「情弱めっ」LINE@はコチラ!

浪費癖ならクレジットカードは使うな!最強のプリペイドカードはどれかを解説した話

どーも、キャッシュレス時代の最先端を行く男…

顔デカ太郎@airinybsgです

キャッシュレスって言ったらやっぱりクレジットカードが代表なのだけれど、諸事情でクレジットカードを持てない人がいるのは確か。

またクレジットカードだと使いすぎが心配だという人、浪費癖がひどくて使いすぎてしまうことを自覚している人にはなかなかつらいアイテムである。

まぁ著者なんだけどな浪費癖は…

クソやんけ


そんなときに便利なのが国際ブランドのついたプリペイドカード」だ。

プリペイドカードならあらかじめチャージした分しか使えないから使い過ぎということは起こらない。

というわけで今回はそんな国際ブランド付きプリペイドカードについて解説しよう。

 

今回の情報弱者
浪費癖なのにクレジットカードを使っている情弱

国際ブランドつきのプリペイドカードって何?

VISAMasterがついた先払い式のカード」が国際ブランド付きプリペイドカードなのだが基本的にできることは通常のクレジットカードと大差はない。

ただクレジットカードと違い、一部に使用できないサービスがある。

ガソリンスタンドや携帯電話などの月額料金を支払う場合などが最たる例だ

これらはプリペイドカードでは支払えないってことなんだね


またクレジットカードとは異なった特徴として多くのプリペイドカードは発行に際して年齢制限がないことが多い。

クレジットカードは原則として発行は高校生を除く18歳以上に限られ、また発行には必ず審査がある。

プリペイドにはこういったものがないので18歳未満の学生やクレジットカードの審査が通らない人間も発行することができ、いまやインターネットショッピングなどでは必須になっているのでそういったところで利用することができる。


審査がないことを利用して物理カードが存在しないバーチャルカードと言ったものも存在し、スマホのアプリなどから発行してオンラインなどの物理カードが必要ではないところでの利用専用になったものがある。

こう言ったものは物理カードでは発行するまでにやはり時間がかかることも多く「すぐに使いたい」といった要望を満たすことができないため、かなりうまく需要をついた隙間産業と言える。


ただデメリットとして、カードの券面に通常であればローマ字で「TARO KAODEKA」といった感じに記されるものが一部は「○○MEMBER」であったり「○○CUSTEMER」と表記されることがある。

なので店舗で使った際に「え、これ何?」といった反応をされることがないとは言えない。

キチンと裏側に自分でサインしておけば問題ないってことだね

というかサインしてないカードは普通使えないんだけどな

携帯キャリア発行プリペイドカード

このプリペイドカードたちだがいろいろな会社から発行されていて、どれを使えばよいか悩ましいところである。

…のだが、実はどれを使えば良いのかがハッキリ分けれるものがいくらかある。それが大手携帯キャリアから発行されているプリペイドカードだ。

有名なところではau Walletだろう

もちろんこれはauから発行されているね

注意
ちなみに、ソフトバンクからはソフトバンクカ―ドが発行されているよ!

しかしこれらはあくまでauやソフトバンクの利用者のみが使うことのできるプリペイドカードだ。つまりドコモユーザーは少なくともこの2枚のカードは使えない。

要するに「携帯キャリア発行」のプリペイドカードを使う場合は、基本的には自分の契約している携帯キャリアのカードしか使うことができないということだ。

dカードプリペイドiDに対応している

だがしかし、ドコモが発行するdカードプリペイドドコモユーザーでなくても発行が可能となっている。

またau Walletとソフトバンクカードはそれぞれ付帯しているブランドのMasterVISAでの支払いのみに対応しているが、dカードプリペイドは付帯しているブランドのMasterに加えてiDでの決済にも対応している。

なのでコンビニやマクドナルドなどiD決済が可能な店舗ではこれが利用可能になりスマートに支払いができるのだ。

利便性を考えるとauWalletは見劣りする

またソフトバンクカードはTポイントが、dカードプリペイドはdポイントauWalletauWalletポイントがそれぞれたまる。

しかしながらポイントそれぞれを単体で見たときにコンビニやスーパー、その他のサービスでもポイントがたまるTポイントやdポイントに対してauWalletポイントがややほかよりも利便性で劣っていることは否めない。

ソフトバンクカードとdカードプリペイドはTポイントカードとdポイントカードの代わりにもなってお財布がすっきりするよ

情弱ペディア
ちなみに、この3枚はどれも共通してApple Payへ対応しているよ!

ただしリアル店舗での決済には全てのカードが対応しているけど、オンラインやアプリ上での決済にはMasterブランドの付いているauWalletとdカードプリペイドしか使えないんだ!

アプリから発行、2%還元の最強カード「Kyash」

審査なし、アプリをダウンロードして電話番号を登録するだけで使えるようになるというのがウリのKyash」

「クレジットカードをオンラインでの決済に使用するのはカード番号が盗まれたりと心配なことが多い」というのが結構多数派の意見である世の中で、アプリから簡単発行できるKyashは便利なサービスだろう。

またKyash」では利用額の2%がキャッシュバックされる

ポイントなどが2%還元されるものは探せばあるが、キャッシュバックされるのは非常に珍しい。

そもそもクレジットカードのオンライン決済は心配なのか?

ただそもそもオンラインでの決済でカード番号が盗まれるというのはある意味ナンセンスだ。

リアル店舗での決済の方がセキュリティ面で劣っていることがよくある。相互信頼でしか成り立っていない店員にカードを渡して決済する方がよほど危険だ。

店員からしたら、客から渡されたクレジットカードの番号と日付とセキュリティコードを撮影する手段なんていくらでもあるからな

バイトしてたらよくわかるよね…

チャージ上限がやや少ないので注意は必要

またカードはすぐに発行されるが使うためには「チャージ」が必要だ。

もちろんプリペイドカードなのだからな

しかしこのチャージにちょっと難点があり、チャージできる場所はそれなりに多く存在するのだが「チャージ上限額」がやや少ない。

というよりは1日の利用上限がヴァーチャルカードは3万円、リアルカードは5万円と著者のように1回で10万とかの額を決済するような人間には使い勝手が悪いと言える。

注意
またこれは通算式のため、1万円の決済を複数回行うだけでもこの上限に達してしまう。

またキャッシュバックといっても送金などのシステムも存在するが、実際そのキャッシュバックされたお金を使う方法はKyashを使うことしかないためポイントでの還元と実質なんら変わらない。

チャージするのに現金がいらない!?「バンドルカード」

こちらもアプリをダウンロードして登録するだけで利用可能になる「バンドルカード」

このバンドルカードには唯一無二の特徴がある。それは利用するためにチャージが不要な「ポチッとチャージ」だ。

要は後払いなのだが、だいたいそのようなサービスを利用するためには「審査」が必要だ。

しかしこの「ポチッとチャージ」は審査がない

そのため高校生などでも手持ちの現金がなくてもアプリに課金したり買い物ができる。

ということだけがこのバンドルカードの特徴の全てなのだが、冷静に考えればめちゃくちゃ危険だ。

当たり前だが「審査がある」のには理由がある

そもそもなぜ後払いのサービス、クレジットカードに審査があるのか?それは支払い能力の有無を確認するためだ。

後払いにしたところで利用者が料金を支払ってくれなければそれは食い逃げに等しい。

また一般的にいって高校生やましてバイトもできない中学生には支払い能力はない。にもかかわらず少額とはいえ、後払いのシステムを利用できるようにするのは危険と言えるだろう。

「支払い能力のない人間に金は貸せない」というのは、運営側からしてもユーザー側からしても大切なことだ

後払いの手数料をぼったくられまくる

またこの「ポチッとチャージ」は使ったらもちろん、あとで支払わなければならないのだがその際に支払うのは利用した金額だけではなく手数料を合わせて払わなければならない。

ただその手数料の金額がかなり高い

例えば最低利用金額の3000円から10000円までの場合、利用した月の翌月末までに支払わなければならないのだが、その際の手数料は500円だ。


なんや、そんな高くないやん

と思うかもしれないが、あくまでそれは単価が低いだけで割合で考えればかなり法外だ。

仮に同じ期間、同じ金額だけ金利が高いカードローンを借りたとしてもここまで金利は発生しないだろう。

カードローンなどは法律によって規制されているがバンドルカードにはそのような規制はないため、なんとなく「そのくらいの手数料なら払えるかな」という稚拙な判断力の未成年たちから手数料を巻き上げようという魂胆が見え隠れする。

あまり勧められたサービスとは言えない。

やっぱり最強LINEPayカード

このサイトではおなじみのLINE Payカード」

コード決済などで利用可能なLINE Pay」が発行しているプリペイドカードとなっている。

これに関しては最強すぎて、もはや別に記事を書いてしまったぞ

詳しくはこちらの記事を読んでね!
LINEPayとPayPayの違いを最速で解説して、どっちを使えばいいか教えてやる話

海外での利用には最強「マネパカード」

基本的に先ほどまでに紹介したカードは仮に海外で使ったりしたらかなり高額の手数料を取られる。

これは多くのクレジットカードにも共通していることなのだが、この「マネパカード」はそういった海外利用手数料がかなり安い。

また当たり前なのだがほとんどのプリペイドカードは日本円しかチャージできない。だがマネパカードは日本円以外の6つの通貨もチャージができる。

さらにカードにチャージされた日本円を外貨に両替することも可能だ

海外で使うなら最強なんだね!

情弱ペディア
またマネパカードには格安航空のPeachが発行するものもあり、そのカードを使えばPeachの機内食や関西空港でのショップ・航空券のセールを利用できるので非常にお得だ。

ICチップ内蔵カードという点も高評価◎

このマネパカードにはほかのプリペイドカードにはない特徴がもう一つ備わっている。それは

それはICチップ内蔵カードだ。

はっきりいって著者はかなり多くのブランド付きプリペイドカードを持っているがその全てにICチップは内蔵されていない。

ICチップがついてたら何が良いん?

このICチップが付いていることでカードのセキュリティレベルは跳ね上がるのだ

一般的に磁気ストラップを使ってカードを利用するのに比べて、ICチップを使って利用すると情報が暗号化されるため不正利用の被害にあうことが少なくなる。

記事のまとめ

というわけで今回は「最強のプリペイドカードは何なのか」を解説しました。まとめるとこうなります。

  • 携帯と同じ会社で発行できる「携帯キャリア発行カード」
  • 上限額は低いがアプリだけで完結するKyash」
  • 後払いだが法外な手数料がかかる「バンドルカード」
  • とにかく最強!別記事で紹介中LINE Payカード」
  • 海外で利用するならコレ一択「マネパカード」

結論:キャリアのカードが最強。


はっきり言って携帯電話を使っていない人などいないだろう。また大手キャリアの利用者は全体の約9割に当たるという。

ならばそこで発行するのが良いだろう

また大手キャリア発行のプリペイドカードはチャージ方法が最も多い。

というか大手キャリア発行のプリペイドカードには「キャリア決済」と言って携帯料金とまとめて支払う方法があるのだが、これは「実質な後払い利用」となるので利便性が高いと言えるだろう。

このキャリア決済に基本的にバンドルカードのような手数料は一切ないので、やはりキャリアのプリペイドカードが最強だという結論に達する。


要するに、自分の使っている携帯キャリアでプリペイドカードは発行しようってことだね!!

ちなみに著者は大手キャリア全てで回線を契約している

え、ということは…(察し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です