「情弱めっ」LINE@はコチラ!

どこが4割安くなるや!ドコモの新しい料金プランがひどいにもほどがある話

どーも、携帯代は常にチェックしている男……

顔デカ太郎@airinybsgです

これはひどい。

いやある程度わかってはいたんだが、実際蓋を開けてみたら本当にひどい。

あまりにも酷すぎて発表会の中継を観ていたスマホをぶん投げそうになったくらいだ。

なにをそんなに怒ってるんや……

ドコモの新しい料金プランが酷すぎるんだよ……

とにかく今回はもはや詐欺と言っていいレベルにひどい「ドコモの新しい料金プラン」について解説する。

 

今回の情報弱者
新しいプランで安くなる!と思ってる情弱

メリットを受けられる人が少なすぎる

4割安くなる人間どこにおるねん……

基本的に世の中の値段のついているものはその値段が上がると消費者が激怒する。

いやまぁそれは人によってそれぞれだろうがある程度のクレームが発生する。

もちろん提供事業者的には苦肉の策なのかもしれないが一般消費者にしてみれば出費が増えるのだから文句の一つも言いたくなる。

なのでだいたい申し訳なさそうに、潔くそれを消費者に伝えるのがセオリーだぞ


しかし今回のドコモの場合、言っていることが……

「まぁ値引きなくすから高くなる人もいるけど、4割安くなる人もいるからいいよね!」

と開き直っているのだ。

ふざけんなてめぇしば〇ぞ

※最近こいつは関西弁があまり使えなくてイライラしています

値上げなら値上げって言えや

具体的に解説すると今回の料金プランの導入でそれまでは当たり前にあった「端末値引き」が廃止される。

注意
厳密には「端末購入を条件にした通信費値引き」だけど、結局支払いはまとまっているのでどっちでもいいよ!

この値引きはかねてより政府が「廃止しろ」と圧力をかけていたのでそれに応じたことになる。

なんで廃止しろって言ったん?

端末と回線をいっしょに買わなきゃいけない状況を変えようとしたんやで

端末値引きがあることによってユーザーは端末を一緒に買わざるえないため携帯料金がどうしても高くなってしまう。

これを是正したいというのが主な理由だが、だからって値引きを先に無くしてどうするつもりだ。

情弱ペディア
ちなみに、政府が端末値引きを廃止しろと言った話についてはコチラで解説しているよ!

スマホの買い方が変わる?分離プランが変える実質0円端末の仕組みの話

姑息すぎるドコモ

割引には条件がある

「安い安い詐欺」は携帯キャリアの常套手段だが、今回は特に詳細な料金がホームページのかなり奥に行かないと載っていない。

これもいつものやりクチで「〇〇円でスマホが使えます(ただし条件がゴニョゴニョ)」というもの。

このただし条件が、の部分があまりにも理不尽すぎるのだがなかなか載っていない。

その条件を適用できなければいくらになるのかが全くわからないのだ。

条件に当てはまらないと安くならないんやね……

それを説明せずにCMやるから悪質なんだよな……

3回線契約してないと安くならない

例えば今回のプラン導入で基本的にドコモの料金プランは「ギガホ」と「ギガライト」の2つのみになるのだが、トップページにはギガホが「4980円〜」、ギガライトが「1980円〜」と書いてある。

それぞれ30GB、1GBと要領の違いがあれど、確かにここに書いてあるとおりならこれまでの料金よりはよりは多少安くなってはいる。

しかしこれにはもちろん条件がある

全く条件を適用できない場合の料金はギガホだと「6980円」からだ。

え、2000円も違うやん!?

いちおうその条件はトップページにそこまで小さくない文字で書いてあるのだが「ご家族3回線以上がドコモなら」だ。

要するに3回線以上持っていればこの値段だよ、と言いたいらしいのだドコモは。


ただ3回線もドコモで持っているってなかなか難しく、核家族化が進んでいる日本で携帯電話代をいくら家族とはいえまとめている人はそこまで多くはない。

かろうじての救いはこの割引「みんなドコモ割」が同一住所に住んでいる家族でなくてもよく、3親等以内であれば別居していても対象になることだろう。

またこの割引は契約数が2回線と3回線以上で額が異なるぞ

2回線だとそれぞれ500円、3回線以上だとそれぞれ1000円割引かれる。

そしてその契約数のカウントはドコモを契約していればカウントに入り、新しい料金プランを利用していなくても問題ないが新しい料金プランを利用していなければ「割引」自体は適用されない。

古いプランでもカウントには入るけど、割引されるのは新しいプランだけなんやね!

もうひとつの割引は期間限定モノ

ただそれでも最大で1000円しか値引きされない

あと1000円はなんの条件があるん?

これがまぁ一番くだらない「契約から6ヶ月は1000円ずつ割引」という最近の携帯会社が大好きな「合理的理由がなさすぎる」割引だ。

これら2つの条件を適用することでギガホは4980円、ギガライトは1980円から利用できる。

つまり半年経ったら少なくとも全員5980円か2980円になるってこと?

そういうことやな

なんとも微妙としか言いようがない。

ドコモ光も変わったけどどうなの?

若干改善した、ような気もしたがやっぱり気のせいだった

さていちおうドコモは新しい料金プランだと4980円からを強く押しているが、実際はこれよりも安くする方法がある。

え、そうなん?

それが「ドコモ光」を合わせて契約することだ

これまでもドコモ光を契約することでスマホ代が値引きされていたが、その値引き額は複数回線持っていて100GBとかいう途方も無いパケットを契約していれば「3500円」割引だった。

ただ実際そんなに契約するのならポケットWiFiなりWiMAXなり契約した方が経済的なのは目に見えているわけで、この割引を適用するのは現実的に不可能だったのだ。

まだ現実的な割引になった

それが新しい料金プランを利用すると1回線あたり500円か1000円の割引に変更となった。

これまでドコモ光の割引はシェアパックを使って複数回線持っていたとしても回線の数に関係なく値引き額は一定でパケット容量でのみ割引額が決まっていた。

しかしこれからはギガホを契約しているなら1000円、ギガライトなら3GB未満の利用で500円、3GB以上の利用で1000円それぞれ契約している回線から割引かれるようになる。

これによってこれまでドコモ光はその料金の割に割引額がはっきり言ってショボい状態だったので、そこまでオススメするようなものでもなかったある程度マシになった気がしないでもない。

4回線以上持っているそれこそ家族全員ドコモを使っているような家庭なら4000円以上割引される可能性もありおトクさはかなり上がっている。

現実的な割引になったんやね!

ただ注意すべき点はあるぞ

人によっては損することに…

しかしこれは1回線しか契約していない、あるいは月に1GBも使わないような人は全くオススメできないようになってしまった。

これまで1回線のみの契約であれば「ウルトラデータパックL」などの20GBや30GBのパケットプランだとこれまで1400〜1600円の値引きだったのがギガホに変えると1000円に減ってしまう。

また月に1GBも使わないのであればギガライトに変更して1GB未満の利用なら値引きがそもそも存在しないため値引きを狙って契約した意味がなくなってしまう。

まぁそもそも1GB未満の利用やったら100円しか値引きされてなかってんけどな

それでもないよりはマシか……

記事のまとめ

というわけで今回は「ドコモの新しい料金プラン」について解説しました。まとめるとこうなります。

  • 4980円でギガホを使えるのは半年だけ!
  • ドコモで3回線契約してないと割引額が少ない!
  • ドコモ光はマシになったように見えるけど、人によってはになる!

結論:ここまで姑息になるかドコモめ。


はっきり言って何ヶ月も前から「値引きするよ」と言っておいて実際確認したらこれだったのだから著者のがっかり度合いと言ったら計り知れない。

しかも内容が結局「2年縛り」が前提で政府も政府だがドコモもドコモだ。

情弱ペディア
2年縛りとは、契約から2年間は解約時に違約金が発生してしまう制度のこと。

しかも悪質なのが2年経ったとしても基本的に自動更新なので永遠それが続くことだよ。

ちなみに新しい料金プランには2年縛りのないいつでも解約できるプランもあるけど、1ヶ月あたり1500円も値上がりするため半年を超えれば2年縛りのある契約をしている方がトクするようになっているよ!

票集めの客寄せパンダに使われたのをいいことに自分は一切損をせず、政府のご機嫌取り、そして話題性も奪い取った。

その経営手段は見事としか言いようがない。

どうしたんやそんな褒めて

嫌味に決まっとるやろおおおおおお

ただauやソフトバンクがやった「契約から〇ヶ月は1000円割引」という合理的理由がない割引に条件を設定しなかったことはまだドコモはマシかと思える。

これは誰でも安くしてくれるもんね!

半年限定やけどな…

分離プランの導入で先行していたauとソフトバンクは分離プランと言っておきながら割引の条件に結局機種購入を入れていたあたり本気で性格が悪い。

ただやはりそれ以外の部分は「値引きの縮小、廃止」に加えて「他社の猿真似」でしかなく期待はずれだ。

特に同居していなくても家族ならいい割引なんて完全にかつてのauスマートバリューだ。

なんというか目新しさに欠ける新しい料金プランだ……

ただひとつ今回の分離プラン導入で言えることがある。それは……

「iPhoneは絶対にキャリアで買わん」

分離プランを導入したところでキャリア以外で新品のスマホを販売しているところが依然として少ない以上、キャリアで端末を購入するしかないのには変わりない。

しかし数あるスマホメーカーの中でも古い端末は別としてリリースした端末は全て自社のストアで販売しているアップルのiPhoneだけは違う。

アップルから直接購入すればSIMロックもかかっていないし、あまり知られていないが実はアップルストアでの販売価格とキャリアの定価は少しキャリアの方が高い。

もちろんこれは分割をする際に端数がでないようにするためや値引きがあること前提で組まれた価格であることなどいろいろな理由があったが、値引きがなくなるのであれば今後はキャリアからわざわざ面倒なロックがかかっているスマホを買う必要など全くもって存在しない。

情弱ペディア
キャリアから買ったiPhoneには「SIMロック」という他の会社のSIMカードが挿せないようにするロックがついてるよ!

これを機に他のメーカーもPCのように独自チャネルで販売してほしいものだ

2 Comments

アバター りな

イライラして、ここにきました。
新料金プラン、安い安いとうたわれていて、シミュレーションでもやすくなる、オススメと出たので変更したのに、9月の請求が増えてます。

ドコモには騙されまくりで。もう嫌です。20年もつかってきたのに、ほんまにひどい裏切りばかりや。
ドコモやめます。決心がつきました。

返信する
アバター けいいち

MyDocomoのアプリで「現在ご利用のプランが終了のため新料金プランへの変更をお願いします」って通知がしつこく出てくるので仕方なく変更したら、月々サポートが終了、シェアパックも終了、家族4人でシェアパックを使っていたのに全員自動的にパケットパックへの変更で1人あたり5000円近く高くなるということで、どうやら料金も倍近くになるかもしれないとのこと。
元に戻してほしいとお願いしても、出来ませんの一点張り。
なんなんだこのプラン変更要求詐欺、、、
高くてもずっと使ってきたユーザーにこんなひどい仕打ちとは、もうドコモとなんか付き合いたくないと思いました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です