「情弱めっ」LINE@はコチラ!

スカイマークって実は最高なのでは?フォワードシートに1000円は安すぎるという話

どーも、かれこれ数カ月は新幹線に乗っていない男……顔デカ太郎(@airinybsg)です。

というか前に乗ったのは確か3月だったと思われる。その前は本当にいつだっただろう。前の大学に通っていた時は通学に使っていたくらいなのに、鉄道オタクとしてなんたるていたらくか。

とはいいつつここ数カ月どこにも全く行っていないのかというとそんなことはない。実家にも二度、大阪にも三度行った。さてどのようにして行ったのか。

いやまぁ飛行機しかないのですけれども

当たり前の回答すぎた


新幹線はもちろん高いが飛行機は定価で買おうものならもっと高い

安い飛行機もあるにはあるものの、関西へ行くには全て関西空港へ就航しているため神戸からはかなり遠くてそこまで行くための費用でおそらく安くした航空券代が吹き飛んでしまう。

そんな時に関西には伊丹、関空と神戸の3つの空港がある。この中で最も存在感の薄い神戸空港だが実は去年の空港全体での搭乗率は8割を超えるなど結構利用している人はいる空港なのだ。

存在感は薄いが

なんでそんなに神戸空港いじめるんや!

神戸空港を拠点にしている航空会社が今回の記事のテーマであるスカイマークだ。

ANAでもない、JALでもない、LCCですらない、一度は潰れた中堅航空会社「スカイマーク」が実はめっちゃいいんやでってことを熱く解説しよう。

 

今回の情報弱者
スカイマークの素晴らしさを知らない情弱


スカイマークって

ANAでもJALでもLCCでもない航空会社

スカイマークは現在神戸空港を拠点に羽田・新千歳・那覇などへ路線を持つ中堅航空会社。もともとはHISなどの出資によって航空規制緩和とともに立ち上げられた会社だ。

航空規制緩和ってどういうこと?

そもそも日本の空はANAかJALしか運行できへんかったんや

スカイマークではサービスを簡素にすることで低価格運賃を実現している。

ただそのサービスを簡素化といってもLCCのように受託手荷物を全て有料にしたりしているわけではなく、フリードリンクの提供がないくらいである。

まぁ飛行機のドリンクってよく寝てたら飲みそびれるからなくても全然いいけどな

座席指定も可能で受託手荷物も大手航空会社と同じ水準で可能だ。

機体によるバラつきがない航空会社

シートの感覚もたしかに新幹線よりは狭いがLCCほど窮屈に感じることもなく標準的で、むしろほぼ全ての機材で座席の下か前の座席の足元に電源が備わっているのでここは大手航空会社やLCCよりもアドバンテージになっている。

最近導入した機材では前の座席の後頭部にタブレットホルダーが備わっていて、iPadなどを取り付けることができる。

長距離の飛行では地味に便利なオプションやな

またスカイマークは経営破綻後機材の統一を行い、現在は全ての機体がボーイングの737ー800型を使用している。このため大手航空会社であるような新しい機体と古い機体で機内設備の差がデカすぎると言ったことがほとんど起きない。

シートも比較的新しいものに取り替えられているので搭乗してから残念な思いをすることもない。

特にANA系列やと機体の新しさで雰囲気から何から違うからなぁ……ANAウィングスの機材とか結構ボロいこと多いし、プレミアムクラスなんかは本当に新しい席と古い席で快適さが全然違うんや

そりゃ誰でも新しいのに乗りたいよな

国際線をやりたがっている航空会社

近頃では成田空港からサイパンへチャーター便を飛ばしている。

これはHISなどのツアー専用であり飛行機だけを利用することはできないが機内食も出るらしく評判は上々だ。

かねてよりスカイマークは国際線をやりたがっている。そのためにエアバスA380なんていう大型旅客機を発注したりしていたのだが、それが一因にもなって経営が傾いたわけだが今では737ー800型で届く範囲の国際線を飛ばそうと努力している。

なんで大型旅客機なんか買ったん?

日本では導入してるところが無くて話題になるやろうし、あとはスカイマークが使ってる飛行機では韓国とか中国ぐらいの近距離国際線しか航続距離的に飛ばされへんけどA380ぐらい大きかったら長距離路線でも飛ばせるんや。実際スカイマークのA380を支援がわりに買い取ったとされてるANAは今年からハワイ路線に就航させてるしな

拠点にしている神戸空港は今後規制を緩和させて離発着回数を増やし、国際線も就航可能なようにしようとしているためスカイマークが神戸空港から国際線を飛ばす日がくるかもしれない。

スカイマークが就航している路線

スカイマークは神戸空港を中心に羽田、新千歳、那覇、鹿児島、長崎、仙台、茨城と神戸空港からの路線はないが福岡、中部、奄美大島へとそれぞれ就航している。

茨城空港では唯一の国内線を、長崎空港へは羽田空港から神戸空港を経由する国内では唯一の事例を持っている。国内線で経由便を運行するのはかなり稀だ。

経由するとメリットがあるの?

一応長崎空港から羽田空港までの路線を持ってるってアピールできるんや。羽田空港への路線はただでさえ儲かるからな。でも長崎空港から直行便を出しても搭乗率があんまり高くならん可能性があるから、確実に搭乗率を稼げる神戸空港に経由させて飛ばした方が効率的なんや。それに羽田空港の発着枠は限られているから搭乗率を低くするわけにいかんのや

スカイマークが一度は経営が傾いたものの短時間で復活できたのには路線によるものが大きい。たしかにANAなどからの支援は大きかったものの、やはり羽田空港に発着枠を持っていたことが大きい。

特に神戸羽田線には伊丹や関西空港と違った需要が常にあり搭乗率も上々だ。朝晩はANA便も同じ路線を運行しているものの、日中はスカイマークのみになるため利用者を独占できる。

神戸空港から東京に行くにはスカイマークを選ぶしかなかったら自然と搭乗率も伸びるよな

スカイマークのここが良すぎる

定時運行性がとにかく高いこと

スカイマークの良いところはなんといっても定時運行率二年連続一位に裏付けられる時間正確性だ。

新幹線がとにかく時間に正確なのに対して、色々な条件で遅れやすい飛行機は時間にシビアな人には避けられやすい。

しかしスカイマークは経営破綻前、定時運行率が8割を切る勢いで遅れまくった挙句にサービスも雑といいこと無しで「安かろう悪かろう」と言われたい放題だったのを払拭するために現在では9割以上の便で15分以上の遅れが発生していない。

著者が乗った便も定刻通りに出発したわ

時間通り出てくれるんは嬉しいなぁ

いつ買っても運賃が高いこと

スカイマークの運賃はいつ買っても安い。

新幹線と競合している路線が多いため新幹線よりもかなり安く、だいたい新幹線の最安値とほぼ同水準になっている。

ただいくらなんでも盆休みなどの繁忙期には値段も少々上がるが、それでも空席がある程度あるのが良いところ

ANAで同じ路線だと満席か値段が通常期の2倍近くしたり、LCCなら運賃だけで新幹線並みの運賃がかかる時期でもスカイマークならさほど値段の差が大きくならない。

飛行機自体が小型なため搭乗に時間を要することもない。一度に乗る人数も多くないので空港のカウンターもあまり混み合うことがなく手荷物を預けるにしてもそこまで並ばずに済ますことができる。

預けた荷物を受け取る時も全体的にスカイマークを利用する乗客の荷物はANAなどに比べて数が多くないために時間がかからない。特に神戸空港などの規模が小さい空港ではその傾向が強い。

ネスレのコーヒーやキットカットがもらえること

また一部の路線ではネスレのコーヒーが無料で提供される。これがない路線でもキットカットが1つ配られるため口元が寂しくなることはない。

それでも何か飲みたいとなれば、機内販売のドリンクを購入するといい。

え、高そう

いやむしろ外でジュース買うよりは安いで。ほとんどの商品が100円や

これを目当てに空港の自販機でジュースを買わずに、乗ってから買うビジネスマンなどをよく見かける。

いろいろスカイマークの良いところがある中で著者が地味に気に入っているサービスがある。それが「フォワードシート」だ。

フォワードシートってなんぞや

フォワードシートは通常の運賃に加えて1000円を支払うことで機体最前列座席を利用でき、他にもワンドリンクが無料になったり預けた荷物を優先的に返却される。

マイレージ制度など各種会員制度を一切導入していないスカイマークでこのフォワードシートを利用する乗客と乳幼児を連れた乗客のみが優先搭乗を利用できたりとメリットは多い。

しかしJALのクラスJのようにシートが専用の少しゆったりしたものになるわけではなく、ただ最前列の席に変わるだけなのが人によっては難点かもしれない。

とは言ってもその最前列の座席は身長175cmの比較的高身長な著者が脚を前に突き出しても窮屈にならない、新幹線のグリーン車と同じくらいの感覚があるため十分な価値がある。

またこのフォワードシートは空港のカウンターでのみ変更が可能なため基本的に当日空港に行くまで空席状況がわからない。その分フォワードシートを利用する乗客はかなり少ないので空席であることが多く、隣に誰も来て欲しくない人にはオススメだ。

著者はマジでとなりに誰かいるだけで気が散るからすごく助かる

あくまで最前列の席が利用できるというのがメインなのでANAのプレミアムクラスを利用するときのようにCAがものすごく特別扱いしてくれはしないので、それでサービスが低いとか馬鹿げたことをいうのだけはやめよう。

スカイマークのここが残念

iPhoneなどで使えるPassbookが弱い

ここまで褒めてもやはり残念なところがあるのがスカイマークだ。

著者が一番気になるところがPassbook(パスブック)の使い方だ。

情弱ペディア
Passbook(パスブック)とは、iPhoneなどアップル製品に備わっている機能でクーポンや飛行機の搭乗券などを保存できる。この機能は全ての航空会社が対応しているわけではなく国内ではANA系列とJALにスカイマークとLCCではジェットスターだけ。使い方はApple Payで支払う時と同じようにWalletアプリを起動して搭乗券を表示するだけで良いのが使いやすい。

基本的にANAやジェットスターなどPassbookに対応している航空会社はiPhoneに搭乗券を追加するのとチェックインの作業が連動していて、Passbookを利用して受託手荷物がないのなら空港で航空会社のカウンターを通る必要がない。

しかしスカイマークではPassbookに登録されているのは航空券ではない。

そのためスカイマークを利用する場合はPassbookを利用しても空港のチェックインカウンターで搭乗券を受け取らなければならない。正直言って紙の搭乗券など邪魔でしかなく受け取ってから無くしかねないのでない方が良いに越したことがない。

わざわざPassbookに対応させているのであればチェックインと連動させてほしいものだ

なんでマイレージ制度がないんだよぉ……

そしてスカイマークは立場上、LCCではない中堅航空会社なのだが路線の規模でいえばJALやANAに次ぐレベルだ。

2020年には念願の再上場を果たすのではないかとまで言われている。ANAとJAL以外で上場している国内にある航空会社は現状スターフライヤーのみだ。

しかしそんなスターフライヤーにもあり、ANAやJALには当たり前のように存在する「マイレージ制度」がスカイマークにはない。路線や運行本数ではスターフライヤーを上回る規模でリピート率もかなり高いにもかかわらず。

正直言って著者もあとはマイレージ制度さえあればもっと使うのにと常々思っている


特にスカイマークが拠点にしている神戸空港は航空会社のラウンジがないため、ぜひスカイマークにはマイレージ制度を導入してラウンジを作ってほしいものだ。絶対に使うので。あと成田にもう一度就航してください。

お願いしまスゥ

個人的な願望を書き連ねる顔デカ太郎先生さすがっす

あとは羽田空港のスポットが結構端のほうにあるため移動に時間がかかるのがたまにキズだろう。ただこればかりはどうしようもない。

記事のまとめ

というわけで今回は「スカイマークは素晴らしい!」ということを解説しました!まとめるとこうなります。

  1. スカイマークはいつ買っても安くて「定時運行率」が高い!
  2. 隣に人が来るのが嫌なら「フォワードシート」がおすすめ!
  3. あとは「マイレージ制度」を導入してくださいお願いしまスゥ!

結論:これからのスカイマークは超期待できる。


シンプルなサービスと時間に正確な航空会社はやはり素晴らしい。

結局のところ羽田に路線を持っているだけでは復活することなどできない。それ以外にもお金をかけずにできる努力である定時運行率の向上やフォワードシートを設定したりと経営状態を改善させるために頑張ってきた結果が今のスカイマークだ。

フォワードシート自体は結構前からあったんやけどな

ここでいらん情報を挟んでくる顔デカ太郎先生

本当に神戸空港の発着枠が増えればさらに便利になることが予想されるスカイマークにこれからも注目だ。


今回の関連記事はコチラ!

ぜひ読んでね!

コードシェア便ってなんやねん!?あんまり知らない飛行機の常識を解説する話 JALスカイメイトを使ってみた!通常の半額で飛行機に乗れる?当日だから使える方法を解説した話 機内モードってする必要ある?法律で決まってるの?飛行機で機内モードにする意味を解説する話 東京大阪の移動に飛行機だけは使っちゃダメ!その理由を解説する話  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です