「情弱めっ」LINE@はコチラ!

夜行バスより安い!?格安で旅行したいなら「青春18きっぷ」で地獄旅をしようという話

どーも、そろそろガチで金欠すぎる男…

顔デカ太郎@airinybsgです

金とネタに困る毎日だなホント

だれかネタください…

というのは置いといて、著者は東京の大学に合格したのでそろそろ家を見に行かなきゃいけいないという時期なのだ。


いやかなり遅くない?

いろいろあったんだよ……

だがしかし割と本気で入学金やらを振り込んでしまってお金がない著者は東京に行くためのお金がそもそも存在しないという大事件が発覚。


親に頼めば?

死んでも嫌だ

なんでだよ……


しかしこの時期、貧乏人にはありがたい超格安移動手段が存在する。

それがJR

通常JRは乗った距離に応じて運賃が決まるが特定の条件で乗り放題なきっぷも存在する。

そしていくつかあるJRが発売する乗り放題きっぷの中でダントツの人気とお得さを誇るのが「青春18きっぷ」だ。

でもこれだけで旅するのは、まぁなんというか地獄だよ…

今回はそれでもいいから「とにかく安く移動したい」という人へ向けた解説記事だ

 

今回の情報弱者
青春18きっぷ」をまだ知らない情弱

青春18きっぷ、とは?

とにかく安い、なにより安い最強切符

「青春18きっぷ」とは学生の長期休暇と同じ時期に発売されるもので、全国のJR線が乗り放題になっている。

5回分が1枚のきっぷになっており消費増税などで値段が変わる可能性があるが現状11,850円だ。

1回あたり2370ってことか…

これで全国のJR線に乗り放題、値段で言えば超お得やな

新幹線や特急には乗れない

しかし全国のJR線が乗り放題とはいえ原則として特急と新幹線には乗車できない。乗車券のみ、もしくは乗車券と指定席券(乗車整理券)で乗車ができる列車に限られる。

なので必然的に長距離の移動には一般的な移動よりも大幅に時間がかかることになる。

また「ロングシート」と呼ばれる関東など通勤路線で多用される座席に長時間座る羽目になり地獄と評されることも多い。

しかし別に青春してない人でも18歳でなくても使える、便利なきっぷだ

使い方が自由な青春18きっぷ

また期間中であればかなりフレキシブルな利用ができ、1人が5回(日)乗ってもいいし5人のグループで1日旅行してもいい。

またそれ未満の人数で行っても、日数が連続していなくても良いので余ったきっぷを他人に譲ることも可能だ。

情弱ペディア
また利用期間の終了間際には金券ショップやネットオークションで値段が下がった状態で販売されていることが多いため、それを目当てに旅行の計画を立てるのも良いと思うよ!

18きっぷは5回分で11850円という値段なので1回あたり2370円以上の距離を移動する際に利用すればもれなくもとが取れる仕組みになっている。

だいたい片道1190円以上のところを往復すれば良いので大阪駅からなら兵庫県の加古川駅よりも西、滋賀県の草津駅よりも東まで往復するのであれば十分もとがとれる。

大阪から姫路城とか彦根城に行くにはこれを使えってことやな

18きっぷで大阪から東京にいくなら

24時を越えなければ乗り続けられる

さて18きっぷは1回あたりの料金が2370円と破格の安さで、その1回で利用できるのは使い始めた日の24時以降に停車する駅までか東京や大阪などの大都市近郊区間で終電までとなる。

つまりその日中に移動できる範囲なら1回分のきっぷで移動できるというわけだ。なので…

頑張れば大阪から東京を1回分で移動することだってできる

ムチャクチャやな…


例えば大阪駅を5時に始発電車に乗ったなら、途中6回の乗り換えを経て14時38分には東京駅に到着する。

6回も乗り換えるんか……

トイレと食事を考えた計画にするべきだ

しかしこの計画には大きな欠点が存在し、それは食事を取る時間が全く考慮されていないことだ。

もちろん出発するまでにある程度買い込んでいれば何とかなるかもしれないが、特に静岡県内を走る電車はロングシート地獄であることが多い。

さすがに進行方向と同じ向きに座るクロスシートなら食事もできるだろうがロングシートで食事をするのは難しいだろう。


またどの電車も1時間から最長で2時間半程度の乗車時間があり、長距離を走る列車はトイレが付いていることが多いものの付いてないこともある。

万が一乗り換え時などにトイレに行けなかった場合、漏らすわけにもいかないので下車するしかない。

そうなってしまえば計画が崩壊するぞ

またそもそも長時間ずっと電車に乗り続けるのはそれなりにしんどいこともあり、適度に立ったりした方が良い場合もある。

情弱ペディア
本気で18切符で東京に行きたい場合、到着が10分程度遅くなるけど静岡駅で50分の乗り換え時間を持たせることで昼食とトイレに余裕を作るのが非常に効率的だよ!

静岡駅で50分待った方が乗り換えが1回減るので無駄もなくなりやすいぞ

もっと快適に東京まで行きたいぞ

全区間ずっと普通電車で移動すれば確かに2370円で済むのだが…

しんどすぎるわ…

なのでとにかく楽に移動するための手段を提案しよう

JR東日本のグリーン車を使おうぜ

鉄板だが「普通電車グリーン車」を使おう。

え、さっき新幹線には乗られへんって言ったやん!

ここで使うのは普通電車のグリーン車

特急列車ではないので18きっぷで利用可能な上に短距離なら570円、長距離ならどこまで乗っても780円追加するだけで利用できる。

基本的にグリーン車が連結されている区間はそもそも日中であっても混みやすく、しかも椅子がやたらめったら硬くてお尻が痛くなるので是非使おう。


ただし平日は先ほどよりも値段が200円高くなり、またグリーン料金を駅で買わずに電車の中で買った場合はさらに260円高くなってしまうので最悪460円も高くなってしまう。

電車内で買った方が高いんやね…

使う場合は絶対に事前に駅か携帯から購入しておこう

情弱ペディア
ただしグリーン車は指定席ではないので必ずしも座れるとは限らない。

そのため混雑時間帯などは電車に乗ってからスマホでグリーン券を買うという裏技ができる。

あまり推奨はされないが……

一部区間だけ特急・新幹線を使っちゃう

原則として18きっぷでは追加料金を支払ったとしても特急や新幹線は利用できない。

だが、ふつうに乗車券と特急券を購入すれば乗車できるぞ!!

当たり前すぎるわ…

また18きっぷで長距離を移動するとなるとやはり一部区間で列車の本数が少なかったり乗り継ぎにやたら時間がかかったりして無駄が多くなることもあるため特急や新幹線を一部だけ利用することである程度速達性を確保することもできる。

例えば先ほどの大阪から東京に行く場合、浜松から静岡の間だけ新幹線を利用すると東京の到着時間が1時間早くなる。

注意
ただし浜松の乗り換え時間が4分しかないから、少しでも在来線が遅れたりしたら一貫の終わりだよ!

危険すぎるわぁぁ!!

夜行列車を使うという手段もある

18きっぷを発売している期間中は「ムーンライトながら」という東京と大垣の間を走る夜行快速電車が運行される。

これは使用する車両は特急でも使われるものだが、あくまでも快速列車という扱いなので18きっぷで利用できる。

料金は指定席券が510円かかるだけで非常にコスパがよいぞ

注意
ただし夜行列車なので乗る駅によっては18きっぷが2回分必要になることもあるよ!

車両も古いから、夜行バス並みに対策して乗車しないといけない…


この「ムーンライトながら」は非常に人気がある列車で運転日も限られているためそもそも指定席が完売になることが多く、自由席もないので乗車できない。

1ヶ月前から購入できるので発売日になったらすぐ購入する必要がある

情弱ペディア
他にも通勤ライナーを使うという手段もあるが通勤ライナーは運行距離がそもそも短い。

また他列車との接続もよくはないので使ったところで大して効果がない

普通電車に乗る方が良いね…

記事のまとめ

というわけで今回は「青春18きっぷ」について解説しました。まとめるとこうなります。

  • 青春18きっぷはとにかく安い
  • 2370円で東京まで地獄旅も可能だ!
  • マジでやるなら少しでも快適にしよう!

結論:安さだけで言えば夜行バスよりも最強。


18きっぷはほんとうにただただ安い

使える期間が長期休暇の間だけというのが惜しいくらいだぞ

さすがに東京まで行くのは地獄だけどね…

注意
実際に著者はこの方法で東京まで行きましたとさ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です