「情弱めっ」LINE@はコチラ!

どこが一番美味しいの!?ファミレスドリンクバー最強決定戦!の話

はいどーも。顔デカ太郎@airinybsgです。

さてそろそろ決めていいのではないだろうか、誰も決めないから著者が決めてやろうと思う。

そう、ファミレスのドリンクバーはどこが最強なのかということを!!!

 

今回の情報弱者
ファミレスのドリンクバーの違いをわかってない情弱

というわけで今回は「ファミレスのドリンクバーNo.1決定戦」やで。

なんか微妙に気になる!

今回エントリーしたファミレスたち

それでは今回著者の独断で選ばれ、そして強制的にエントリーさせられたファミレス達を紹介しよう。


①ガスト

いわずと知れたファミレス界の王者、最大勢力。郊外から都市部までもれなく網羅した「すかいらーくグループ」の中核ブランドだ。


②デニーズ

セブンイレブンやイトーヨーカドーでおなじみ「セブン&アイグループ」が展開するファミレスブランド。

何気にその店舗展開がイトーヨーカドーの近くに出店するという方針なのかどうか定かではないが、イトーヨーカドーがない地域では存在感がない。


③サイゼリヤ

ミラノ風ドリアが安くてうまいことでおなじみのサイゼリヤだ。

注意
決してサイゼリではない、サイゼリだ!

④ロイヤルホスト

ホスピタリティ・レストランと自称するだけあり素晴らしいサービスと料理が自慢のファミレス界でもダントツの満足度をほこるブランド。


⑤ココス

少し毛色の異なったハンバーグやステーキといった肉を主軸に置いたファミレス。

一部の店舗では平日や土日の朝に朝食バイキングを実施しているところもある。やや変わり種と言える。


以上の5ブランドが、今回晴れて「ファミレスのドリンクバーNo.1決定戦」に参加してもらうファミレスである。

注意
また今回はジョナサンやバーミヤン、ジョリーパスタ、ビッグボーイなどのすでに親会社やグループ会社がエントリーしているファミレスは、同じグループ内で著者がよく行く店をラインナップさせたので悪しからず。

それでは発表していこう!

1位 味が美味い!ロイヤルホストデニーズ!!

やはり1位はダントツで満足度の高いロイヤルホスト…と思ったら思わぬ刺客が登場した。

本来であれば早速この決定戦の優勝者を発表したかったのだが、残念ながら甲乙つけ難い事情が存在したのだ。それはなにか。種類ではなくやはり「味」なのだ。

それはロイヤルホストとデニーズにおいて発生した…。

ロイヤルホストのアイスティーはすごい

ドリンクバーといえばおそらくソフトドリンク、コーラなどを多く想像しがちだが侮ることなかれ。ロイヤルホストのドリンクバーはラテからココアに、ウルトラおいしい「トロピカルアイスティー」まで置いてある。

実はこれは成城石井などでペットボトル販売されている代物だ。

え、すげぇ!

デニーズのコーヒーはセブンカフェのコーヒーだ

それに対してデニーズのドリンクバーは正直言ってシンプルなものが多い。店舗によっては新型のタッチパネル式でドリンクを選ぶものが導入されているが重要なのはそこではない。

デニーズは「セブン&アイグループ」の一員だ、そしてセブン&アイグループのメインといえばやはりセブンイレブンだろう。

そしてデニーズにはあのセブンイレブンのセブンカフェのコーヒーマシンがそのまま設置されているのだ。

セブンカフェが飲み放題なのだ!


この2つはリアルにコンビニや高級スーパーで売られているため頭の中で値段がすぐに計算されてしまう。

アイスティーなら500mlで150円くらいやし、コーヒーなら1100円やな。

またドリンクバーは1回あたりせいぜい200円から300円程度、となればこれらの存在のおかげで猛烈な速度で元が取れる。元は取れなくとも相当お得に感じる。

情弱ペディア
もちろん味の保証はバッチリとされているので何杯でも飲めてしまうよ!

の2つを甲乙つけるというのはなかなか難しく、そのため同率1位とした。

個人的にはロイホの方がよく行くかな。トータルでサービスが優れてるで。

モーニングはデニーズがオススメだよ!

3位 種類が豊富!ココス!

ドリンクバーは数だよ兄貴ィ!

いきなり同率1位という結果になってしまい、個人的にはいずれ頂上決戦をしたいところではあるが、次点ははっきりいって確定している。

それはココスだ。

これはものすごく単純な理由でココスは紅茶の数が他を圧倒しているのだ。


やはりドリンクバーの充実度、満足感を得るには「種類」と「味」を両立する必要がある。

味という面ではコスパという側面を取り込んだロイホとデニーズが最強であるが、種類という面ではこのココスも負けてはいない。

また紅茶以外にもココスには多くの店舗で新型のドリンクバーの機械が設置されており、他のファミレスにはない種類の少し珍しいりんごジュースなどがあるため飽きさせてくれない。

種類の多さがココスの強みなんやな!

4位 なんつーかブナン…。ガスト

個人的に、ガストのドリンクバーは微妙やねんなぁ…。

種類、味、コスパ、どれをとってもパッとしない。それがガストのドリンクバーだ。

ガストにもロイホと同じ見た目のトロピカルアイスティがあるのだが、飲めばわかるが全く味が違う。

ガストのほうがやや渋みが強いのだ。ロイホのトロピカルアイスティはガムシロップなしでも十分な甘さがあるのに対して、ガストのトロピカルアイスティはガムシロップがなければなかなか飲むに耐えない。


他にもバニラ・抹茶ラテ等もあるにはあるのだが、なんというか砂糖で誤魔かされた味しかせず滅多に飲まない。

またきちんとしたコーヒーも豆がまずいのか苦味しかなく、ラテやカプチーノも全く牛乳の風味が生きていない。

正直飲めないことはないから飲んでいるか値段が他よりも安くてクーポンで常にお得感があるから使っているといったほうが良いだろう。

とにかく特徴がない。また店舗によるが店舗の清掃がうまくできていないことがあり、そもそも食事や落ち着きたい場として不適格なこともあり非常に残念だ。

めちゃめちゃ酷評やんけ…。

5位 酷い!ただただ酷い!サイゼリヤ…。

安くておいしいメニューが多い事で有名なサイゼリヤだが、もちろんドリンクバーも破格の安さだ。

ランチタイムなんて100くらいやもんなぁ…。

しかし、いいところはそれだけだ。


正直言ってサイゼリヤは落ち着くといった環境ではないし本当にさっさと食事を済まして出て行くところ。

それにドリンクの種類もはっきりいって微妙だ。マシンは図体が大きいせいで豊富なように見えるが実際は同じ味のボタンがあったりしてスペースを稼いでいるだけだったりする。

コーヒーもまずいしなぁ。

イタリアンコーヒーとかなんとかいいつつ正直言って味はかなり悪い。ただただ酸味がキツイだけだ。

このコーヒーは正直言ってガストといい勝負だと思う、もちろん悪い意味で。

記事のまとめ

というわけで今回は「ファミレスのドリンクバーNo.1決定戦」をお送りしました。まとめるとこうなります。

  1. ロイヤルホストは全体的に味が良い!
  2. デニーズはセブンカフェが飲み放題!
  3. ココスは種類が多くて飽きさせない!
  4. ガストはなんというか、ブナン…。
  5. サイゼリヤは酷い!安い!酷い!

 

 

結論:値段より価値を選ぶべき。


本当にガストやサイゼリヤが好きな人には申し訳ないが言わせていただこう。

ロイホデニーズは最強ゥ!!

ちなみに九州とかにはよくある「ジョイフル」というファミレスは正直著者は嫌いだ。

そこまで落ち着ける空間でもないし、現金払いしかできない。そしてなんといってもドリンクバーが美味しくない、それはなぜか?

サントリーのドリンクバーだからだ。

先ほどまで紹介してきたファミレスはどれもコカコーラのドリンクバーを導入している。少し前までサイゼリヤはサントリーのものだったのだが。

情弱ペディア
あの頃のピンクグレープフルーツのソーダは美味しかったよ!

というのは置いておいて、正直満足度の高いドリンクバーのほとんどはコカコーラのものだ。もちろんコーラよりペプシと言った人もいるだろう。

ただやはり人工甘味料でコーティングされたペプシNEXしか出してこないサントリーのドリンクバーは気にくわない。普通のペプシもちゃんと出せ。あるところにはあるんだが。


また、やはりコカコーラのドリンクバーのほうが自販機やコンビニ、スーパーでも見かける馴染みのあるブランドが多いのに対してサントリーのものはやや知名度が劣る。

知名度が劣るとやはりその味がわからないといったある種の恐怖にさいなまれ、手をとるのに躊躇してしまう。

そしてまたコーラを飲んでしまうのだ…。

著者はよく「コーラはコーラという名前がなければただの黒くて気泡が出てくる怪しい液体。絶対に誰も飲まない」と言う。

これはコーラはこういう味だという記憶がコーラというふうに認識させているだけで、実は目の前にあるのはコーラではなくペプシなのかもしれない。

でもおそらく大半の人はそれに気がつかないだろう。実際友人達とファミレスにいって何度か「コーラ」と「コーラゼロ」を入れ替えて出しても誰一人として気がついていなかった。そんなもんなのだ。


となるとやはりドリンクバーにも知名度が必要で、著者のように馬鹿みたいにあちこち通ってこんな馬鹿げた記事を書けるくらい比較しようもんなら話は別だが、知名度の有無によってドリンクバーの満足度は変わるのだ。

知名度によって「このドリンクは美味しい」と認識できると、それは満足度の向上につながるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です