「情弱めっ」LINE@はコチラ!

ロボアドバイザーってどうなん?老後2000万の件でWelthNaviとTHEOを始めようと思っているならコレを読め!という話

どーも、55歳で死ぬと公言している男……顔デカ太郎(@airinybsgです。

どっかの番組で人間の肉体は55歳で賞味期限を迎えてそこからは屍のように生きるしかないと言われているのを真に受けてこう言っている著者だが、世間では金融庁がもう老後に年金だけで生活するのは無理で2000万円くらいいるよと言って大騒ぎになったりしている。

政府はそれを無かったことにしたが生涯賃金が高くても2億円の日本国民にその10%を老後のために蓄えておけというのは、事実であってもなかなか難しい話だ。

手取りの10%を貯金しろってなったら結構きついやろ

20万手取りあっても2万抜かれるとしたらかなり厳しい生活やな……

そうなるとやはり投資などをして手元の資金を増やすしかないという考えに至るが、投資には危険性もありかえって損をしてしまうことだってある。

そこで最近注目されているのがロボアドバイザーだ。

今回はロボアドバイザーについて解説して「老後のためにやった方がいいのか」どうかまで答えを出そう。

 

今回の情報弱者
投資についてあまり考えてない情弱


ロボアドバイザーとは

AIが自動で投資をしてくれるもの 

ロボアドバイザーとは投資信託の商品の1つ。代表的なものにWelthNavi(ウェルズナビ)」「THEO(テオ)」がある。

通常の投資などであれば自分で投資する銘柄などを選び売買のタイミングまで全てを自分でこなさなければならず初心者には途方も無い労力が必要とされ、またヒューマンエラーによる大損害を被るリスクもあった。

投資信託は投資するジャンルなどを選んで運用自体はプロに任せるものだが、やはりヒューマンエラーの可能性を排除しきれないでいた。

また運用のために証券口座や銀行などに行く必要もあったりしたために「誰もが簡単に挑戦できる」ものではなかった。

これに対してロボアドバイザーは月々の積立が決まっていてあとは投資先のジャンルさえ選んでしまえば完全オートで運用してくれる

AIが運用してるからヒューマンエラーが起こる可能性もないんやね!

運用を始めるために必要な物もスマホアプリさえあればよく初期投資を1万円から始められるものもあり、誰もが簡単に挑戦出来る投資信託商品だ。

預かり資産と口座数がトップの「WelthNavi

てゆーかさっきからWelthNaviとかTHEOとか聞き慣れへん横文字ゆーてはるけどなんなんそれ

AI投資、ロボアドバイザーの商品の1つや

WelthNaviは現在運用されているロボアドバイザー商品の中で預かり資産と口座数がトップの人気商品だ。

特徴としては初期の積立に20万円が必要なこと以外は月々1万円の投資から運用でき、運用する際の目標やリスク許容度の診断によって最適な運用プランをAIが自動で選んでくれて特にやることはない。

運用の結果はスマホアプリから確認でき、このスマホアプリはグッドデザイン賞を受賞している。

グッドデザイン賞ってなんかすごいな、よーわからんけど

まぁ誰にでも使いやすいんや

1万円から始めるプロレベルのおまかせ資産運用【THEO+[テオプラス] docomo】

これに対してTHEOは初期の積立の際に必要なお金が「1万円から」と非常に格安なことが特徴としてあげられる。

いくら誰でも挑戦出来る投資とはいえ「はじめに20万円必要です」と言われたら尻込みする人は多いだろう。

それがTHEOなら1万円からはじめられるのでより「誰でも」簡単にはじめられるようになっている

たしかに1万円からならちょっとの工夫で準備できそうやな

またTHEOはWelthNaviよりも投資の運用先が多くリスクをさらに分散して投資することが出来る。

ロボアドバイザーのメリットはAIによるミスのない分散投資なので投資先が多ければ多いほどその中からよりリスクの低いもの、あるいはリターンの高いものを選ぶことができる。

リスクが低くてリターンの高いものはないからな。どっちかを選ぶしかないけど選択肢が多いとその内容も充実するんや

いろんなとこで名前みるけどどこでやっても一緒なん?

ロボアドバイザー、特にWelthNaviとTHEOはさまざまな銀行や証券会社、さらには全く関係ない業種の企業ともコラボしておりその度に名前がちょくちょく変化していたりするのでややこしいが「基本的に中身は同じなのでどこでやってもいっしょ」と思ってほしい。

銀行や証券会社でWelthNaviやTHEOのサービスをはじめるとさまざまな特典がついたりするが、公式のアプリが使えなかったり公式で行われているキャンペーンからは対象外だったりとメリットデメリットが混在している。

情弱ペディア
ただWelthNaviをしようと思ってもし「SBI住信ネット銀行」の口座を持っているならそこを経由して利用した方がおトクになる場合がある。

しかしおトクになる条件は100万円以上積み立てているなどなかなか厳しいものがある

恋人に「将来のこと考えてる?」って言われたら「SBIだから大丈夫」って言い返してやれ!SBI住信ネット銀行で将来のことは任せようという話

またTHEOはdocomoと提携しているプランがあり、これならばdポイントを使ったりdカードから投資ができたりと特典が多い。他にもdポイントが貯まったりとdocomoユーザーならTHEOを選ぶ価値はある。

ロボアドバイザーのリスク、勘違いしてはいけないこと

ロボアドバイザーとて投資である以上リスクが必ず伴う

掛け金(元本)よりも少なくなってしまう可能性だってある。それは最低限理解しておかなければならない。

また投資信託全体に言えることだが10年単位で長い年月をかけて資産を増やしていくので一時的な値下がりの影響で資産が目減りしているように見えることはよくある。

もちろんロスカット、これ以上損をしないためにそこで取引をやめてしまうこともできるがそれではその時点で損が確定してしまう。

長い目線で資産を増やすことには我慢が必要だ、それができないのであれば投資をするべきではないと思う


そしてWelthNaviとTHEOはどちらも手数料として資産の1%がとられてしまう。これは資産が増えていようが減っていようが関係なく手元の資産に対して1%が徴収されるので尚更、短期間で投資をやめてしまうと取られた手数料分で余計に損をする。

ロボアドバイザーは自分で操作する必要がないのでできればどれだけ儲かっているかをこまめに確認しない方がいいかもしれない。

記事のまとめ

というわけで今回は「ロボアドバイザーってなんぞや」ということを解説しました!まとめるとこうなります。

  • ロボアドバイザーとはAIが投資を運用してくれるもの!
  • WelthNaviは口座数と預かり資産がトップだが、はじめに20万円が必要だ!
  • THEOは1万円から始められるうえ、投資の運用先が多い!
  • いくらロボアドバイザーとて、投資にはリスクが伴う!

結論:若者とdocomoユーザーはTHEO、余裕のある人はWelthNaviで決まり


THEOの方がどう考えてもとっつきやすい。WelthNaviが預かり資産で1位だったとしてもそれはTHEOの20倍必要なだけでそりゃそうだろうと言った感じだ。

大きいお金で投資始めて、もし損が出たらメンタル的につらいしな

初心者は少額からやった方がええわな


今回の関連記事はコチラ!

ぜひ読んでね!

恋人に「将来のこと考えてる?」って言われたら「SBIだから大丈夫」って言い返してやれ!SBI住信ネット銀行で将来のことは任せようという話 年金は払うべき?大学生だからこそ知っておくべき将来のことと年金の話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です