「情弱めっ」LINE@はコチラ!

関西人ってなんで怖いの?関西人の対処法を関西人である著者が解説する話

どーも、関東弁を聴くとイラッとする男…

顔デカ太郎@airinybsgです

俺たちは生粋の関西人やもんな……

さぁ関西人たちよ、東京に来たら注意しなければならないことがある。それは…

「関西弁って怖い」

我々関西人にしてみれば馴れ親しんだ言葉、もはや方言ではなく言語だが他の地方の人にしてみれば「怒ってるの?」と思われたりして警戒されるのだ。

こちらにしてみれば甚だ迷惑な話だが

まぁ、確かに慣れてない人からはそう感じちゃうよね……

というわけで今回は関西人がとりあえず気をつけた方がいい話し方と、それ以外の人が気をつけるべき「別になんとも思ってないときの関西弁」を解説していこう。

 

今回の情報弱者
関西人が常に怒っていると思っている情弱

別に怒ってないよ、関西人

「お前なんやねん」という日常会話

関西人ならまぁ至極普通に使うフレーズで意味としては「何言ってんの?」といった感じだが、正直なところを言えば「特に意味はない」というのが本心だ。

ただしかし「お前なんやねん」はどちらかといえばネガティブなイメージが強い時に使うのは事実だ。

ではなぜそんな特に意味がないフレーズを発するのか。

それは「ツッコミ」を入れているからだぞ

会話にオチがないと怒りだす関西人

吉本の芸人ならともかく、というか「お笑いは吉本」という常識がある時点で関西人そのものなのだが、お笑いや漫才をしているわけでもないのに関西人のする会話にはツッコミが必要なのだ。

関西人の会話には意味のない会話よりも「オチのない」会話が許されない傾向にある。

オチを出すために、あるいはオチが出た時にツッコミを入れることで話に締まりを作ることができるのだ。

関西人にとって「オチ」はなによりも重要やもんな……

ちなみにここに「おもしろさ」は案外必要ではないぞ

というのもオチさえあれば周りの人間が勝手に面白くしてくれる、それが関西なのだ。

オチさえあれば面白さは必要ではない

逆にどんなに面白い話でもオチがない話だと「で?」と言われて挙句「オチは?何が言いたいん?」と言われる。

要するにオチはその会話の要約であり、話したかった主題、言いたかったことそのものなのだ。

なのでこのオチがない会話をするということは実質「相手に特に伝えたいことがないにも関わらず無駄に時間を浪費させる」悪しき行動なのである。

なので関西人はオチのない会話を許さないしツッコミをするのである

厳しいって思うかもしれないけど、俺たちからしたら普通なんだよな……

「なんでやねん」のイントネーションが間違ってる

関西人は「なんでやねん」の発音にうるさい

関西のお笑い芸人が全国ネットの番組に出るようになって久しいが、その甲斐あってある程度関西弁も受け入れられる機会が増えている。

しかしテレビの影響で芸人が使っているワードを「否関西人」が使うことによって猛烈な違和感を発していることがある。

いくつかあるワードの中でも特にその違和感がひどいのが…

「なんでやねん」

これを関西人以外が使うと本当に違和感がひどい……

コツは「でや」にアクセントを持ってくること

というのも「なんでやねん」のイントネーションは本来…

なんデヤねん

デヤの部分にアクセントがあるはずなのだが、時折見かけるのが

んでやねん

ナの部分にアクセントがあり全体的に抑揚がはじめに強くきてそのあとは墜落していくだけという。


また関西人は◯◯やねん、という言い方を多用するため…

なんでやネン

という末尾にアクセントが来るとかいう、いや流石にこれは言ってて違和感あるだろ、と思ってしまうが使っている人はないらしい。

君も「なんデヤねん」マスターになろう!

まぁ関西人だってよその方言を聴いたらうまく発音できないのだから仕方がないのかもしれないが、それにしても我々関西人はどうしてもこの

なんデヤねん

のアクセントの位置だけは何とかして欲しいのだ。正直これだけなんとかしたらツッコミだってなんとかなる。

「なんでやねん」ほどシレッと使えてかつ用途に富んでいて尚且つ関西人も本当にただの会話でもしょっちゅう使っている単語はないのだ。

さぁ今日から「なんデヤねん」マスターになろう!!

確かにこれ一つでどんなものにでもツッコめるからな……

間違っても関西=大阪にしてはいけない

地元にプライドがある関西人たち

さぁ違和感満載の関西弁の次に腹が立つこととしては

「あ、関西弁だ〜大阪の人なの?」

関西弁やけど大阪ちゃうわ!一緒にすんな!

コレほんまによくあるよな……

「関西=大阪」という発想をする人は多い。

しかし実際とうの関西人にしてみれば「関西人」と呼ばれるのはいいが「大阪人」とひとまとめにされるのは強い憤りを感じるものだ。

「京都」と「神戸」には気をつけろ

特にその傾向が強い2つの地域がある、それが…

京都・神戸

関西は明治維新までずっと都があった地域であり、奈良に始まり、大阪や神戸などにも遷都したが最終的に1000年の都と呼ばれる京都・平安京に落ち着いた。

なので京都には未だに「都」意識が強く、一部老人にはもちろんジョークだが「天皇陛下は東京に都を移すとは言っておられない。あれは貸しているだけだ。」などとのたまう次第。

うわぁ……

また神戸もいち早く欧米に対して開港した港の1つで造船技術などに長けており「美しい街」として高いブランド力を持っている。

とにかく「関西=大阪」ではない

関東であれば正直言って「東京には勝てない」感が強くて横浜ですら東京には喧嘩しないイメージがある。

しかし関西は「別に大阪には負けてない」とそれぞれが割と本気で思っているため、ひとまとめに大阪と言われるのを極端に嫌う。

ちなみに都の話をすると奈良も巻き込んで喧嘩に発展するぞ

関西人がややこしすぎる件について……

間違っても関西のことを大阪と呼ぶのはやめよう。

その瞬間に関西人から「バカ」のレッテルを貼られ、それは一生覆らない。

関西弁を捨てる必要はない、しかしいずれ消える。

関西人はほかの方言をバカにしやすい

悲しいことに関西人は割とどこに言っても関西弁で話す。

ほかの方言が田舎者オーラの象徴として方言を毛嫌いする傾向があるのに対して、関西人は別に何が悪いわけでもないのだが関西弁をそのまま話し続ける。

それどころか他所へ言ってもそこで使われている言葉を「違和感がある」などと言って揶揄することだって。

しかしこれはあってはならないことだ

関西を出ると関西弁は「部外者」なのだ

郷に入っては郷に従え、とまでいうつもりはないが、よそからやってきたのであれば関西弁はそれこそ「部外者」なのだ。

そこで広まっていることばを指して「違和感」などというのはそれこそお門違いも甚だしい。

というか自分が使っている関西弁だってよその地に長居するにつれて「うすれていく」のだ。そして地元に帰った時に言われるのだ。

「お前の関西弁おかしいぞ」

そう、本当に違和感を発しているのは自分なのだ。そんなことも気がつかずに周りのことばかり言っていると孤立するだけだ。

関西弁はただの個性だ、押し付けるようなものではない

顔デカ太郎がまともなことを言っている…だと…!?

記事のまとめ

というわけで今回は「関西人の対処法」について解説しました。まとめるとこうなります。

  • 関西人は言葉がキツイけど怒っているわけではない!
  • 関西人は会話にオチがないと怒りだすので注意が必要!
  • 関西人はよその地域で関西弁を押し付けるべきではない

結論:関西人が何か言ってきたら「うっさいボケ」と言おう。


関西人は語気が強いしかし根っこは案外小心者だったりもする。そんな時に便利な関西弁がある。それが…

「うっさいボケ」

である。ボケという単語は比較的に仲のよい関係ではよく使われる暴言である。別に大して意味はない。

しかしよその人からこれを言われると関西人は結構な衝撃を受けてしまう……

ビビリやんけ!

注意
鬱陶しい関西人がいたらこれを使って撃退しよう!

大阪についてもっと知りたい人はコチラ!

大阪って実はこんなとこ!大阪府民の著者がケンミンショーでは教えてくれない大阪を解説する話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です