「情弱めっ」LINE@はコチラ!

どうしてICカードで電車に乗ったら安くなるの?顔デカ太郎が感じた「世の中への愚痴」を解説する話【パート3】

どーも、松屋の牛とじ丼の海苔は無しにして注文する男…

顔デカ太郎@airinybsgです

さてネタが思いつかなくて真剣に困った時に便利な企画を発動します。そう、グチまとめです。


単体でネタにするほどでもないけど書きたい時に便利な企画……

ほんとにだれかネタをください

というわけで今回は著者が世の中に感じた「ちょっとした愚痴」をまとめて紹介します。

 

今回の企画
著者のふとした疑問に共感してほしい… by顔デカ太郎

なんで関東の電車やバスはICカードで乗ると安くなるの?

税率の変更で生まれた「ICカード運賃」

この間東京メトロ乗ったら1円単位で運賃取られてたんやけど…

ああ、ICカードで乗ったんやな

140円の区間やったのに133円しか請求されんかってん!これお得やな!

いやこれ別に運賃が下がってるわけじゃなくてICカード料金」が適用されてるだけやで?

消費税が8%になるのと同時に関東圏のSuica、PASMOエリアでは駅で切符を購入した場合とICカードを利用した場合で運賃の取り方を別にした。

券売機に1円や5円を対応させるのはコストがかかるし故障が増えるし面倒でしかないが、ICカードであればどのみちチャージしている分から引いて足りなければまたチャージしてもらえば良いだけだ。

ということで運賃を1円単位で徴収する「ICカード料金」が設定された。

東京ではICカードで乗車した方がお得?

この際、主に短距離での利用に限って言えば多くの区間で駅で買うよりも数円安くICカード料金が設定されたため「ICカードを使った方がおトク」という認識が広まった。

だが別にこれはICカードに対して特別な割引を実施しているわけではないため「たまたま使った区間が安くなっていた」だけの事実をあまり知られていない。

ICカードで払った方が高くなる区間とかもあるん?

田舎でIC使ったら高くなると思っててほぼ正しいよ

都会でICカードを使うと安くなるのはなぜ?

JRの場合でいうと同じJR東日本管内であったとしても「電車特定区間」「幹線/地方交通線」では運賃が全く違う。

簡単に分けると前者が都会で後者がそれ以外の地域のことだぞ

この二つのエリアで仮に紙の切符が「140円」の区間があるとする。

その区間をICカードで乗車した場合、電車特定区間は「133円」なのに対して幹線/地方交通線の場合は「144円」となっている。

幹線/地方交通線の方はICカードの方が高い!

これはもともと電車特定区間の運賃が消費税5%時代に130円であり、消費増税の際に紙の切符は運賃を切り上げで対応したことが原因だ。

本来の増税分を運賃に反映させるのであれば「133円」で十分なところを券売機の都合で「切り上げ」して計算したため「紙の切符がICカードよりも高くなった」のである。

田舎でICカードを使うと高くなるのはなぜ?

逆に同じ状態にあった幹線/地方交通線はそもそも140円だったものを増税の際に「四捨五入」して紙の切符の運賃を本来であれば144円にすべきところを140円のまま据え置いたのだ、券売機の都合で。

そのためICカードは本来の値段である「144円」が請求されるという事態になったのだ。

ICカード使ったからって安くなるわけじゃないんやなぁ

つまりこの「ICカードで乗ると安くなる」というのは誤りでどちらかというと「田舎で切符を買うとトクして、都会で切符を買うとボッタクられる」の方が正しいだろう。

ICカードは本当に最強なのか?

また便利なICカードであるが便利すぎるが故の問題も抱えており、それは「運賃を正しく請求できない」ということだ。

というのもICカードでなくても駅の券売機でルートを選んで切符を購入せずに乗車するすべてのパターンにおいて運賃の請求方法は「乗車駅から降車駅までの考えうる最短最安値」で計算される。

しかしここにはいくつかの例外が存在する

1、他社線を経由した場合

JRの改札から入り、そのままJRの改札を抜けた場合は仮に途中で他社線を経由していたとしても全線JRに乗ったとして運賃が計算される。この時、運賃が高くなる例がある。

関西にはほとんど存在しないが関東では津田沼から三鷹まで行く場合「東京メトロ東西線経由」で行くか「JRだけを使って」行くかで料金が全く違ってくる。

しかしこれで問題になるのは朝夕のラッシュ時に限られる

というのもJRとメトロの接続駅の「西船橋駅」には中間改札機がありもし津田沼から乗った乗客が西船橋で東西線に「乗り換えた」のであればここで必ず記録がつく。

ただ朝夕のラッシュ時は西船橋から直接津田沼まで列車が延長運転されるため中間改札を通らなくても行き来ができるのだ。


こうなると利用者は津田沼駅と三鷹駅しか改札を通していないので改札機は東西線を経由しているのかそれ以外のルートを通ってきているのかの判断がつかない。

そのためこう行った場合では仮に「東西線経由」で来た乗客だったとしてもすべてJRを通ってきたとして計算し運賃を取られる。

だいたい100円くらい差がでるで

ボッタクられてるやん!

これを避けるには「駅で切符を購入する」か「西船橋の中間改札を通る」のどちらかをする必要がある。

MEMO
逆にこれ、駅でメトロ経由の切符を買えば中間改札通らなくてもいいので「東京駅経由」で行ってもバレない。こっちの方が基本的に速いし。

でもやったらあかんぞ……

2、ICカードで乗車できない区間がある場合

原則として新幹線などICカードでは乗車できない区間がある場合、紙の切符であれば直線で行けるところをICカードはわざわざ遠回りで計算する場合がある。

これは東海道新幹線と並走する東海道線で起こる問題で、品川から小田原に行く場合在来線は「京浜東北線で東神奈川まで行き、そこから横浜線に乗り換える」というのが一般的だが新幹線なら品川からまっすぐ向かうことができる。

しかし東海道新幹線はICカードでは乗車できない上に「他社線(JR東海)」であるためルートの一つとして計算されない。

そしてここでの最大の問題は「新横浜駅が横浜駅と同一として見なされている」ということだ。


在来線のみでいった場合は先程行ったルートで26.3kmで「464円」だが新幹線を使った場合だと22kmで「410円」だ。

もちろん新幹線に乗ったらこれに追加で特急券が必要になるのでゆうに1000円を超えてしまうので注意しよう。

ただ品川横浜間の運賃はこれとは別に特定運賃が設定されているため410円よりもさらに割安になっている。

情弱ペディア
これは並走する「京急」との運賃格差をなくしシェアを奪われないようにするためだったりするよ!

要するに、紙の切符にすれば直線で行った場合の距離で計算されるから安くなるんやね!

このように「絶対に関東ではICカードを作った方がいい」というのは誤った認識だと言えるぞ

MacBookってなんであんなに高いん?

著者は最近「Macmini」がほしい

最近著者はなんとなく思っていた。

Windowsのキー配置使いずらい……Macの配置がいい……

そう、最近iPadでばっかり文字入力しているものだから時々Windows機であるSurfaceを使ったりすると瞬時に「かな」と「英数」の切り替えができなかったり指が若干届かなくてイライラしたりとストレスフルだった。

なのでどーせ外ではiPad使うから家の中で使うPCにMacでも導入しようかと思っている次第だ。

ただ著者にはかつて27万したiMacを「使いにくいから」という理由から1ヶ月で手放すとかいう人生最大の無駄遣いをしたことがあり「Macを買う」事に対してやや億劫になっていた。


しかしそれでも「Macmini」はほかのMac機に比べればはるかに低コストでその分スペックも絞られるが、よく調べればCPUもソケットをモバイル用に交換しただけで中身はデスクトップ用と全く同じと言ったもんだから……

これは買うしかない

はぇえ

しかしそこでふと思ったのだった。

てかiMacまだしもMacBook高すぎねぇ?

MacBookは性能が悪いという話

イキリスト御用達の皆さんご存知、スタバでよく見かけるMacBookである。

ゆーほどスタバにおらんくないか?

正直ワシもそう思う

MacBookとはもちろんノートPCに分類されるわけでCPUもそれ用に必ずチューニングされている。

ノートPC用のチューニングといえば「熱対策」だろう。

大きくて高性能な冷却ファンや熱のこもりにくい空間を作りやすい「デスクトップPC」と違い、ある程度の箱の中でぎゅうぎゅう詰めに入れれるものを全部押し込んでできたのがノートPCである。

でかいファンなどつける余裕はない。

注意
というか駆動部を増やせば増やすほど故障の素になってしまうよ!

しかしPCでもっとも熱を発する機関であるCPUに熱対策を施すという事はすなわち「性能を下げる」ということだ。

はっきり言って処理力を弱めれば熱の発生自体はかなり抑えられる。

実際MacBookに限らずどの基本的にどのノートPCも今時薄さや軽さを重視するかわりに「処理力」は最新のデスクトップPCに比べれば半分以下である場合が多い。

MacBookって性能よくないんや……

ノートPCに性能求めてる時点で的外れやで……

にも関わらずMacBookは高い、なぜだ!!

坊やだからさ……

たしかに使ってるやつはみんな坊やかもしらんけども!

どうしてMacBookはこうも高いのだろうか

MacBook以外のMacが高いのはある程度理解できる。

iMacなら4Kか5KのディスプレイとデスクトップPC用CPU、そしてそもそも高いMagic KeyboardとMagic Mouseが付属しているから高くても当然だ。

しかしMacBookはディスプレイも普通か、ちょっといいくらい。CPUはほかのノートPCと同じ。

でもMacBookだから高いのだ

こういうことを言ってはいけないのだろうが、MacBookProの処理力で事足りる人は所詮その程度のことしかやってないのだろう。

あるいはものすごく処理の分散がうまいかのどちらかだ。

みんなMacBookってだけで性能見ずに買うもんね…

記事のまとめ

というわけで今回は「顔デカ太郎の世の中への愚痴」をまとめて解説しました。まとめるとこうなります。

  • ICカードで電車に乗ると運賃が四捨五入されない!
  • ICカードで電車に乗ることは必ずしもお得ではない
  • MacBookは性能が良くないくせに無駄に高い

結論:著者はマジでMacminiがほしい。


だれか買ってくださいお願いします……

でも一番欲しいのは記事のネタだったりするよ!

情弱ペディア

解説してほしいことがあればこちらまで!

顔デカ太郎にネタを寄稿する!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です