「情弱めっ」LINE@はコチラ!

一軒家にSoftbank Air(ソフトバンクエアー)はマジでやめたほうがいい話

どうも、基本的にアンチソフトバンクな男…

顔デカ太郎@airinybsgです

いきなりケンカ腰やな……


今ソフトバンク一押しの製品がある、その名も「SoftBank Air」

自宅のネット回線をこれで置き換えるとソフトバンクの料金とまとめて安くなるよ!だそうだ。

またこの作戦で来たか……

またってなに!?

最近Twitterの広告などで目にする機会も多いであろうこのSoftBank Air実はとんでもない地雷商品だったりする。

今日は実際に契約までした著者がSoftBank Airってどうなの?」を解説しよう。

 

今回の情報弱者
何も考えずにSoftBank Airを契約する情弱

SoftBank Airのいいところ

工事をせずにネット回線が使える

SoftBank Airは月額4880円から利用でき、最大の利点は「コンセントにさすだけでネットが使える」ことにある。

NTTのフレッツ光のように回線工事をせずに使えるので、機械が届くか持って帰ってきてコンセントに挿せば使えるのだ。

固定回線と比べたら気楽でいいね!

まぁWiMAXも工事いらんけどな、持ち運べるし

情弱ペディア
WiMAXについてもっと知りたい方はコチラ!

そのネット、固定回線である必要ある?都会の一人暮らしにWiMAXは最強だって話

いろいろと割引もある

料金割引も設定されていて、ソフトバンクのスマホユーザーなら4300円で利用可能。

さらに家族がソフトバンクのスマホを利用していたら料金が安くなる「おうち割光セット」の対象となっており、それぞれ1000円の割引がされる。

情弱ペディア
ちなみにこの「おうち割光セット」は離れて暮らす家族でもOKだよ!

ただし5GB以上の契約をしている必要があるので注意が必要だぞ

SoftBank Airのみの利用も考慮されており、そういったユーザーは契約から2年間は月額3800円で利用できる。

 

 

以上、SoftBank Airのよいところでした。終わり。

以下、SoftBank Airのよくないところです。始まり。

SoftBank Airの高すぎる料金

料金割引は最初の2年間だけ

月額料金が高すぎる……

え、でもさっき割引があるって……

先ほど書いた月額3800円や4300円で利用できるのは実は24ヶ月間(2年間)だけであり、それ以降は「4880円」となる。

エアーターミナルの端末料金が悪意だらけ

そしてこのSoftBankエアーターミナル(本体)の端末代金が厄介で、用意されているのは「36回分割」か「490円でレンタルする」の2択。

分割にすると回線の契約が2年の自動契約更新なので2年で解約できなくなり(36回分割なので3年かかる)月額料金上がるし、他のに変えるかといったことが難しい。

もしそうしようとなると端末残債を一括で払う必要があるぞ……


これを回避するためにはレンタルするのが良いのだが、端末返却が必要なのと、分割なら端末代に割引がかかり実質支払いはないのでせっかくの月額料金が上がってしまう。

そもそも月額3800円はもしマンションで使うなら他社光回線の方が普通に安い。戸建でも2年以降の4880円は高いだろう。

うわぁ……

そしてこいつの最大の問題は次の項目だ

SoftBank Airは繋がらなすぎる

この繋がらないには2つの意味がある。

そもそも圏外であるパターン

自分ではほとんどどうしようもないものがいわゆる「圏外」

このSoftBank Airは携帯電話の電波を使っているのだが、iPhoneなどと全く同じ電波を使っているわけではなく一部の電波を使っている。

そのためエアーターミナルが拾える電波が飛んでいないエリアではそもそも繋がらない。

家の真ん中に置くと電波を拾わない

そしてもう一つの繋がらないは、家の中で起こる。

ただしこれは改善の余地があるぞ

SoftBank Airは携帯電話の電波を拾う必要があるのだが、おそらく多くの家庭で今までインターネットのルーターをリビングに置いていたから付け替えて同じ場所に置くといったことが多いようだ。

そのためかエアーターミナルが電波を拾いにくい環境ができて繋がりにくい。

ひどいところだとテレビの後ろなどにおいていて、テレビはリビングの真ん中にあり周りは家に囲まれている。

そのため電波が弱いなんてこともあるようだ

当たり前やけど、遮蔽物があると電波は拾いにくくなるもんな……

回線のキャパが低すぎる問題

そしてこいつ、すごくおもしろいのが「4台」以下の端末での利用を推奨している。

同時に接続するだけなら64台程度可能ではあるのだが、家族5人が全員同時にYoutubeを見ると通信速度が著しく下がる。

原因としては、元の回線の許容範囲がそこまで多くないためこのようなことになる。

そのため公式サイトに「4台」以下での利用が推奨だと書いてあるのだ

家族で使えねぇじゃねぇか……

情弱ペディア
ちなみにこの「4台」以下での利用推奨に関しても眉唾で、フレッツ光の10分の1〜3分の1程度しか無い回線のキャパに対して、家族の誰かがアプリのアップデートとかを一斉にやったりしたら他の家族はほとんど使えなくなってしまうと思われるよ!

このSoftBank Air、割引設定や仕組みからauとUQのwimaxを組み合わせた auスマートバリュー、果てはドコモのドコモ光に対抗するためソフトバンク光とともに生み出されたものだろう。

しかしながらハードの貧弱さと微妙な値段設定のためネットでは酷評されていたりする。

この記事もどちらかといえばその傾向だが、改善の余地が多々あるので期待できる要素はある反面、ソフトバンクがそんなことするとは到底思えない……のが残念なところである。

ソフトバンクエアーを契約した方がいい人っておらんの?

検討に値する条件ならあるぞ

SoftBank Airを買ってもいいかもしれない人

検討しても良い条件はコレだ

さんざん酷評したSoftBank Airだが、かろうじて以下の条件が当てはまれば検討する価値はある。

  1. すぐに固定電話が必要である
  2. フレッツ光が導入できないマンションである
  3. ソフトバンクかワイモバイルを使っている
  4. 単身、もしくは子なしの夫婦世帯である
  5. SoftBank Airの提供エリアに住んでいる

③、④はかならずしも当てはまらなくてもいいと思うが、⑤はエリア外では使えないので最低条件だぞ

そりゃそうだ……

工事せずに固定電話が使える

そして重要なのは①と②で、①はSoftBankAirと相性がよい「おうちのでんわ」というサービスがある。

これは、実質SoftBankAir携帯電話の回線を使っているにも関わらず「固定電話」として「06」などの電話番号が取得可能である。

これを利用することで他社には用意されていない「回線工事なしで固定電話を使う」といったことが可能だ。


②はマンションに時々ある、建物に入っている装置の問題だったりでNTTのフレッツ光が導入できない場合だ。

これだけならWimaxのホームルータでもよいということになるが、先にあげた①の条件が含まれると一気にSoftBankAirの優位となる。

ただ「おうちのでんわ」は単独でも使えるので必ずしもこのようなことになるわけではないが、ソフトバンクユーザーならすべてまとめることで値引きもあるしよいのではないだろうか。

注意
逆にそれ以外はわざわざこれにする必要がないよ!

とくに一軒家では使い物にならんぞ

実際にSoftBank Airを契約した話

どうしてSoftBank Airを契約したのか

著者は実際いろいろあってSoftBank Air契約した。

あれだけ酷評してたのに!?

色々な事情があったんだよ…

ちなみにその色々な事情とは主に2つある。

WiMAXのパケット容量では足りない

1つはそもそも著者が契約していたWiMAXのパケット容量が限界に達していたこと。

WiMAXは基本的に3日間で10GBの制限がある。これに引っかかることは普通であればほとんどないのだが著者はまず通信量が普通ではないことを忘れていた。

どんだけネット使ってんねん……

ザ・現代人です


3日で10GBという制限は単純な月何GBという制限よりもある意味厄介で、月単位の制限だと一定量超えてしまった時点で「はい、お終い」となるが3日で10GBの制限だとある1日で大量のパケットを使ってしまうとその後3日は通信制限の尾を引く羽目になる。

これが相当厄介なのだ、実際著者はそう感じた……

こう言った事情から通信制限ができる限りないネット回線が必要だった。

確実に引っ越す予定があった

2つ目の理由は少なくとも1年以内に引っ越しする予定が確実にあったからだ。

固定回線やと色々めんどくさいもんね……

引っ越しするとなると仮に固定回線なら引っ越し先でそのサービスを続けたとしても転居に伴って工事や手数料がかかる。

またそもそも固定回線を設置するには工事がどうしても必要だったそれが簡単に予約が取れないことくらい著者が一番わかっていた。

なんてったって自分がそれで駄々をこねる客をなだめていた側なのだから……
情弱ペディア
著者はもともと通信回線の会社で企業戦士をしていたよ!

以上のことから「通信制限がなく」「工事が不要」なサービスが必要だった。

となると正直候補に上がるのはSoftBank Air」しかないのだ

実際、使ってみてどうやったん?

SoftBank Airを使ってみた話

都心のワンルームマンションの場合

ちなみに著者の使い方としては「都心部住み」「一人暮らし」「ワンルーム」のマンションだ。

エアーターミナルは窓際に設置した。ちなみに窓から見える範囲で高い建物などで遮蔽されるような環境は特にない。

そして実際に使ってみると特段なにか「遅い」とかそう言ったことはなかった


特に動画、YouTubeをみた時にフリーズしたりカクツクとかは一切なくむしろ実家などで引いている固定回線よりも快適なように感じられた。

WiMAXのように時間帯で混むとかそういったことも感じなかった、しかし大量の画像が多いWebページを読み込む際はかなり時間がかかったように思えた。

情弱ペディア
今もやっているのかは微妙だが、かつてソフトバンクは通信の最適化として画像などを勝手に圧縮して通信をしていたりしたためそういったことが関連しているのだろうか…。

またもう一つ時間がかかったのはPS4のゲームソフトをダウンロードした時だ。

これは合計で100GB以上あったのが悪いのだが一晩かかったぞ

一晩!?

 

結論:意外と動画はいける。でも画像や重いデータは苦手

実家の一軒家でも使ってみた

さてこの記事のタイトルでもある「一軒家には全く向かない」というのも実際に使って検証してみた。

ただここで1つ注意がある

というのもソフトバンクエアーは基本的に「設置先住所」以外で使うことは禁止されている。

これは電波法なども絡んでいて、コンセントを挿し込めば使えるようになるモノではあるがどこへでも持っていけるわけではない。

別の場所で使うためにはマイソフトバンクで引っ越しの手続きをしなければならない。

逆にこれをWebで終わらせてちゃえばどこで使ってもいいんやね!

というわけで設置先住所を実家の住所に変更した上で使ったのだが……


全然あかん……


そもそも実家の周りが遮蔽物だらけの時点で話にならない。

一応電波は入るもののエアーターミナルを目の前にして通信しても速度が1Mbpsを余裕で下回る。

エリア外かと思ったぐらいだ

そのレベル!?

またWi-Fiの性能そのものもやはり弱く、家中に電波を飛ばすのは難しかった。

記事のまとめ

というわけで今回はSoftBank Airってどうなの?」という解説でした。まとめるとこうなります。

  • 割引だなんだと言っているが料金は「高額」だ!
  • 回線のキャパが低いので「家族」で使うのは苦手!
  • 工事なしで「固定電話」が使いたいならオススメ!

結論:一軒家はマジでやめておけ


広くないマンションで使う分にはいい、でも一軒家とか遮蔽物が周りにある家はやはりおススメできない。

またこれはエラーかと思ったのだが、ソフトバンクエアーの通信速度を測った際に通常であればありえない100Mbps以上の数値を叩き出したことがあった。

別アプリで測定し直すと6Mbps程度になっていたため、確証はないがもしかするとソフトバンクは「通信速度の水増し」をしている可能性がある。

かつて楽天が行なっていたこともあることだが、いささか度がすぎる。

こういうことするからソフトバンクって信用できへん……

通信速度の水増しなんかできるんや……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です