ApplePayなどについてもっと知りたい方はコチラをご覧ください!

え、まだ現金持ってるの?スマホ決済をはじめるメリットの話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です