「情弱めっ」LINE@はコチラ!

どこが1番良いの?おすすめの家電量販店がどこなのかを教える話

どーも。暇さえあれば家電量販店に居座る男、顔デカ太郎(@aririnybsg)です

家電量販店はいいぞ

なんやねん急に……


家電量販店といっても、思いつくだけでもヨドバシカメラビックカメラジョーシンエディオンケーズデンキノジマ、などいろいろある。

情弱ペディア
家電量販店のロゴは基本的に赤色が多いよ!

結局、どこで買うのが一番いいん?

正直それぞれの差がわかっていない情弱も多いだろう。

というかどこも同じだと思っているのではないだろうか?

その考えを、今回は修正してやる

 

今回の情報弱者
家電量販店なんてどこも同じだと思っている情弱


本当に安いのは価格ドットコム

まず、はじめにこれを言うのは本当に意味がないとわかっているが…。

安く家電を買いたければ価格.comで調べて買うのが一番安いのだ。

価格ドットコムとは?
日本最大の「価格比較サイト」。アホみたいに数多あるインターネットショッピングサイトの値段を一気に比較できるサイトだよ!

ネットがこれだけ普及した今、実店舗を持つ業態は苦境に立たされているのがいわば暗黙の了解である。

だが実は商品の価格以外において、はっきり言って実店舗はネットになにも負けてはいないのだ

ヨドバシカメラは家電量販店にて最強

店員のクオリティが半端ない

実店舗にはあって、インターネットにはないもの。それが店員の有無である。

めちゃくちゃマニアで、自分で商品知識を仕入れられている…というのなら、インターネットでも別に問題はないっちゃない。

情弱ペディア
と言いつつも、そういう情報強者はだいたい実店舗で実物を見てから買うことが多いよ!

だが、このブログを読んでいる時点でおそらくアナタは情報弱者なのではないだろうか?

いっぱい種類あるけど…どの商品が自分に合ってるんだろう?

買ったところで…どの線に繋いで、どう使うのか分からない……

実際に店舗に行くメリットとして、それらをアドバイスしてくれる店員がいるというものがある。


特に商品知識や使い方のレクチャーという部分において、ヨドバシカメラに勝てるネットショップなど皆無。

ヨドバシカメラの強み。それは「店員の圧倒的な商品知識」である。

ヨドバシの店員さんはマジ情強

自分の経験論も含めてしまえば、ヨドバシの店員さんに商品の質問をして答えてもらえなかったのは過去1度しかない。

しかもそれはメーカーからの応援(派遣みたいなもの)だったので、本当の店員に絞ってしまえば今までに0件となる。

一度聞いてみれば分かる。超詳しい上に超親切に教えてくれる。

店舗数が少ないという利点

と、めちゃめちゃ褒めてみたもののヨドバシカメラははっきり言って店舗数が少ない。

情弱ペディア
ヨドバシカメラの店舗はほとんどが大都市の駅前などにあり、郊外店舗などは全くないよ!

ヨドバシカメラにも弱点はあるってことやねんな

そうとは限らない

一般的に店舗数が少ないことはシンプルに行きにくいため弱点ととらえられることが多い。しかしヨドバシカメラの場合は店舗数が少ないことがある意味利点にもなっているのだ。


ヨドバシカメラはそうやって店舗数が少ないのを1店舗あたりの売り場面積でカバーしている。ヨドバシの店舗は基本的に超大型の部類に入り、大抵のほしいものは全て手に入る状態になっている。

マニアですら満足するレベルの品揃えで、客に対してヨドバシにいけば、どうにかなる」という安心感を提供している。

実店舗の弱点である品揃えの薄さを、少数精鋭にすることで解決しているのだ

ヨドバシすげぇ


まとめるとヨドバシカメラは最高ということになる。

  1. 超詳しい店員さんがいるから、行きたくなる。
  2. 圧倒的な品ぞろえで、行ったらなんとかなる。

上記2点を提供することで、ヨドバシカメラは家電量販店業界において圧倒的に強者足り得るのだ

ケーズデンキの現金値引きはマジやばい

ポイントではなく現金であること

家電量販店に限らず多くのお店で最近は「ポイントカード」が導入されている。

ポイントカードは顧客の囲い込みが主な目的だが、あくまで再来店してもらうことが目的であり実は客にメリットは少ない

それに対してケーズデンキの現金値引きは、そもそも出費が減るのでメリットしかないぞ

次回使えるポイントじゃなくて、その場で安くしてくれるんやね!

現金値引きとは?
ケーズデンキでは原則として売値から5%の値引きしてくれて、さらに値引き交渉に応じてくれる可能性も高いよ!

そしてケーズデンキの現金値引きは「値引き交渉」をすることによって、店員によってはビックカメラやヨドバシカメラ等で導入されている「ポイント10%還元」どころではない値引きをしてくれる

郊外店舗が多くあって便利

それにケーズデンキはヨドバシカメラと違い「郊外店舗」が多数ある。ニュータウンに家がある方などは大都市にあるヨドバシカメラまで車なり電車なりで行くと交通費がかかってしまう。

配送料がかかってしまった場合、ポイントや値引きが何の意味もなくなることもしばしば。もうそれならば近くのケーズデンキで買った方が安上がりだと思う。

記事のまとめ

というわけで今回は「どこの家電量販店で買ったらいいの?」という説明をしました。まとめるとこうなります。

  • じっくり悩みたいならヨドバシカメラが良い!
  • さっさと済ませたいならケーズデンキが良い!

結論:ヨドバシの店員、超情強。

逆に「一番買ってはいけないところ」も紹介しようと思う

ヤマダ電機は最悪だ

あえて言おう、カスであると

タイトルの通り、ヤマダ電機はさっき紹介した2店舗とは違い…というかその逆を行っている

  • ポイントも値引きも微妙
  • 店員の知識というか接客態度も最悪
  • 店舗数が多すぎて1店舗の在庫が微々たるものしかない。

「店員がいる」という実店舗最大のメリットを完全にムダにしている上、実店舗最大のデメリットである「品揃えの薄さ」を前面に出した経営方針…。

家電量販店が大好きな著者ですら、行く価値がないと烙印を押す始末である。

追記:コード決済を使うならビックカメラは強い

昨今のコード決済バブルによって、というかビックカメラがPayPayバブルでうまいこといったように見えたのを皮切りに結構多くの家電量販店が「コード決済」を導入している。

その中でもビックカメラはやはり先駆者的存在であり、対応しているサービスの数も多い。

現状PayPay」に加えてLINE Pay「d払い」が支払い方法として選択が可能だぞ

いっぱい対応してるね!


またLINEポイントがたまるSHOPPING GOというサービスもあり、通常であれば購入金額の0.5%ポイント還元されるが時々キャンペーンで1%還元になっている。

SHOPPING GO」ってなんなん?

商品購入時にLINEからバーコードを表示させて読み込ませると、LINEポイントがもらえるんやぞ

注意

ただ注意しなければならないのが、これはあくまで後日LINEポイントが別で付与されるものなので「支払い」には利用ができないよ!

当日そのポイントは利用できないんやね

後日もしLINEポイントを支払いで利用したいのであれば、LINEPayを使うしかないぞ

残りを現金で払うとかできひんの?

その場合はLINEポイントを使ってLINE Payにチャージした上で、LINE PayからモバイルSuicaをチャージするとよい。

Suicaでの支払いであれば残高が足りなかったとしても残りを現金で支払えるのだ

ちなみにLINE Payでの支払いにポイントを使うのはあまりにも非合理的なのでオススメしない。LINEPayは「ポイントをチャージして残高に変えるだけ」でポイントの付与対象になるからだ。

そのまま使うとポイントが付かないのだ

いやそこまでするならLINEPayにチャージしろよ……


今回の関連記事はコチラ!

ぜひ読んでね!

iPhone・iPadをもっと使いこなしたいならApple Storeに行け!Today at Appleでアップル製品マスターに! どれでも同じって本当!?テレビの選び方を解説する話 テレビでYoutubeを見る方法!ChromecastとAndroidTVはどっちがいいの!?という話 軽減税率とか導入せんほうがええんちゃうか?顔デカ太郎が消費増税に物申す話 結婚したいなら買うな!?買ったら独身貴族まっしぐらになるモノを紹介する話 Qiってどうなの?無線充電機はオススメできない!!という話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です