「情弱めっ」LINE@はコチラ!

調子に乗ってMac買うくらいならパソコンはWindowsにした方が良いという話

どーも、大学のカバンはなるべく軽くしたい男……顔デカ太郎です。

この記事は特に用もないのにMacbookシリーズを買って、その性能や特性を使いこなせていない

そう今スタバでMac使ってYouTube見てるお前だああああああ!!

そんなやつに向けた記事である。


少し前からなぜか用もないのにMacbookを大学で使う学生が増えている。

なんで用もないん?

Macなんか基本的にレポート書くくらいしかPC使わない文系学部生には無用の長物なんや……

というかそもそも著者はMacbookなんか高いだけで性能悪いんだからMac使うなら他のにすればいいのにと思っているので、今回は「いたずらにMacBookを買うバカを見かけたら心の中で指をさして笑ってやれ」という解説をしよう。


Macってそもそもなんぞや

一般的に「Mac」とは、Appleが製造するOSX搭載のPC全般のことを指す。

ラインナップとしてはノートパソコンのMacbook、モニター一体型のiMac、そして独立型のMacminiMacProがある。

情弱ペディア
ちなみにMacとはりんごの品種「McIntosh」からきており、そもそもMacの正式な名前はこのMacintosh(マッキントッシュ)だ

とりあえずAppleが売ってるPCはMacという風に思っていればいい

Macには得意な分野があり「デザイン・音楽・映像表現」のユーザーにはいまだに重宝されるマシンだ。

それ以外にもMacは設計思想に「ユーザーの使い勝手を重視する」というものがあるが、実際使いやすいかと言われればそうでもないのが問題だ。

PCにおける母国語はWindows

著者の個人的偏見で大変申し訳ないのだが、自分専用の新品のPCを買うのは大学に入学する時という人が多いと思う。

はっきり言ってそれまでの人生で自分のPCがなければ困る状況はそこまで多くない。

だが大学は違う

大学でPCなしで生活することはできない、PCは大学生活の生産性を高める点において欠かせないアイテムだ。

ただいくらなんでも大学生になるまでほとんど、一切と言っていいほどPCを触れずに生活してきました……なんて原始人はもはや存在しないだろう。

自分のPCを持つ前から何かしらPC存在を感じて生活はしてきたはずだ。そして、そのベースにあるのはMacではなくWindowsなのだ。


例えば我々日本人は英語を覚えることが苦手だ。それは我々がベースとして「日本語」という別の言語を持っているからに他ならない。

Macを買うと、この英語と同じ問題がおきる

Windowsという母国語、最初に基礎となる言語がある時点で、外国語にあたるMacは馴染むことが難しいのだ。

詳しいところをあげると、Macには初期設定でWindowsで言う所の右クリックがない。設定で副ボタンを使用出来るようにしなければ、マウスのどこを押そうが左クリックと同じことしかできない。というかこれが本当にMacを使い始めてまず引っかかるトラップだ。

当たり前だが、本当にMacWindowsは別のものだWindowsに慣れ親しんだ人は、そもそもこの「違い」を覚えることに多大なる苦労を要する。

もっと言えば、著者は27万したiMacを「使いにくいから」という理由で1ヶ月で実家の倉庫へ送ったぞ


Macの優れたユーザビリティへの配慮は、必ずしも大学生への優しい対応ではない。

慣れれば非常に使いやすいマシンであることは一切否定する余地のない事実だが、馴染みやすいか否かという問いにはWindows機の方が優れている場合が多いのだ。

ユーザビリティとは?
ユーザーからの使い勝手のこと。操作性とも言う

ちなみにWindowsが多く使われている理由は様々あるが、色々な価格帯で製品があるのも大きく寄与しているだろう。そしてそれもWindowsを作るmicrosoftの戦略だったのか、ほかのOSを使いにくくしている原因だ。

つまりユーザー自身に罪はないし、メーカーも戦略だから一概に批判もできない。

難しいところだ。

そもそも論、Macのパワーを使いこなせない

Macはユーザビリティへの配慮が非常に高い製品だが、それと同時に相応の価格で販売されている商品だ。言ってしまえばシンプルに価格が高い。

高級な製品といえば聞こえはよいが正直に言えば大学で使う程度のこと、特にレポートを作るとかYouTubeを見るごときのことにMacのパワーは一切必要ない。

それよりもコスパが優れた、またはボディに使いやすさという思想を反映させたマシンを使うべきなのだ。

Apple製品は保障も高い

さらに言えば、故障した場合のフォローは明らかにWindowsPCを発売するVAIOの方が優れている。

もちろん有料の補償だが、VAIOはほとんどの故障を何があっても無料で対応してくれて且つ対応も速いし、自宅に取りに来て自宅に送り返してくれる。

実際、著者も2回ほどお世話になったぞ

有償だと実質PCを買い直せるレベルの金額だったので、非常に助かった覚えがある。


しかしApple製品はほとんどが、このように有償の補償に入っていても1回1回の修理サービスには費用が別途必要だ。その額も決して安くはない。

そのため壊れた際のことを考えるとMacは非常にランニングコストが高くなる。つまりトータルのコストが上昇することを考えると、ただでさえ価格の高いMacの費用を回収することは非常に難易度が高いのだ。

記事のまとめ

というわけで今回は「大学生にMacはオススメできない!」ということを解説しました。まとめるとこうなります。

  • PCにおける母国語はWindowsなのでMacは馴染みにくい!
  • 大学生活に使う程度のことにMacのスペックは必要ない!
  • Macはシンプルに価格が高い!


Macbookは大学生の中で人気機種であるが、その人気は「便利だから」というよりも「Macを持っている自分が好きだから」という理由ではないだろうか。

PCを買うことは安い買い物ではない。そのPCで一体何がしたいのか、よく考えてほしいと思う。

あくまでもPCは道具なのだから

Macはどういう人には良いのか

というわけで大学生にMacはオススメできないという記事だったわけだが、逆にどういった人ならMacは良いのだろうか。

著者が今まで見てきた中で「どうしてもMacでなければならない」と思った使い方はたった一つしかない。

それはiPhoneなどのiOSアプリを製作することがある人だけだ。

あれは確かにMacがないと制作環境が一切構築できないから致し方ない。今は大学の学科や授業でそういったものもあるから、アプリ作るからMacが欲しいと考えるのであれば是非買うべきだと思う。

そういう人は、実質Macを使う以外の選択肢がない

バイトして買え、Macが欲しけりゃ

正直に言ってMacは持ってたところで扱いに困る場面が多いだろう。

なお一般的な文系大学生の話だ。もちろんMacでなければ困る学生もいるだろうが、そういった場合は非常に稀だしそんな学生はこのサイトをそもそも見ない。

Macは普通の大学生には手に余る代物だ

それでもカフェのテラス席で調子に乗ってMacでYouTubeを見たい、使いこなせもしない無駄に高い製品だがカッコイイからMacが欲しいと考えるのであれば、頑張ってバイトして買えばいいと思う。


てゆーかYouTube見るならiPadの方がええわ絶対

この記事もiPadで書いてるもんなー

2 Comments

アバター Mashi

確かに,Macはパソコンとしては全体的に高価な部類に入る上に,
世間的にはWindowsが一般的で、Windowsにのみ対応しているソフトも多いので
Macユーザである私もそんなに強くは推していません。

しかし,私としてはiOSアプリを開発する人以外に
Macを選ぶべき人のタイプが2つ存在するのではないかと存じ上げます。

1つ目はPythonやJavaなどのプログラミング言語を用いて開発をする人です。
文系学部生でこれに該当する人は少ないというかまずいないでしょう。
しかし,MacはもともとUNIX系OSがベースなのでターミナルを駆使した操作が
非常に行いやすいです。このため,PythonやJavaなどの開発環境を整えやすく,
後からパッケージやライブラリを追加することも意外と簡単です。
これについてはWindowsの方が簡単だという方もいらっしゃるようで、
確かにウィザードに従って進めればWindowsの方が簡単ではあるのですが、
設定画面をよく読まずに進めると取り返しのつかないことにもなるほか、
後からパッケージやライブラリを追加するのが意外と大変なので推奨しません。
また、Windowsのコマンドプロンプトはあまり使いやすくはないです。
さらに、Windows 10 Homeの場合はOSの設定に気をつけていないと
勝手にWindows Updateで再起動がかかり、作業が止まる可能性もあります。
(Windows 10 Proは勝手にアップデートさせないように設定できます)
Macは「アップデートしますか?」と聞いてきて自分が「Yes」を押すまでは
何もしないので、作業が止まる可能性がWindowsと比較して低いです。

2つ目はiPhoneを持っている人です。
正直、せっかくiPhone持っているのにPCがWindowsなのは非常に勿体無いです。
iPhoneの魅力の6割以上をドブに捨てているようなものです。
なぜここまで言うかというと、MacならiPhoneと同期できるからです。
Windowsでもバックアップは取れるのですが、バックアップを取る際には
いちいちケーブルでパソコンと繋げなければならず、面倒臭いと感じて
バックアップを疎かにし、いざデータが飛んだら泣き寝入りというケースが
起こり得ます。Macなら同一ネットワーク内にあれば写真や音楽が自動的に
同期されMacでも見られるので、バックアップが非常に楽です。
他にもAirDrop(Mac・iOS端末間やiOS端末同士間でのファイルの送受信)や
Handoff(SafariやメールなどのApple製アプリで,iPhoneでやりかけの作業の続きを
Macで出来る)などの素晴らしい機能が使えますので、
iPhoneユーザの方は是非ともMacを選んでみてはいかがでしょうか。

返信する
アバター 顔デカ太郎

いつもこめんとありがとうございます。

この記事で扱う「MacbookよりもWindowsPCを買うべき人」というのはMacbookのポテンシャルを生かしきれない人です。はじめに書いているとおり、スタバでYouTubeをみたりツイッターをやるだけならiPadかiPhoneで十分です。

またiPhoneの同期をいまさらPCでとっている人を著者には理解できません。なぜWi-Fiと電源につないでいれば自動でやってくれるiCloudを利用しないのでしょう。復元するときも操作がiPhoneのみで完結します。そのうえで著者はかねてより「撮った写真を一度でも見返すのか」と思っています。わざわざ撮った写真をPCで表示する人間が一体どれだけいるのか。またハンズオフもiPhoneからPCへ作業を移行する人がどれだけいるのか。そしてそれはこの記事で扱っている「スタバでYouTubeを観たりツイッターをするのにMacbookを使う人」がやっているのか。

答えはNOです。ありえません。そんなにリテラシー高くないでしょう。もう一度記事を読んでください、貴方様の意見は痛いほどわかりますがこの記事には不適当です。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です