「情弱めっ」LINE@はコチラ!

ドコモユーザー必見!究極の選択「ポケットWiFi」と「WiMAX」はどっちが正解かという話

どーも。顔デカ太郎@airinybsgです!

今日はモバイルルーターを買うならWiMAX「ポケットWiFiどちらを選ぶのが正解なのかを解説しようと思う。

え、WiMAXってポケットWiFiじゃないん?

という話をするといつも思うのだが、なぜか「持ち運びできるWi-Fiルーター」のことを「ポケットWiFi」だと思っているやつが多すぎじゃなかろうか。


アレの正式名称は「モバイルルーター」だぞ。

え、じゃあポケットWiFiってなんなん!?

WiMAXポケットWiFiも商品名だよ!!

 

今回の情報弱者
モバイルルーターのことを「ポケットWiFi」だと思っている情弱

auユーザーはWiMAX、ソフトバンクユーザーはポケットWiFiを選ぼう

まずはじめにauソフトバンクを使っているのなら、それぞれの割引があるWiMAXポケットWiFiを選ぶべき。これは揺るがない事実だ。

情弱ペディア
「WiMAX」はauと関係のあるUQという会社が、「ポケットWiFi」はソフトバンクがワイモバイルというブランドを使って提供しているよ!

だからauユーザーがWiMAXを契約したり、ソフトバンクユーザーがポケットWiFiを契約するとそれぞれ割引が効くんだぜ!

ただしこれも一部では覆る。

その一部とはソフトバンクユーザーで家にSoftbankAirやソフトバンク光がある人だ。

このユーザー達はもれなくおうち割光セット」というものが適用されており、すでに割引が効いているのでポケットWiFiを契約したところでスマホ代が安くならない。

そのためメリットが消滅してしまうのだ。

はっきりいうがポケットWiFiのメリットはこのスマホが安くなる」ということくらいしかない。


ちなみにこれはauユーザーにも言えることだ。WiMAXを契約することによる割引家の固定回線を契約することによる割引は併用できない。

しかしWiMAXを選ぶべきなのだ。

それは圧倒的にWiMAXが優秀だからなのだ。

ドコモと格安SIMユーザーは同じところでモバイルルーターを契約するな

ちなみにドコモもモバイルルーターを出している。だが、絶対に契約するな。

ドコモのモバイルルーターは他の大手2社と違いモバイルルーター用の料金プランが実質存在しない。

存在しないってどういうことなん?

そのまんま「普通の携帯と同じ料金プラン」で契約することになるぞ。

そのため他2社がだいたい容量無制限で4000円しない程度なのに対して、月額6000円もかかって5GBしか使えない。

これを契約するくらいなら毎月のパケットプランを増やした方が安上がりだ。


またドコモにはドコモ光という固定回線サービスがありこれを契約することで毎月のスマホの月額料金に割引があったりするが、モバイルルーターを契約してもスマホ料金の割引は一切ない。

料金高いわ割引もないわ、いったい何のメリットがあるのかと言われれば端末の性能が良いくらいだろう。ただそれも理論値の話で実際どれくらいの速度がでるかは本当に使ってみないとわからない。

ドコモで契約する意味はマジでない


同じように格安SIMを提供する会社でもモバイルルーターの取り扱いがある所が多い。ただこれもドコモと同じくスマホとモバイルルーターに別の料金が設定されているわけではない。

元の値段が安い分格安SIMはまだマシかもしれないが、もちろんそれを契約したところでスマホ料金の割引はないし、ドコモの時と同じくスマホのパケットを増やした方がいいだろう。


またこれはドコモと格安SIMの両方に当てはまることだが、もちろんモバイルルーターを契約する場合は端末が必要になる。

WiMAXポケットWiFiは概ね端末代が無料になることが多いのだが、ドコモや格安SIMにはそんなサービスはなくほぼ全額自腹となるのでその分も月額料金に反映される。

いかに安くするかということが問題のモバイルルーターにおいて端末代がかかるということは欠点でしかない。

もはやドコモはモバイルルーターにやる気を全く感じられへんで

ドコモと格安SIMユーザーはWiMAXで契約するべき

さてそれではドコモと格安SIMユーザーは一体どのモバイルルーターを契約するべきかという問題なのだが、それは間違いなくWiMAXだ。

なぜならばサービス内容や料金が明らかにポケットWiFiよりも優れているからだ。

具体的に何が優れているかという前に、まず現在この2つのサービスは共に1ヶ月あたりの容量無制限プランが存在する。これはどちらもスマホのように1ヶ月あたり何GBまでといった制限がなく、いくら使っても低速通信になることはない。

すげぇ、マジで使い放題やん!

と思ったら大間違いだ。

これらの容量無制限プランには1ヶ月あたりの制限がない代わりに3日あたりの制限がある。これは前日までの3日間で10GB以上使った場合、当日の夕方6時ごろから次の日の深夜1時、WiMAXは深夜2時まで最大速度が約1Mbpsにまで低下するというものだ。

情弱ペディア
1Mbpsってどのくらい?という質問に対して公式サイトが「YouTubeが標準画質で見れるくらい」と言っているが、実際はその程度の速度すら出ないことが多いよ。

なので「通信制限がある」「時間は短い」「速度はそれなりに下がる」というふうに覚えておいてほしい。

通信制限の適用時間はWiMAXの方が1時間長いが、深夜1時2時に一体何をするというのか…早く寝ろという話だ。デメリットとは言えないだろう。

話がかなりそれてしまったが上記のような「使い放題サービスとその制限」という点において両者の差は拮抗している。…ように見えるのだがポケットWiFiとWiMAXでは微妙にサービスが異なるのだ。

ポケットWiFiはちょっと不親切

ポケットWiFiはこの通信制限がないモードにするには「アドバンスモード」というオプションを契約する必要がありWiMAXの場合はそもそも月額料金から異なる「ギガ放題」というプランがある。

この二つ結局は1ヶ月の容量に制限がある料金プランに追加料金を払うことで通信制限を無くすというものだが、ポケットWiFiの場合ちょっとややこしいのが端末によってはこのアドバンスモードを契約できないということだ。

さすがに店舗で契約する際にこの説明がされないことはないだろうが、オンラインでの申し込みなら情弱がうっかり見落として契約してしまうということが発生しかねない。

その点WiMAXであればどの端末でも通信制限のないギガ放題を契約することができ、万が一申し込みの際にギガ放題でないプランを申し込んでも手数料や解約金なしでギガ放題に変更が可能だ。

提供エリアが圧倒的に違いすぎる

ともに1ヶ月あたりの制限がないが、ポケットWiFiは「AXGP」と「TDD-LTE」という電波を使っている時のみ通信制限が発生しない。ただこの2種類の電波、対応しているエリアが圧倒的に少ない。

WiMAXの場合はWiMAX2+」という電波に対応していれば良いのだが、これも他のLTE電波などに比べればエリアが広いとは言えないがポケットWiFiよりは圧倒的に広い。

都市部からちょっと離れたとしても一応は対応できるぞ。

ただし両方とも山間部やトンネルの中などでは一切電波が通らないと思っていただいて問題はないので、これに関しては諦めてほしい。


この2つのサービスは共に通信制限がない電波とは別に、通信制限はあるが広いエリアで使えるモードが存在する。

ポケットWiFiは「標準モード」と呼ばれるいわゆる普通の4GLTE電波を使ったモードで1ヶ月あたり7GBを超えて使用すると通信制限になるのだが、アドバンスモードに切り替えれば通信制限から解放される。

注意が必要なのがWiMAXの場合で、LTEオプションといういわゆる普通の4GLTE電波を使うモードで1ヶ月あたり7GBを超えて使用して通信制限がかかってしまうとWiMAXの電波を使うモードに戻しても通信制限から解放されずそのまま月末まで低速通信を余儀なくされる。

ただこれらの通信モードの切り替えはどちらもモバイルルーターの端末から非常に簡単にできるので、電波の通らないトンネルの間だけ使うようにすればこれの心配はないだろう。

記事のまとめ

というわけで今回は「モバイルルーターはポケットWiFiとWiMAXどっちが正解なのか」について解説をしました。まとめるとこうなります。

  • auユーザーはWiMAXソフトバンクユーザーはポケットWiFiを使おう
  • ポケットWiFiは容量無制限のプランがちょっと不親切
  • 提供エリアはWiMAXの方が圧倒的に広い

 

結論:WiMAXが最強ゥ!!


以前の記事でWiMAXが最強だと書いたと思うが、それは今でも変わっていない。

というか料金や提供サービスエリアは正直どちらもそこまで差はないのだ。はっきり言ってモバイルルーターのメインユーザーは都市部に住む人だ。

だから山の中に住んでる人は申し訳ないが諦めるしかない。


WiMAXとポケットWiFiの都市部で使う上で最大の違いは、やはり理論値とは言え通信の最高速度だろう。

これが単に対応している電波の規格が原因で速度が思ったより出ないのであれば致し方ない部分もあるが、端末側の問題で速度が出ないのであれば話は別だ。

一応WiMAXの最新の製品で最高速度は758Mbpsで、ポケットWiFiは612Mbpsだ。

正直誤差の範囲だが、ただどちらもこの最高速度に対応した製品より後に出たにもかかわらず速度がかえって落ちているものもある。

それ以前にポケットWiFiは、後に出た端末はアドバンスモードに対応していないためやや古い端末をわざわざ使う羽目になる。

あえていうがスマホやデバイスにおいての真理は「最新型は正義、一番いいに決まっている」ということだ。もちろん例外もあるが基本的のこの真理は原則として適用されるだろう。

またWiMAXの方が端末からスマホやPCタブレットなどに電波を飛ばす際にもより電波が届きやすい工夫が施されていて、なるべく受け取った電波をそのまま無駄なく利用できるようになっている。

はっきりと言ってしまうがポケットWiFiの端末に今のところこのような対策が施されたものはない。

さぁ、大人しくWiMAXを契約するんだ!

WiMAX公式サイトはコチラ!


個人的な感想やけど、ワイモバイルのサイトはちょっと使いにくすぎるで…。

ワイモバイルってことはポケットWiFiを提供しているとこやね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です