「情弱めっ」LINE@はコチラ!

【注意喚起】ハローサイクルはクソ!?シェアサイクルはドコモが最強っていう話

どーも、自転車がないと一気に行動力が落ちるややこしい男……顔デカ太郎(@airinybsg)です。

自家用車よりも自転車や公共交通機関を使うことが推奨される世の中。

しかし電車は乗るたびに運賃がかかってしまって、一回あたりは高額ではないが高頻度で使うとやはり家計に優しいものではない。

そして駅やバス停は必ずしも移動したい区間を走行しているわけではなかったり、本数が微妙だったりと自分ではどうにもできない部分で融通が利きにくい。

たしかに目的地が駅から遠い事って多いよなぁ

東京とか大阪やったら、地下鉄の駅からは近いけど路線が不便で歩いた方が早いこともあるからな


そんな時に便利なのがシェアサイクルだ。

シェアサイクルはレンタサイクルと同じようなものだと思ってくれればいい

特徴は道端のラックに設置してある自転車を事前に会員登録さえしていれば、特に手続きをする必要もなくすぐに借りられることだ。

今回はそんな使っている人はすでに使っているシェアサイクルを比較的広範囲で展開している「2つのサービス」を中心に解説しよう。

 

今回の情報弱者
ハローサイクリングを使って途方にくれる情弱


大規模シェアサイクルサービスを展開するのはどちらも携帯会社

東京や大阪を中心にめきめき増えてるシェアサイクル

現在、東京や大阪など大都市を中心に赤い自転車のシェアサイクルが増えているのはご存知だろうか。

みずほ銀行やドコモの広告が貼られた赤い自転車、特に都内ではシェアサイクルのラックも増えて著者はかなり見かける回数が多くなったように思う。

実際このサービスのアプリを入れていると毎日のように新しいラックの情報がやってくるぞ

ほんまに毎日増えてる感じやな

シェアサイクルを携帯会社が運営することは理にかなっている

実はこの赤い自転車のシェアサイクルサービスを運営するのはあの携帯会社のNTTドコモだ。

ドコモって自転車と全然関係なくない?

実はドコモだからできることもあるんや

シェアサイクルには必須と言っていい装備がある。自転車本体に備え付けられた自動で借りたり返したりする端末、位置情報を送信する端末だ。

基本的に借りる際に鍵を人から受け取ったりしないためにこういったものが必要になる。

そしてどう考えてもこれは携帯電話の電波網があれば簡単に揃えられるものばかりだ

ドコモ以外にもソフトバンクの子会社であるヤフーの子会社の子会社が東京などを中心にシェアサイクルサービスを展開している。

なんやその友達の友達みたいな

ドコモとソフトバンクどっちがええの?東京都内で使う場合は……

東京都内はエリアによって勢力が分かれている

都内、23区内ではドコモとソフトバンクのサービスがそれぞれ展開しているのだがはっきりと使えるエリアが分かれている。

簡単に言えば「山手線の中はドコモ、外側はソフトバンク」といった感じだ

どちらかがすでにサービス展開している場所にはほとんどラックがなく、被らないように調節しているのだろう。

というかドコモに関しては自治体と協業でやっている場合が多いので、先にソフトバンクがサービスインしている地域だと後から参入しずらいのだろう。

そのせいか山手線沿線の渋谷・新宿などはドコモが優勢なのに対して池袋周辺は圧倒的にソフトバンクの方がラックが多い。

注意
というか池袋周辺にドコモのラックは全くない。一番近くて目白まで行かなければならない。

だいぶ離れとるがな

だから池袋方面への移動にドコモのシェアサイクルは使えへんのや……

しかし「使えるエリアが分かれている」といっても、どこそこより先は立ち入れませんとかそんなことは全くないので、ただ借りたり返したりができないだけで観光で使う分には一切問題ない。

なので基本的に借りる場所と返す場所があるシェアサイクルを使うというのが基本になるが、それでも著者はドコモのシェアサイクルを利用するのをオススメする。

ここから先は顔デカ太郎のアンチソフトバンク面が火を吹きます……

いつものことやわ

ソフトバンクのハローサイクルはどこでも返せない!看板がすでに詐欺!

実は中国のシェアサイクルはまじで「どこでも返せる」

ここで少し雑学を挟んでおきたい。

実はシェアサイクルサービスは日本なんかよりも中国でもっと発達している。

中国のシェアサイクルは本当に便利で、置いてある自転車を借りて好きなところに乗り捨てられるのだ

めちゃめちゃ便利やがな

日本でもこれをやろうとした会社があったが、やはりマナーや放置自転車問題の部分でグレーであったりNGなことが多くて実施出来ずにいた。

ハローサイクリングがクソすぎる一番の問題は「返せない」ことだ

現在日本のシェアサイクルサービスで主流なのはラックに停めてある自転車を、別のラックに返すというものだ。

注意
別にラックは元のところに返しても良い。

ドコモの場合このラックに空きがなくても返却ができるのでラックの場所が多ければ多いほど乗り捨てに近い感覚で利用できてかなり便利なのだが、ソフトバンクのハローサイクルではそううまく行かない。

ソフトバンクのハローサイクルはラックに空きがなければ返却できないのだ

実はこれ地味にめちゃくちゃ不便でシェアサイクルのラックは「借りたい需要」と「返したい需要」が必ずしも一定ではないため、いつもラックに自転車がないところといつもラックに自転車があるところがある。

駅なんかでも改札口によっては返したい需要が強すぎてラックから自転車が溢れてるなんてこともドコモではあるんや

とはいえドコモ場合、そういったそもそも需要が強くあるところにはあらかじめ多めのラックと広いスペースを確保しているのでほとんど問題になることはない。

ラックが空いてなければ課金し続けなければならないクソ仕様

ソフトバンクのハローサイクルの公式サイトや街中にある看板には「ロゴがあるステーションならどこでも返せる!」と書いているのだが、実際に返却処理まできちんとできるのはロゴがあるステーションのうち「ラックに空きがある」ところだけだ。

それってそんなに問題?

もし返したい場所が埋まってたら別のラックを探しに行かなあかん。その間、ずっと課金され続ける

は?!クソすぎ!

ラックが見つからん時には……

考えるだけでゾッとするわ

大きな駅の近くだったならばステーションの数も多いだろうのでそこまで困らないかもしれない。

だがそうではない少し郊外になってしまったりすると別の空きがあるステーションを探すのにかなり骨が折れるだけでなく、実際に費用が余計に請求されることになり実害が大きすぎる。

すぐ借りれなくて不便!予約制の良いところ悪いところ

ハローサイクリングは予約制を取っている

またハローサイクルは基本的にアプリから自転車を予約しなければならない。

予約制にしておくことでステーションに行ってから……

自転車なかった!!

なんてことにはならないので確実に自転車を使うことができ、利便性は上がる

ただそもそもの問題としてシェアサイクル自体がまだ知名度が高くなかったり、自転車を借りるのは観光地という固定観念がありすぎるのか利用環境が整っている現在でも利用率が低い。

そのためステーションに全く自転車がないという状況は考えにくいし、著者も実際に遭遇したことはない。

予約制を取るほどの理由がないのだ

手軽に乗れるんがチャリのええとこでは?

これに対して予約制にすることによる弊害はかなり大きい。

手軽に利用することができないのだ

ドコモの場合はICカードを登録することでラックにある自転車にカードをかざすことですぐに利用できて便利なのに対して、予約制を取ることで使う前にアプリを開いて地図からステーションを選んで自転車を予約してから使うことになる。

著者がマジでイラッとしたタイミングがこれで、地図の画面がきちんと起動しなかったのだ。

位置情報がバグっていた上に電波の状態が悪くて読み込みに時間がかかってすぐに使いたかったのに使えなかったのだ。

自転車はすぐに乗れるから価値があるんや

たしかにそれは不便やわ……

記事のまとめ

というわけで今回は「ハローサイクルがクソすぎる」ということを解説しました!まとめるとこうなります。

  1. ハローサイクリングはソフトバンクの子会社の子会社の……がやっている!
  2. ハローサイクリングはラックに「空きがないと」返せないとかいうクソ仕様!
  3. ハローサイクリングは予約制なので気軽に使おうとするとダルいことこの上ない!

結論:というかハローサイクリングは会員登録がめんどくさすぎる件。


会員登録がめんどくさくないサービスなんか実際ないのだが、ドコモのシェアサイクルはドコモユーザーならdアカウントを使って会員登録することで支払い登録から何まですぐに終わるので楽チンだ。

これに対してソフトバンクの子会社の子会社の子会社……だったかどうかな、ハローサイクルはソフトバンクユーザーだから会員登録が楽とかそんなことはない。

一応色々なオンラインサービスのアカウントを使って会員登録ができるので便利ではあるのだが、氏名や住所の登録が面倒すぎる。

唯一優れているとすれば大手キャリアのキャリア決済が全て支払い方法として指定可能なのでクレジットカードを登録する必要がないのが安心できる点だ。

ドコモのシェアサイクルは結局ドコモのキャリア決済しか使えないのがほかのキャリアを使っている人には不便な点だな

結局総括するとどうなるん?

やっぱりクソフトバンク


今回の関連記事はコチラ!

ぜひ読んでね!

東京観光なら自転車でしょ!ドコモバイクシェアでらくちん観光の話 東京旅行なら「Tokyo Subway Ticket」は最強!買い方と使い方をまとめた話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です