「情弱めっ」LINE@はコチラ!

ノマドワーカー必見!作業におすすめなチェーンのカフェ・ファミレスを特集した話

どーも、半年前にも朝活をしようとして失敗して現在も失敗し続けている男……顔デカ太郎(@airinybsg)です。

朝弱いなぁ……

ついつい寝てしまうんやなぁ

朝活をする理由としては飲食店のモーニングメニューが食べたいからなのだが、著者の悪い癖で「別に食べんくてもええやん」と思ってしまってそのまま惰眠を貪るのだ。

先日に至っては相方に朝一で用事があるから電話をかけてでも起こせと言って、相方は4度も電話をよこしたにも関わらず著者はガンシカト。

挙げ句の果てにアラームで音楽が流れ始めて、曲が最後まで行ったところでようやく起きるというウルトラ朝弱男なのだ。


そんな著者だがこのブログの記事を含めて色々な作業をするときに家以外の場所でもやる時がある。

街中でMacBookを広げている人のような感じで著者はiPadをカタカタしているのだ!

あ、はい

しかし街中でMacBookを広げている人の多くの画面に写っているのはYouTubeかツイッターなので何か作業をしているわけではない。だからあんな騒音まみれの空間でも気にせずいられるのだ。

逆に気になるのが騒音が少なくて作業に集中しやすいカフェやレストランなんて存在するのか。家で作業がやりにくい人にとってその存在は不可欠と言っていいが……

ふつうに考えてカフェはそもそも作業をするための場所ではないのだからそんな場所あるわけないのだ

やばい、冒頭で話の腰を全力で折りにきた

それでも比較的(あくまで比較的である)「作業がしやすいカフェやレストラン」を紹介しよう。

 

今回の情報弱者
お気に入りの作業用スペースを見つけていない情弱


コンセントがある店は危険だ

コンセントが使えない上に大混雑のリスクも

作業をする空間にコンセントは必須、とか思ってたら大間違いだ。

需要の問題を考えて欲しい。スマホやらなんやら色々充電したい人々で溢れている世の中なのにコンセントがある落ち着いたカフェなんて誰もが行きたいに決まっている。

コンセントのあるお店だけを検索するサイトすらある世の中なのだ

それに全席にコンセントがあることはあまりに稀で、それこそそんなお店は人気になっているのだが、一部の席にしかコンセントが設置されていないことが多い。

コンセントが目的で来店してPCやスマホの充電をしながら作業しようとしたのにコンセント席が空いておらず、しかもその席が埋まっている時点である程度混雑しているのだから雑音騒音の嵐に揉まれるだろう。

まったく集中できそうにないな……

立地が良い人気店・住宅街の主婦ばっか店はダメ

需要の問題から考えるなら雑誌やテレビに紹介されたことのあるようなお店は論外だ。

単純に人気店は人が集まりやすく、店側としても回転率が下がることしかないノマドワーカーを快く思うはずがないので最悪店から追い出されかねない。

情弱ペディア
ノマドワーカーとはパソコンなどを使ってカフェで作業する人々を指す和製英語。ノマドは英語で遊牧民の意味だ。

基本的に長居する客は店にとって利益の低い邪魔な客なんや。リピーターですらない低単価客は特にな

またお店の立地は非常に重要な条件になる。というのも立地は「良すぎてもダメ」で「悪すぎてもダメ」なのだ。

駅前が混むのは当然だが郊外の住宅街なども主婦の滞在率が高すぎて以外と混雑している上に主婦の主目的は井戸端会議で静寂とは程遠い。

おばちゃんの会話ってうるさいよなぁ

以上のように「とにかく混まなくて静かな場所」にあるカフェやファミレスを選ぶのが合理的だ。

チェーン店で混まないカフェはどこにある?

タリーズは微妙な立地の店舗が多くておすすめ!

大手カフェチェーンといえばスターバックス、タリーズ、ドトール、ベローチェなどがあるがもし仮に同じ駅の周辺にこの4店があるとすればあげた順に店が混んで行くだろう。

もちろんベローチェが改札の前にあれば話は別だが、少なくともスタバは無条件でよく混むので避けるべきだ。

個人的にはタリーズの立地はどこも「なんでここに出店した?」と疑問に思うのだ。

立地抜群のところにばかり出店しているスタバに比べて少し人通りが微妙だったり、競合他社はたしかにいないけれどもかなり寂れた商業施設だったりと「これで儲かるのかなぁ」心配になるレベルだ。

おかげでノマドワーカーとしては周りに人もいなくて大変助かる限りなのだが

京都駅八条口前にあるアバンティ1階のタリーズは最高

例えば京都駅八条口前にあるアバンティという商業施設は抜群な立地にもかかわらずめちゃくちゃ空いている。

お陰でそこの1階にあるタリーズは土日は流石に混んでいることもあるが、オフシーズンの平日などは外国人客しかいないなんてことがざらにある。

えらい詳しいなぁ

前の大学の頃によく行ってたからな。オープンの日から行ってた

ガチ勢やんけ

このアバンティが混まないのは京都駅の立地が問題だ。京都駅は京都の観光地の外れの外れにあるので、その観光地がほとんどない八条口側にはあまり人も来ないのだ。

渋谷駅の新南口、新宿駅のバスタ新宿側もいいかんじ

同じことが渋谷駅の新南口、新宿駅のバスタ新宿側でも言える。

情弱ペディア
渋谷駅の新南口は来年くらいに湘南新宿ラインのホームが移設されると無くなってしまう。

渋谷駅の新南口は使ってみるとわかるが渋谷のイメージとはかけ離れた場所にある。というか駅前にはコンビニがあるくらいでほかの山手線の駅と比べても栄えていなさすぎる。

そういったターミナル駅や規模の大きい駅のあまり栄えていない改札の近くにあるカフェやお店は混んでいないことが多いのだ。

そんなとこに出店してお店は儲かるんやろうか?

逆に競合他社がほとんど出店することないし、一度その場に根付けば安泰やから1軒くらいはあるで

ファミレスのドリンクバーは必須なのか?

一見費用対効果が最高なように思えるドリンクバー

長時間のお供に最適と思われるドリンクバー。それらがよく設置されているファミレスは一見ノマドワークには最適のように思ってしまう。

しかしそれは間違いなのである

いつまでもかぐや様ネタを引っ張る顔デカ太郎先生

ドリンクバーはたしかに安価で特に時間制限もなく利用でき、自分で取りに行くためにお店の従業員の目線を気にする必要もない。

しかしこの自分で取りに行く必要があること自体が問題なのである

どれだけ自分の席からドリンクバーコーナーが近かろうとも席を立たねばならない時点で集中が切れてしまう。

それにドリンクをどれだけ飲んでもいいというのはやはり健康的とは言えず、飲めば飲むほどトイレが近くなってしまいそれも加味すればとてもじゃないが集中できる空間ではない。

テーブルも作業をするという面では不十分だ

ファミレスのテーブルにも問題がある。

ファミレスのテーブルや椅子はほとんどの場合において長時間座ることを考慮していない。お尻が疲れるとはよくいうがもっと重要なのは腕や肩の筋肉だ。食事のしやすいテーブルと作業のしやすいテーブルは全く違う。

食器と口の距離が食事のしやすいテーブルは近いのだ。それはテーブルの面が高いことを意味し、パソコンなどをそこに置いて腕もそこへ添えるとなるとものすごく疲れるのは必至だ。

何よりファミレスは静かではない。ロイホくらいではないだろうか、静かなファミレスは

注意
ロイホですら繁忙期は静かではない。

記事のまとめ

というわけで今回は「集中できるファミレスやカフェ」を紹介しました!まとめるとこうなります。

  1. コンセントのある店や人気店、好立地の店は混雑してるから論外
  2. 渋谷駅の新南口、新宿駅のバスタ新宿側は空いてるカフェが多い!
  3. カフェならタリーズ、ファミレスならロイヤルホストがおすすめ!

結論:一部店舗のみに設置してあるカフェラテ飲み放題のミスドが最強。


ドーナツの全国チェーン店であるミスタードーナツには一部の店舗でカフェラテやコーヒー、紅茶が飲み放題のところがある。これがコスパ抜群なのだ。

え、ファミレスとかはあかんって散々言ってたやん

いやそれがミスドだけは例外なんや……

ミスドは実は最近ものすごく空いている。立地が良い店舗が多い割になぜか持ち帰り客が多くて店内で飲食する客が少ないようだ。

ただ難点なのがこのマシンが設置されている店舗が少ないことだ。知っている限り3店舗しかない。ミスドがフードコートに多く出店しているせいもあるが。

早く増やしてクレェ


今回の関連記事はコチラ!

ぜひ読んでね!

どこが一番美味しいの!?ファミレスドリンクバー最強決定戦!の話 朝食バイキングならここ!!珍しいファミレス朝ごはんを紹介する話 食べログとぐるなびは信用するな!?「Googleローカルガイド」を使って外食しようという話 元マクドナルド店員が教える!マクドのお得な裏技5つを紹介する話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です