「情弱めっ」LINE@はコチラ!

千葉の鉄道が暗黒すぎる!?家賃が安くても選んではいけない千葉の路線の話

どーも。20年ぶりにエレベーターのない家に住む男顔デカ太郎@airinybsgです

あとガスのついてる家も17年ぶりに住むわ…ガスコンロとか学校でしか使った記憶がない

オール電化の申し子やな……

ということで2度目の大学進学が決まって引っ越すことになった著者であるが、大学の立地が東京のど真ん中もど真ん中。

近くにあるのは「セブンイレブン 本社」「オリコ 本社」「雪印メグミルク 本社」「ハウス食品 本社」などなど大企業の本社に加えて迎賓館などとにかくやばいところにある大学なのだ。


ほとんど場所言ってるようなもんやんけ…

せやで四ツ谷やで
情弱ペディア
ちなみに四ツ谷は新宿区の地名であるが大学の立地は「千代田区紀尾井町、麹町」である。

死ぬほどどうでもいい雑学!?

まぁそのような…というかわかると思うが千代田区のこんなところ、大学の近所に家を借りることなどいくらなんでも不可能だ。

家賃がべらぼうに高すぎる……

近くには赤坂もあるもんね……

というわけで著者はある程度家賃が安くて通いやすい「千葉市」に住むことにした。

だがしかし、たしかに東京にはかなり通いやすい千葉ではあるがこと「鉄道」に関していえばとんでもない地雷原だったりする。

なので今回は「選んではいけない千葉の路線」を解説していこう。

 

今回の情報弱者
千葉で家賃だけを見て物件を選ぶ情弱
注意
なお今回は房総半島方面に関してはほとんどノータッチであることをご了承ください。

千葉県の鉄道事情

千葉の主な鉄道路線

基本的に首都圏は山手線と接続するターミナル駅から放射状に郊外への路線が伸びており、千葉県もそれは例外ではない。

東京を中心にぶわーって広がっていってるもんな

蜘蛛の巣にしか見えん

そして千葉県へ行く路線はそれぞれまずJRが「総武線」「京葉線」「武蔵野線」「常磐線」とある。

次に東京メトロだがこれは「東西線」が西船橋まで延びており、そこでJRと接続している。都営地下鉄も「新宿線」が本八幡まで延び、こちらもJRと接続している。


また私鉄が上野から出ている「京成線」が船橋、津田沼を経由して成田まで延びている。ただこちらは本線が千葉市内まで来ていない。

千葉市内へは津田沼で「千葉線」に乗り換える必要があるぞ

超高額の暗黒鉄道たち

というのが千葉方面へのとりあえず主な鉄道事情だが、実はそれ以外にも千葉には重要な鉄道が3つほど存在する。

それが「北総線」「東葉高速線」「千葉都市モノレール」だ。

しかしこの3つ、特に北総線と東葉高速線はグーグルで検索すると候補に「高い」と入る始末だ。

ちなみに千葉都市モノレールは「赤字」って出るけどな

どちらにせよネガティブやな…

そしてこれらは共通して利用者を「高額な運賃」によって苦しめているという特徴がある。

一体どうしてこうなってしまったのか。

だいたい全部バブルのせい

建設費が高すぎることが運賃に響いた

これら千葉を走る高額鉄道3路線の主な原因は「馬鹿みたいに高い建設費」だ。

というか全国の運賃が高すぎる鉄道のほとんどは「利用者がいなさすぎて」、この「建設費高すぎて」のどちらかが原因でもれなく運賃もそれ相応の額になってしまっている。

建設費が高くなっているのは大方バブルのころに計画や建設を始めたせいであの頃基準の価格で作ってしまっているからだ。

またさすがに高額な建設費を一括キャッシュで払える会社があるわけもなく、借入して支払ったわけでその支払い利息分も鉄道会社には重くのしかかり、結果的に運賃にその分を反映させてしまっている。

ただそれにしたってこの高額鉄道3路線の運賃は尋常でないぞ

それも北総線と東葉高速線、そして千葉都市モノレールとでは理由が違ってくる。

千葉都市モノレールの方式が高価格の原因

千葉都市モノレールは写真を見ればわかる通り東京モノレールや大阪モノレールなどコンクリートの線路の上にまたがる「御座敷」と呼ばれる方式ではなく、日本では千葉と湘南モノレールでしか採用されていない「懸垂式」と呼ばれる方式で建設されている。

電車が吊られてる感じやな!

この珍しい方式が高額な運賃の理由なんや

まずほかの鉄道と互換性がない時点で機器流用などが効かないため部品の絶対数が上がり、1つあたりのパーツの費用が上昇する。

運行システムや保線、保守管理など前例や類似例が少なくなり「ノウハウ」がないために手探りでせねばならず、ある程度マニュアルがあったとしても「地政学的リスク」などの予期できない自然災害などの影響で想定外のコストがかさむことになる。

これはどちらかというと「想定外のコスト」というより「コストを想定できない」の方が正しいやろうな

前例とかがあんまりないもんね……

知らない間に乗り換えている問題

また鉄道ではよくあることだが、千葉都市モノレールのように「どこにも他社に乗り入れていない」鉄道ならかならず接続駅で降りて乗り換えなければならず、そこで改札も通るだろうから運賃を2回以上払う自覚も生まれる。

だが、一度も乗り換えず目的地まで乗り入れている場合は「どうしてここまで高額な運賃になるのか」という疑問が生まれてしまう。

これが北総線と東葉高速線の運賃が高額になってしまう原因のうちの1つだ

東葉高速線は西船橋駅から東京メトロ東西線に直通乗り入れしており、東京の都心「大手町」や「九段下」などまで乗り換えの必要がなく、西船橋から東陽町までは快速運転もしており速達性も高いため利用者の多い路線だ。

しかし乗り入れているということはもちろん西船橋から先は別会社(東京メトロ)であるわけで、一応東葉高速線の駅から東西線の駅まで乗り通した場合20円(大人)の乗り継ぎ割引が発生するがそれでも微々たる額だ。

そっか、気づきにくいけど実質乗り換えてるんや!

同じことが北総線にもいえて北総線は京成高砂駅から京成上野方面と都営浅草線方面へ直通乗り入れしている。

最凶に高額な路線「北総線」

北総線は「財布より定期落とすな」などと揶揄されるくらい運賃が高く、京成上野から千葉ニュータウン中央駅までの運賃はたった36.5kmで1017円(ICカード料金)だ。

ただこれ定期だともっと酷くて、通勤定期1ヶ月の値段は42820円だぞ

高くね!?

ほとんど同じ距離のJR東日本の総武線東京千葉間(39.2km)の運賃と比較すると637円(ICカード料金)、定期代は1ヶ月19060円だ。

情弱ペディア
何回往復すれば定期代のもとが取れるかを計算すると北総線の上記区間の場合、1ヶ月定期のもとをとるなら21往復以上が必要だよ!

しかし総武線の上記区間なら15往復で可能だ

北総線やったらフルタイムで出勤せな元取れへんの?!やばくない?!

ただこれ京成上野に行くならまだましで、京成押上線を経由して都営浅草線にそのまま乗ってしまうと3社分も運賃を払う必要が出てくる。

しかしこれではいくらなんでも高すぎるということで、ある程度他よりはかなりマシな乗り継ぎ割引がこちらにはある。

それでも高いことには変わりないけどな……

また北総線は千葉ニュータウンと都心をつなぐために建設されたが、そもそもは千葉県が運営する鉄道が本八幡を介して都営新宿線と乗り入れる予定だった。

そして一部区間だけ先行開業させて新京成線にとりあえず乗り入れさせて、ひとまず都心につながっているということにした。

同じルートを通る成田スカイアクセス線の運賃の上がり方とあまりにも差が大きすぎて沿線住民から裁判を起こされ、並行するバス路線を開設されるなど「紆余曲折」にもほどがある経歴を持っており、しかも結局は肝心の千葉ニュータウンが当初の計画の面積が約66%で人口に至っては約28%と散々なことになっている。

計画の3割くらいしか人住んでないやん……

記事のまとめ

というわけで今回は「料金高すぎ!?千葉の暗黒鉄道」について解説しました。まとめるとこうなります。

  • 「千葉都市モノレール」懸垂式という方式が高額運賃の原因だ!
  • 「北総線」「東葉高速線」知らない間に他社に乗り換えるため高い!
  • 中でも「北総線」は沿線住民から裁判を起こされるレベルで運賃が高い

結論:都市ではなく郊外に住む意味を考えよう。


あえて職場や学校の近所ではない郊外に住む意味、それは「家賃」が下がるからだ。

というか一応ほかにも環境がよくなるなどいろいろ言われているが10万の家賃よりは4万の家賃と定期代の方が経済的だろう。

学生は定期もある程度安くなっているし、社会人は会社から支給されるしね……

しかしこれら3つの高額鉄道沿線に住んでしまうとそのメリットをほぼ無効化してしまう。

1ヶ月定期が4万超えるとか、支給額の上限越えるわ……

いったい何のために遠くからしんどい思いをしてまで通勤通学するのか考えたうえで引っ越し先を選んでほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です