「情弱めっ」LINE@はコチラ!

ミラーレス?一眼?新しい趣味始めるならカメラでしょ!カメラの種類と選び方を解説する話

どーも、多趣味すぎて「もはやどれが好きなの?」とよくわからない不安な気持ちになる男…

顔デカ太郎@airinybsgです

めんどくさいやつ……

さて近頃はなぜか趣味がなければいけない(?)ような謎の風潮があるような気がして「現代人は生きづらいなぁ」と思うばかりなのだが、実際趣味があると楽しいのは事実ではある。

そんな時に比較的はじめやすい趣味が「カメラ」だ。


今までもスマホで撮ってきたものをちょっと本格的な機材を買うだけでよく、楽器のように「練習しなければ形にもならない」とかそんなこともないのではじめやすいのが特徴だ。

しかしながら迂闊に始めると著者のような似非玄人から「え〜そんなの使ってんの笑笑」とバカにされ、せっかく始めようと思った趣味を邪魔されかねない。

おるよな、他人のカメラ馬鹿にする人…

そんな輩に楽しい趣味を邪魔されてはならないのだ

というわけで今回は「趣味としてのカメラの選び方」「鬱陶しい連中の批判回避術」を解説していこう。

 

今回の情報弱者
他人のカメラをバカにするエセ情報強者

カメラが趣味なのか、写真が趣味なのか

カメラが欲しいのか、写真が撮りたいのか

まず趣味にしているといっても「綺麗な写真を撮る」のが趣味なのかそれとも「一眼カメラで写真を撮りに行く」のが趣味なのかどちらかをはっきりさせておく方がよい。

というのも「綺麗な写真を撮る」だけなら必ずしも仰々しいでかいカメラは必要でなく「スマホで十分」だったりする。

しかしそうではなく自分はあの大きな「一眼カメラ」で写真を撮りたいのだ、それを趣味にしたいのだというのであれば全くもって気にかけるポイントが変わってくる。

「カメラ」よりも「技術」で変わる世界

綺麗な写真を撮りたいのであれば必要なのは必ずしも「一眼カメラ」ではなく、どちらかというと「撮影技術」であり「知識」なのだ。

「#ファインダー越しの世界」というハッシュタグがTwitterInstagramで散見されるがそもそも被写体を肉眼で見ているのか?というところが疑問なのだ。

肉眼で見もせずに良い写真が撮れるわけないだろうに……


正直言っていいカメラを使えば「綺麗な写真」が撮れて当たり前と思うかもしれない、しかしそれはたしかにそうなのだが「ちゃんと知識をもった上で撮ればより綺麗に上手に撮れる」のだ。

それはカメラの使い方もそうだし被写体の写し方なども密接に絡んでくる。

そうなった場合に「とりあえず綺麗な写真を撮りたい」というのであれば一眼カメラはおススメできないどころか選択肢として不適格だ。

スマホの方が良い

えぇ…とりあえず高いカメラならキレイになると思ってた……

写真撮影を楽しむなら「スマホ」で十分

スマホの方が少なくとも同じ条件下ならなにも設定などを触らない状態からでも綺麗な写真が撮れるだろう。

スマホの写真撮影機能の進化は「いかにオートでうまく写真が撮れるようにするか」という一点にかかっていると言っても過言ではない。

もちろんスマホだってどこにピントを合わせた方がよいとか色々あるが、それでもオート機能が優れたスマホに勝る「ズボラカメラ」は存在しないのだ。

とりあえず綺麗に、を叶えてくれるのだ


またひと昔前と違い、今は撮った写真を現像することはまれでほとんどがSNSに投稿されるかメモリの肥やしになる。

その場合一眼カメラはやはり圧倒的に不利で「カメラから直接投稿できない」のだ。

一部機種やメモリにはWi-FiやBluetooth機能があり、それを使ってスマホに飛ばしてから投稿したりもできるがやはり一手間かかる分面倒だろう。

なんか直接投稿できるカメラもあった気がするんだけど…

一眼についてる小さいモニタで確認しただけの画像を無加工で投稿するとかとてもじゃないがよーやらんぞ……

こだわりの理由を考えろ

カメラ持ってる感を出すなら「一眼レフ」

これに対して一眼カメラで写真を撮るのが趣味なのであれば「一眼レフ」を買うのがよいだろう。

ミラーレスよりは「カメラを持ってる感」があって自己満足がしやすいぞ

み、ミラーレス?なんやそれ。一眼レフがでかいカメラやないんか?

もはやこれを似非玄人に突っ込まれるようなら辞めてしまえと思うが、いわゆる「レンズを交換できるカメラ全般」のことを今は「一眼」という。

その中でも「ファインダーを覗いた際に被写体をミラーと通して見るのかイメージセンサーの映像をモニタ越しに見るのか」と言った違いで「レフ」と「ミラーレス」とに大別される。

「ミラーレス」は軽くてスリム

そして一番問題なのが「一眼レフ」なのか「ミラーレス一眼」のどちらなのかで、ミラーレスは構造上一眼レフのものに比べてレンズを全て外して本体のみにした時に比較的スリムである場合が多い。

それに対して一眼レフは先ほどにも書いたが本体内にレンズから入ってきた光を反射させるミラーがあるのでどうしても大きく、そして重量がかさんでしまう。

ミラーレスの方が軽くてスリムなんやね!

そういうこっちゃ

また一眼レフとミラーレス一眼は作っているメーカーにそれぞれ傾向がありCanonNIKONでシェアの9割以上を持っている一眼レフに対してミラーレスはSONYPanasonicオリンパスなどのメーカーからも発売されている。

情弱ペディア
ミラーレスはシェアの構図が頻繁に入れ替わるため、そこがなかなか面白い部分でもあるよ!

正直言ってSNSで見かける「一眼レフ買いました」的なツイートのかなりの数が「いやミラーレスやんけ」という状態になっていて、本人が気づいていないだけですごい恥さらしだ。

YouTube始めるために機材買いました」って言うてるけど「特にこだわりはないんやね」と思ってしまうぞ

Suica買いました!」って言ってPASMO持ってるようなもんか…

おなじようなものやけどな

目的をどこに置くかで選択は変わる

また基本的に一眼レフとミラーレスにほとんど性能差はない。

ラーレスの方がファインダーに映る映像がレフよりもタイムラグがあったりノイズが入って見づらいなどいろいろあるが、それは被写体が高速で動いているものであるなら支障をきたすかもしれないが「スイーツ」の写真を撮りたいのであればその差はほとんどない。

スイーツは動かないもんね!

タイムラグがあっても特に問題はないだろう

ミラーレスの方が本体がスリムであるので重量が圧倒的に軽くて携帯性に優れている。


でもなんか調べたら一眼レフの方が「カメラしてる感」強くない?

そう、問題はこだわりがどこにあるかなのだ

「でかいカメラ使ってる私」が好きなのか、「設定とか光とかこだわってスマホよりももっと綺麗に写真撮る」のが好きなのかどっちなのか。

撮るものが「超望遠レンズじゃなきゃ撮れない」とか「新幹線の写真が撮りたいんだ」とかじゃない限り、どちらも特に弱点が露呈することはない。

それならば一眼カメラという言ってしまえば「無駄な荷物」をいかにどうするかというところを考えるべきではないだろうか。

それでもあえて一眼レフにする理由

「一眼レフ」は選べるレンズが多い

さてこれだけディスればこの記事を読んだ人はミラーレスを買うだろうと思うので、ここからは「一眼レフ」をあえて持つ理由を解説しよう。

一眼レフの方が重くてデカいもんね…

一眼レフをあえて持つ理由は正直カメラ本体の機能よりも「選べるレンズの種類」そして「周りの印象」以外にない。

ファインダーからイメージセンサー(電子フィルム)に映ったものを見ているミラーレスとは違い、普通のフィルムとデジタルどちらの形態もある一眼レフはその歴史も長いためレンズの種類が多い。

また交換レンズは必ずしも新品を買うわけではなく、製造数もそれほど多いわけではないので中古品を手にする場合が多い。

となれば歴史が長い方が種類が多くてかつ市場に出回る数も必然的に増える。

選べるレンズの種類が多いことが「一眼レフ」の大きな利点だぞ


特にレンズは望遠や魚眼など明らかに他と違う性質を持ったものもあるが、そうではないものはパッとみ同じように見えても性能が全く異なっていることもある。

しかも再生産したとしても値段がべらぼうに高かったり肝心の使用感がもはや別物なんてこともある。

一応SONYなどはミラーレスとレフどちらも生産しているのだが同じメーカーであってもレンズを共通化できないなどの弊害があり、その際に解決策として「アダプター」を使用することもあるが、そうすることで一部機能が使えないなど問題もあるため「使える」とは言い難いのが特徴だ。

つまり本気で「使いたいレンズがある」というならレフにするのは理にかなっているぞ

情弱ペディア
ちなみにSONYの一眼レフはコニカミノルタと共同開発した後、コニカミノルタが撤退したため単独で開発することになったよ!

馬鹿にされないために「一眼レフ」を使う

またもう一つの理由として「ミラーレスは馬鹿にされやすい」という風潮がないとは言い切れないのだ。

先ほど解説した「レンズの種類」というところから「ミラーレスはレンズの種類が少なくてまともな写真が撮れない」「ミラーレスはおもちゃ」などと古い固定観念に取り憑かれた自称写真家は未だ多い。

またポートレート撮影など人物相手である場合、被写体がミラーレスによる撮影を断ってくることもありなぜか冷遇されている。

正直このような意見は「情弱の極み」であり、カメラそのものの技術進歩とラインナップを全く理解せず前時代に住み続ける愚か者だ。

このようなもの相手にすることはないのだが、見栄えや格好が大切なのはわかるしそんな者共に邪魔されないために「レフを使う」というのはある種合理的なのだが……

なんとも嘆かわしい限りだ……

人を馬鹿にして優越感に浸るやつな……

記事のまとめ

というわけで今回は「カメラの種類と選び方」を解説しました。まとめるとこうなります。

  • 写真を綺麗に撮るだけならスマホで良い!
  • ミラーレスならスリムで持ち運びやすい!
  • 一眼レフの価値は「カメラやってる感」

結論:カメラはいいぞ。


著者はかつてSONYのα6000をネックストラップつけ忘れによる落下により損壊させて以来新しいカメラを買えていないが、ずっと機体のチェックだけは欠かせない。

( 著者が落としたSONY α6000 )

α7ほしいなぁ……

落として壊したのは痛いな……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です