「情弱めっ」LINE@はコチラ!

JREポイントはグリーン券に交換して使え!JREポイントの最も効率の良い溜め方・使い方の話

どーも、ついついグリーン車に課金してしまう男……

顔デカ太郎(@airinybsg)です

JR東日本の上野東京ライン・湘南新宿ライン・東海道線・宇都宮線・高崎線・常磐線・総武快速線・横須賀線においては一部の列車で「グリーン車自由席」が連結されている。

もちろん普通車ではなくグリーン車なので乗車券のほかにグリーン券が必要だが、毎日使うなら別としてたまに使う分には特別高くもない。

しかしながらふつうに買っていたら全くおトクではないし、なんとなく課金に後ろめたさを感じてしまう。

実はグリーン車は必ずしもお金を払わなければ乗れないわけではない。

その数少ないお金を払わずにグリーン車を利用する手段がJREポイントをグリーン券に交換することだ。

今回はこのJREポイントについて解説していこう。そしてグリーン車に乗ろう。

せめてステマにしろよ露骨すぎるわ!!

JRの回し者と呼んでくれ

 

今回の情報弱者
JREポイントを使いこなせていない情弱


JREポイントとは

たまり方が変則的なJR東日本のポイント 

JREポイントとはJR東日本が運営しているポイントサービスで、Suicaを登録してそのSuicaを使ったりポイントカードを掲示することでJREポイントがたまる。 

ただたまるポイントの数は楽天ポイントなどのように100円で1ポイント」とはいかないぞ……

ちょっとややこしいんやな……

まずJREポイントはSuicaを使ってたまる場合とポイントカードを出してたまる場合、そしてその両方が適用される場合の3つが存在する。

基本的にこれらのポイントがたまる時は100円の利用につき1ポイント、そして両方が適用されるときはそれぞれに1ポイントずつ、つまり100円で2ポイントたまることになる。

自販機だと1本1ポイントがたまる

しかしこれが自販機となると話が変わる。

JR東日本管内の自動販売機acureで飲み物を買うと1本につき1ポイントがたまる。というのは語弊があるのだが自販機で200円を超えるドリンクなんてエナジードリンクくらいなので実質1本1ポイントしかたまらない。

しかも駅のNewDaysで買った方が基本的にペットボトルのドリンクは10〜30円安いしな……

まぁでもふつうに買うよりはおトクと……

そして貯まったポイントはもちろん使ったり交換したりするのだが、それを間違えるとかなり損をしてしまう。

JREポイントをそのまま使うと損すぎる

支払いやSuicaチャージで使うのはNG

溜まったJREポイントはもちろん使うことができる。

主な使い方は「店舗でカードを掲示した時に支払いの一部として使う」のと「Suicaの残高としてチャージする」だが……

これはどっちもやってはいけない使い方だ

なんやて!?

溜まったポイントを支払いに使ったり、チャージに使うのはJR西日本のICOCAポイントでもやっていることなので非常に慣れ親しんだ使い方かもしれないがJREポイントに限って言えばこれは使うべきではない。

ポイントの価値を上げることを考える

これら2つのやり方はどちらも還元率が高くないのだ。

先程「自販機でのポイント付与は他よりも若干倍率が下がる」といったが、これは1ポイント得るために必要なコストが他よりも高いために倍率が下がっている。

逆に還元率はポイントをサービスに交換した時に同等のサービスを得る場合にどれだけかかるかを指す値だ。

100円の商品を100ポイントで交換できれば還元率は1%で1ポイントの価値も1円となる。

そしてこの支払いに使うのとSuicaにチャージするのはそれぞれ1ポイントが1円として使われる。つまり還元率は1%だ。

でもまぁそんなもんじゃない?コンビニのポイントもそんなもんやん

そうなんやけどそれよりもっと還元率高いやつがあるから悪いねん……

なんなんそれ

グリーン券に交換するんや

JREポイントグリーン券に交換しよう

グリーン車は距離と利用日で価格が変わる

さて著者がしょっちゅうついつい課金してしまう普通電車のグリーン車だが、これの利用券にポイントを交換すれば1ポイント1円以上の価値でポイントが使える。

普通電車のグリーン車は距離と利用日、そして購入場所によって値段が異なっている。

最も安い休日に事前購入して50km未満を利用する場合の570円と最も高い平日に車内料金で51km以上利用する場合の1240円とでは670円もの差がある。

情弱ペディア
ただしこの「車内料金」というのは買わずに乗るかモバイルスイカなどを使わずに支払う金額なので、そんなことをするのは愚かでしかないので殆どの場合で最も高い料金になるのは980円だよ!

グリーン券との交換で1ポイントの価値が上がる

まぁこのようにグリーン券は場合によって値段が変わるのだがポイントでグリーン券を交換すると値段が違うのかというとそうではない。

グリーン券の交換に必要なポイントは700ポイントで、これをどの距離でもいつでも有効期間内であれば利用可能だ。

1ポイント1円だったなら本来グリーン券を手に入れるには最大で980ポイント必要になるが、JREポイントからの交換でグリーン券を手に入れると700ポイントで済むので非常におトクと言えるだろう。

ただし注意が必要なのが休日の50km未満の利用に関してはふつうに買った方が安いので休日に東京から横浜までグリーン車で、なんて場合などは料金を払おう

ビューカードがあればさらにおトクに

VIEWカード・グリーン車利用券という神商品

タイトルのとおりビューカードを持っていればおトクになるのだが……

それは「ビューカードからならオートチャージが出来てポイントもたまるから」というありきたりな理由ではない!!

な、なんだってー(棒)

JREポイントから交換できるのは何もSuicaのチャージや普通電車グリーン券だけではない。

ほかにもJR東日本グループの運営するホテルの利用権や鉄道博物館の入場券などがあるが、一部グリーン券と同じく1ポイント1円以上の価値になるものもあるがその数は多くない。

しかしビューカードを持っていればという条件が追加されるものの、先ほどの普通電車グリーン券に交換するよりもはるかにおトクにポイントが使える商品もある。

それがVIEWカード・グリーン車利用券」だ。

最大で1ポイントの価値が2円を超えることもある

名称がややこしくて鬱陶しい限りだが、これはビューカードを持っている人限定でJREポイントをJR東日本管内の新幹線・特急・普通電車のグリーン車を利用できるというものだ。

普通電車に限って言えば先ほどのものと同じだが必要ポイント数が全く違うので絶対に使わない方がよい。

しかし新幹線や特急のグリーン車は明らかにこれを使った方がおトクだ

JR東日本の新幹線グリーン車の料金はおよそ100キロごとに値段が設定されており最低でも100キロまでで1030円、最長の東京から新青森までは700キロ以上の区間で5140円となっている。

そもそもの金額が普通電車グリーン車よりもはるかに高いが、交換に必要なポイント数は2000ポイントとそこまで法外なありえない数字でもない。

これも100キロまでの区間で利用してしまうと1ポイントの価値が1円にも満たなくなってしまうので最低でも200キロまでの区間(正規料金で2060円)で使った方がよい。おトクに使うのなら200キロ以上の区間を使うべきだ。

最長の東京から新青森までなら2000ポイントで5140円が浮くんや

1ポイントあたり2円超えてる……

注意
ただし普通電車グリーン車の時も「言われてみれば」そうだったがこのポイントで交換したとしても「乗車券とほかに必要な切符は自分で購入」しなければならないよ!

さすがに2000ポイントでどこまでも新幹線が乗れてしまったらみんなが使うようになっているだろう、今頃

700ポイント、2000ポイントためるには……

普通にしていれば2000ポイントなんてたまらない

さて簡単に2000ポイントでグリーン車に乗れるなんて言ったが……

2000ポイントとか簡単に貯めれるんかよ!?

と思ってほしい。コンビニのポイントカード、貯めるだけでそんなに使わないとしても2000ポイントもたまっているだろうか。

100円で1ポイントたまるとして2000ポイント貯めるのに必要な金額は20万円だ。

Suica決済との併用で100円で2ポイントたまるとしても10万円は必要になる。一体駅のコンビニや施設で10万円以上も使うのはいつ頃になるだろうか。

 

と、落胆させるだけさせておいて解決策を提示するのが著者である。

性格悪いなホンマ

「えきねっと」を使ってJREポイントをためる

JREポイントをためるのはなにも「Suicaを使ったりポイントカードを出す」ことだけではない。

JR東日本のインターネット予約サービス「えきねっと」は独自のポイントをやっており、チケットレス特急券などを予約して利用すると10〜30ポイントがたまる。

そしてこのポイントはJREポイントに交換することができる。

でもそれやったらせいぜい一回の特急とか乗るたびに30ポイントしかたまらんやん。全然解決策になってないやん

誰が1ポイント=1ポイントで交換するなんて言った?

そう、えきねっとのポイントをJREポイントに交換すると1ポイントが2.5倍されるのだ。

情弱ペディア
つまり10ポイントは25ポイントに、30ポイントは70ポイントになってJREポイントとしてたまるよ!!


えきねっとでは利用金額や距離に関係なく一定のポイントが貯まるので帰宅時の特急利用だけでも相当なポイントがたまるだろう。

またチケットレスサービスの一番安い金額は650円で、それによってたまるポイントは70ポイントになるので還元率もこれだけで10%を超えている。

強すぎやなぁ

使わない理由があるとすれば「JR東日本沿線じゃない」「グリーン車ついてない」「新幹線走ってない」くらいだろう
情弱ペディア
「えきねっと」についてもっと知りたい方はコチラ!

「えきねっとチケットレス」を使うなら分割した方が安い?!ユニークすぎる方法を紹介する話

記事のまとめ

というわけで今回は「JREポイントでグリーン車に乗ろう!」ということを書きました。まとめるとこうなります。

  • JREポイントはJR東日本のポイントだ!
  • JREポイントはグリーン券に交換すればおトク!
  • えきねっとを使うことでJREポイントは効率良くたまる! 

結論:グリーン車はいいぞ。


正直いくらおトクって言われてもグリーン車にそこまで興味が湧かへんねよな……

グリーン車はいいぞ

でも着く時間いっしょやん

グリーン車はいいねん

それにお金使うのって無駄じゃない?

グリーン車はいいんやぞ!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です