「情弱めっ」LINE@はコチラ!

一人暮らしなのに自炊してるの?外食にした方が実は安い!朝ごはんの話

どーも。99%外食しかしてない男…

顔デカ太郎@ariinybsgです

不健康極まりないな……

そう、著者が大体外食だという話をするとこういう風な反応が返ってくる。そしてもう一つ選択肢があるとすればそれは…

「よくそんなお金あるなぁ、高いやろ」

情弱めえええ!!

久し振りに聞いたそれ!


いやまさにこの言葉を贈りたい。外食は高いだと?それは単に不必要に高い外食しかしていないからだ。

どういうこと?

外食はうまく利用すればめちゃくちゃ安上がりなんだぞ!!

今回は「あえて外食にすることで自炊を安くなる方法」を紹介していこう。

 

今回の情報弱者
一人暮らしなのに自炊が安いと思っている情弱

自炊した方が安いとか本気で言ってんの?

自炊は「材料費だけ」で作れるわけじゃない

そもそも間違っているのが「自炊した方が外食するよりも安い」という認識だ。

たしかに外食をすれば色々なお金が商品には付加されているため、材料費だけで済む自炊よりも高いように思ってしまう。

しかし冷静に考えれば別に自炊に必要なのは「材料費」だけではないことに気がつくはずだ。

料理をするには「調理器具」が必要だ

自炊、つまり料理をするならまず「調理器具」が必要になるだろう。

家具家電付きの賃貸物件はあれど、流石に調理器具から何から全部付きの物件なんて流石にないだろう。

コメを炊くなら炊飯器が必要だし炒め物をするならフライパンが必要になりカレーを作るなら鍋が必要だ。

でも電子レンジだけで作れるやつとかあるやん!

いやあれ買う方が鍋より高いわ……


東急ハンズなどで売っているレンジで加熱するだけ系の調理器具はシリコン製のものなども多く、単価が総じて高い傾向にある。

注意
100均でも売っていたりするけど、粗悪なものが多いよ!

また「電子レンジで加熱するだけ」と簡単に言っているが、電子レンジを買うのにそもそも金がかかるだろう。

たしかに値段は物によりけり、ピンキリなのは理解しているが安い電子レンジは使い勝手も悪く電気代も加熱能力の割には無駄にかかる。

買うならきちんとしたある程度の値がするものを買うべきだろう

材料と調理器具のほかに「光熱費」もかかる

というか材料と調理器具があっても今度は「光熱費」が必要になるはずだ。

電気かガスのせめてどちらかがなければ加熱調理ができないぞ

料理において加熱ができないって絶望的だな……

加熱調理ができないと流石に世界的に珍しい生物を好んで食べる日本人とはいえ、全部の食品を一切加熱せず食べるなんて不可能にもほどがあるのは自分たちが一番よくわかっているだろう。

てゆうかそうなったらほとんど既製品しか食えんわ……

電気やガス、水道などを使うためにはもちろん料金がかかるし、これらのほとんどは使ったら使った分だけ料金が上がっていく「従量課金制」を採用している。

なので普段は風呂に入って寝るだけの部屋で自炊をしようとなるとさらに料金が発生する。


そしてこれらのとても厄介なことがあまり「今どれだけ使っているのか」というのがわかりにくく、またついつい使いすぎてしまい料金がとんでもないことになるというのがよくあることだ。

携帯電話の料金などであれば2、3日中に通話料なども明細をある程度見れるようになることがほとんどで、パケット料などは定額制か上限制のためほとんど使いすぎて有り得ない料金になることはない。

確かに、電気とかガスっていくら使ってるか分からないもんね……

つまり結局のところ「材料費だけで自炊できる」と思っているのは大間違いだということがわかる

情弱ペディア
というか「ちゃんと自炊してたら」こんなのすぐにわかることだから、こんなことすらわかってなくて自炊の方が安いとか言ってる時点で「自炊してない」のがまるわかりだよ!

てゆうかその料理、金払える?

正直自炊するならするでいいのだが、普段からやっていたりやる気に満ち満ちている場合でなければ「いったいどれほどのクオリティなのそれ?」と聞いてみたい。

というのも「外食高い」とか言ってる人はおそらく食事を作る手間にお金をかけたくないのだろう。

しかし自炊すると手間賃を払わなくて済むかもしれないが、手間を結局自分の時間で支払っていることになる。

ふとそれを時給で換算してみると、仮に自分の住む地域の最低賃金で計算したとしても調理するのにかかった時間に支払わなければならないお金ははたして自分の作った料理に見合う金額なのだろうか。

自分の時間を使って買い物をいて、そして調理をする。そのあとには片付けをしなければならない。

これだけの作業、実質素人同然のものにするだけの価値があるのだろうか……

料理が好きとかならまた話は別だけどね……

てゆうか材料無駄にしてない?

著者も実は全く自炊をしないわけではない。

たまにするがそれでもやはり気になってしまうのが、買った材料や食品・調味料などの期限だ。

残念なことに少人数向けの材料などは総じて値段が高いぞ

量は全然違うのに値段はほぼ一緒なんてこともよくあるもんね……

というのも普通のサイズや大きいサイズは安売りされやすいが、小さいサイズはそもそも単価が低いために安売りするほど値下げの余地がなく、しかもあまり売れないため生産数も少ないことが原因だ。

小分けの食品などもそうでない食品に比べたらやはり高めの設定になっているものが多く、その結果、食べよう作ろうと思っておいていたのに腐ってしまったり期限が切れてしまって廃棄するしかなくなってしまう。

これは見てわかるレベルでの無駄だ、こうなるのであればやはり外食の方が「期限切れ」の心配は少ないだろう。

オススメの朝メニュー

実は案外知られていないだけで「朝マック」以外にも朝食に注力している外食チェーンは多い。

基本的に外食の「朝ごはん」はコスパ最高のものが多いぞ

手軽に早く満足できる「松屋」

牛めしが320円でみそ汁までついてくる松屋の朝は店舗によってメニューが異なるが、どの店にもあるものとして「卵かけごはん定食」が最強のコスパを示している。

松屋の卵かけごはん定食は並盛ご飯と生卵、みそ汁に選べる小鉢がついて290円と牛めし並よりも安いのだからお得でしかない。

300円で朝飯って安すぎる……

ただここで実は気を付けなければならない点があり、選べる小鉢を何にするかということだ。

この選べる小鉢は冷ややっこに牛小鉢など基本的に単品で買えば100円のものがほとんどなのだが、朝ご飯の定番である納豆を選んではいけない。

こいつだけ80円なのだ……

ゆっくりしたいけど手頃に収めたい「ガスト」

ガストの朝食は何といっても安い。最安値で行くと299円(税抜き)のトースト&ゆで卵セットがある。

何といってもこれはトーストにゆで卵、日替わりスープとドリンクバーがセットになってこの価格なのだ

利益あるんかコレ……?

情弱ペディア
またこれに100円追加すればスクランブルエッグセットモーニングが注文できる。

やはりドリンクバーまでついてこの値段というのは破格といってよく、また都心部のガストは最近一人向けの席を増やしたりコンセントを設置したりするなど落ち着ける空間になりつつあるためかなりオススメだ。

ロイホ」の中で最安の時間はやっぱり朝

ロイホは基本的に値段が高めのファミレスで有名だ。その分味やサービスの保証はされているが単価が高くなるとお財布事情が悪くなってしまう。

しかしそんなロイホですら朝メニューはお得になっているのだ

まじか!

その中でも「トースト&サラダモーニング」は440円(税抜き)で名前の通りトーストとサラダがついてしかもドリンクバー付きだ。

実はロイホのドリンクバーは基本的に単品価格が420円(税抜き)なのだが、朝メニューだとこれに20円追加するだけでサラダとトーストが付いてくる。

正直お得でしかないだろう


また著者がよく頼むメニューは「モーニングビーフジャワカレー」だ。

昼間も販売しているメニューだが、朝はそこに目玉焼きが乗っていて普段よりもマイルドに食べることができる。

マジでこれはオススメや

記事のまとめ

というわけで今回は「自炊よりも安くなる外食の使い方」を解説しました。まとめるとこうなります。

  • 自炊には材料費のほかに「調理器具」「光熱費」が必要
  • 作る手間も考えると自炊はコスパが良いとは言えない!
  • 外食の中でも「朝ごはん」は特に安くておトク!

結論:朝は外食にしよう。


正直朝から自炊しようなんて人はかなり少ないだろう。ただでさえ少ない時間な上に眠いしやることも多い。

めんどくさいから朝ご飯を抜く人も多いよね……

しかし朝をきちんと食べることで一日の作業効率はかなり上昇する

また朝が憂鬱だったとしても「あそこの朝食を食べに行こう」と行動源なることだってある。著者はこの口だ。

一日の始まりを外食でするのはコスパ的に考えてもいろいろなメリットがあってオススメできる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です