「情弱めっ」LINE@はコチラ!

荷物ってどれで送ったらいいの?レターパック、ネコポス、宅急便コンパクトを徹底解説する話

どーもー、メルペイが流行ってるけど自分で発送するのが面倒だから転売ビジネス(笑)はやらない男……顔デカ太郎(@airinybsg)です。

未だにメルカリで転売するだけのものをビジネスと認めたくないんやな……

どうしても頭が硬いものでね

さて、著者はやってないがこういったオークションやフリマアプリで商品が落札された場合、もちろんその商品は発送しなければならない。

しかし封筒に入るようなサイズの商品は限られているものの、ダンボールに入れるほどでもない時に便利な発送方法が日本郵便の「レターパックシリーズ」などだ。

しかしどれも微妙に利用条件が異なっていたり、送れるものが決められているので初見ではそれが良くわかりにくい。

なので今回はレターパックと類似商品の違い使い方を解説していこう。

 

今回の情報弱者
荷物をどれで送ったらいいか迷う情弱
情弱ペディア

ちなみに今回紹介する発送方法はコレだぞ

  • レターパックプラス
  • レターパックライト
  • 宅急便コンパクト
  • ネコポス


個人の人がとりあえず何かを確実に送るには最適「レターパックプラス」

楽に発送できて“手渡しで届く”優れもの

まず最初は最もスタンダードな「レターパックプラス」だ。

封筒に切手を貼ってポストに投函するのとは違い、専用の入れ物に入れて発送する。

レターパックプラス最大の特徴は送り先に直接配達員が手渡しで渡してくれる事だ。しかし送り主は別に配達員に直接手渡しで発送する必要はなく、もちろん郵便局に行く必要もない。ただポストに投函すればよいだけのことだ。

送る側は気楽に発送できてその上で確実に受け取ってもらえるので郵送事故の心配も少ない。

郵送事故ってなんなん?

封筒とかハガキやと家のポストに入れるだけやから、ポストから泥棒が抜き取ったりすることがあるんや。他にも追跡番号が付いてないから品物が今どこにあるのかわからんくなって配送中に行方不明になることもあるんや

日本でそんなこと……

珍しくはないで?配達員が勝手に処分してたっていう事件もあったし……

正直これらの事故は事件はレターパックを使ったところで確実に防げるものではない。しかし追跡番号があるのと、送り先に確実に手渡しで届けてくれるのは安心感の確保には十分だろう。

全国一律510円で送ることができる

またレターパックプラスのメリットとしてあげられるのが、料金が入れ物込みで全国一律510円になっていることだ。

情弱ペディア
また専用の入れ物は郵便局以外にもローソンなどで購入できる。

送れるものは現金などを除き、重量4kgまでのもので郵便局の人曰く「とりあえず蓋が閉まればOK」だそうだ。

著者は某ファーストフード店でのバイトの時に幸せなセットのおもちゃを入れ忘れてお詫びに送る時に使ったで、蓋は閉まったけどポストに入らんかったからローソンの人に渡しといてって頼んだわ

ハガキとか封筒と同じ使い勝手と、ゆうパックの便利さと安心を兼ね備えたのがレターパックプラスなんやな!

レターパックプラスより安く書類などを送るなら「レターパックライト」

レターパックライトは赤ではなく青ッ!!

レターパックプラスは入れ物が赤色になっているが、似たようなサービスのレターパックライトは青色になっている。

赤は郵便局の色やし、最近は減ったけど青色のポストもあったからな

青色のポストってなんなん

速達郵便のポストや

注意
まぁレターパックライトは別に速達してくれるわけではないのだが。

壊れやすいものを入れるのはオススメできない

レターパックライトはレターパックプラスに比べて150円安くなるが用途や使い方はほとんど一緒だ。

違いとしては送り先のポストに投函されること、入れるものが厚さ3cmまでに限られることだ。

それ以外はレターパックプラスとの違いは全くない

レターパックはともに便利だが緩衝材などは付いていないので壊れやすいものを入れる時には注意した方がいい。いくら手渡ししてくれるレターパックプラスでも配送中に破損する可能性はある。

クロネコは郵便よりも値段がちょっとお高めだ

個人が使えなくなった「クロネコメール便」

話が変わるが宅配便のことをついうっかり「宅急便」と呼んでしまわないだろうか。

宅急便はヤマト運輸の商標なのでほかの配送業者は全て「宅配便」である。

というのはどうでもよくて、クロネコヤマトで有名なヤマト運輸はかつて「クロネコメール便」を運営していたが、実は郵便以外では送ってはいけない信書(手紙とほぼ同義)を知らずに送ってしまう事件が多発したために廃止になってしまった。

手紙って郵便じゃないとダメなんや……でもDM(ダイレクトメール)とかは今でも郵便以外からも来るやん

その線引きがあまりにも難しすぎるんや

信書の定義は郵便法によって「特定の受取人に対して差出人の意思を表示し、又は事実を通知する文書をいう」とされている。

が、しかしどれが信書かなんてパッとわからないものだ。というか「手紙」と「宅配便」が別のものだなんて認識には一般の人のほとんど備わっていない。

どちらも郵便やクロネコヤマトなどが運んでいるだけと思っているのだから。


ヤマト運輸によると「履歴書を送る場合であっても、応募者が企業に送る場合は信書にあたるが企業が応募書に返送する場合は信書には当たらない」としている。

送られているものはどちらも同じなのに送っている理由が異なるため該当するものも変わるというなかなか理解し難いものだ

現在は法人が個人へDMやカタログを送る場合などにのみ限定されて運用されているため個人利用はできない。

個人利用できないが便利な「ネコポス」

その代わりに登場したのが「宅急便コンパクト」「ネコポス」だ。

しかしレターパックプラスとライトの違いが分厚さくらいであったところが、この2つはいろいろなところで結構多く違いが存在する。

まずネコポスは個人利用ができない

法人か個人事業主、あるいはメルカリやヤフオクなどのサービスを利用している人が対象になるが、どれもヤマトと契約をしている必要があるのでなんとなく要らないものをとりあえずメルカリに出したら売れたから今回だけ使おう、みたいなことはできない。

ただし契約さえしていれば「A4サイズで厚さ2.5cm以内、重量1kg以下」であれば料金378円で全国翌日配達してくれる優れものだ。

情弱ペディア
これは手渡しではなく基本的に送り先のポストに投函する形となる。

「宅急便コンパクト」なら緩衝材もオプションで用意されている

これに対して宅急便コンパクトは個人利用も可能だ。

そして専用の入れ物が2種類あり、レターパックのような薄型のものと、しっかりとした箱型のものがある。

箱代65円がかかってしまうが東京から大阪に送るのであれば宅急便の最小サイズ(60サイズ)よりも302円おトクに送ることができる。

また箱型の入れ物に関しては専用の緩衝材がオプション(60円)で用意されており、アマゾンから送られてくるようなダンボールにフィルムで固定したような感じに個人でもできる優れものだ。

たしかに緩衝材って結構買いに行くと量が多くてそんなにいらねぇよって思うもんな


しかし宅急便コンパクトの弱点はやはり宅急便よりは安いとはいえ、距離によって値段が変わってしまうことだろう。

他が安すぎる感は否めないが弱点であることには変わりない。

ただそれでも宅急便コンパクトはほかのサービスと違い、大きさに制限があるものの重さには制限がない。

なので大きさの割にめちゃくちゃ重いものでも一応送って構わないということになる。

そんなもんあるんかいな

なんかのウェイトとか……

クソ迷惑すぎるやろそんなもん送るとか……

記事のまとめ

というわけで今回は「レターパックとか宅急便コンパクトとか」をまるっと解説しました。まとめるとこうなります。

  • とりあえず確実に物を送るなら「レターパックプラス」
  • 壊れもの以外で薄いものを送るなら「レターパックライト」
  • 緩衝材をオプションでつけることができる「宅急便コンパクト」

結論:とりあえずレターパックプラスが一番便利!壊れ物なら宅急便コンパクト!


今回解説した中でやはりダントツで便利なのはやはりレターパックプラスだろう。蓋が閉まって4kg以内であればよくて全国一律料金なのはやはりメリットだ。

しかし梱包のことまで考えてくれているのは宅急便コンパクトだ。輸送中に入れ物の中でゴゾゴゾ動いて壊れたりしたら話にならない物ならこちらを優先して使うべきだ。

どちらにせよ日本の運送会社ってすごいなぁという話やな……

本当にな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です