「情弱めっ」LINE@はコチラ!

iPhone・iPadをもっと使いこなしたいならApple Storeに行け!Today at Appleでアップル製品マスターに!

どーも、もっとアップル製品を使いこなしたいと思っている男……顔デカ太郎(@airinybsg)です。

はっきり言ってスマホなんてみんなせいぜいLINEか他のSNS、ゲームくらいにしか使ってないだろう。

極端な話PS VITAとガラケーがひっついただけじゃないのか

いきなりめちゃくちゃなこと言ってやがるなこいつ

スマホは他にもスケジュール管理などもできてたしかにガラケーの頃よりも電話機プラスアルファの機能が充実していると思う。しかしタブレットなんて一体何に使っているのだろうか。

かつてiPadが発売された当時たまたまホノルル空港でアメリカ人が電子書籍を読んでいる姿を見かけた著者は

重そう……絶対日本では流行らんな

と思ったくらいである。


今じゃちょっと不具合起こしただけでブログの更新できなくなるくらい依存してるけどな

PCより使い込んでる自信あるわ

とは言っても著者はPCの代わりにiPadを利用しているので使いこなしているとはなかなか言えない部分が多いのも事実だ。

もっと言えばiPhoneなんてもっぱら音楽を聴いてYouTubeを観てSNSを使うだけの、ある意味PS VITAの方がもっと使ってたと思うぐらいのものだ。

電車に乗っていればほとんどの人がスマホをいじっている時代、しかしいじっている画面に映っているものは「動画」か「SNS」か「ゲーム」のどれかといっても過言ではないだろう。

あとはニュースサイトぐらいやなぁ……


しかし著者はここで語気を荒げてでも問いたい……

それでええんか!!

ええやろ!好きにさせろよ!

よくないからわざわざブログの記事にするのだ。もっとスマホやタブレットを使いこなそう、せっかく高い買い物をしているんだから。

というわけで今回はiPhone・iPadユーザーがもっと製品を使いこなせるようになるためにApple Storeで行われている「Today at Apple」について解説しよう。

 

今回の情報弱者
Apple製品を使いこなせてない情弱


Today at Appleって……

無料で参加できるAppleがやっているセミナー

Today at Appleとは2017年からアップルの直営店(Apple Store)で開催されているアップル製品を活用したセミナーだ。

参加費用は無料で最近ではiPhoneやiPadを利用したセミナーが多いが端末を持っていなくても参加できる。

予約するときにApple IDが必要やから全くアップル製品持ってないでって人はApple IDは作ってから参加しような

セミナーではiPhoneを使ったもっと綺麗な写真の撮り方であったり、iPadを利用したプログラミングスキルを学んだり、Macを使って写真を編集するスキルを教えてくれる。

所要時間は短いもので30分から長いものでも1時間半程度になるので気軽に参加できる。

Apple Storeアプリから簡単に予約ができる

開催場所はアップルの直営店、Apple Storeなので量販店などで展開されているAppleショップでは開催されない。

基本的に事前予約が必要でどんなプログラムが開催されているのかも含めて、Apple Storeアプリから確認ができる。

アプリを買うやつか?

いやApp Storeとはまた別に、白地に水色のバッグのロゴでApple Storeのアプリがあるからそれをダウンロードするのがいいで

予約方法はApple Storeアプリを開いたら下にあるタブの中からカレンダーのロゴで「セッション」というものを選び、そこから受けてみたいセミナーを選んで日時と店舗を確認したらほんの数回タップするだけで予約完了だ。

あとはApple Storeに当日向かうだけ。予約がきちんと出来ていてセミナーの日が近づいてくるとアプリのトップページに予約内容が表示される。

事前に使用するアプリをダウンロードしておこう

当日Apple Storeにやってきたら、その辺にいるお店の人にApple Storeアプリから予約内容を見せてセミナーの場所に案内してもらおう。

情弱ペディア
銀座のApple Storeでは主に二階のテーブルで、心斎橋のApple Storeでは2階のテーブルか2階奥のシアターで開催されていることが多い。

一応セミナーで使う端末を自分で持っているのなら持って行った方が使い勝手もわかっていて良いとは思うのだが、iPadでApple Pencilが必要なセミナーだったりすると自分がApple Pencilを持っていなかった場合はApple Pencilだけを貸してくれることはないのでiPadごと借りることになる。

また主にセミナーではアップル純正のアプリを何かしろ使うことが多いため、予約する際に使うアプリが事前にわかっていることがあるので先にインストールしてあると当日焦らなくて済む。

なんのアプリ使うかはタイトルとかに書かれてるからApp Storeでそれを検索かけてみるといいで

充電もしっかりやっていこうな

それこの間著者がやらかしかけたミスやんけ!

余談だがアップル純正のメモアプリは結構どのセミナーでも使用頻度が高いので消してしまっている人は再度インストールしてあると良い。

Today at Appleって誰が教えてくれるん?

Today at Appleはまず大前提にアップル製品で動くコンテンツの使い方を教えてくれる。

これをサポートしているのはもちろんアップルの従業員だ

セミナーの中には有名なアーティストが監修を手がけるものもあり、そういった類のものは満席になっていることが多くかなりずっと前から予約をしなければならないこともある。

また写真のセミナーなどではストアの外に出ることもあるため、必ずしもストアの中だけで実施されないと理解しておく必要がある。

Today at Appleに参加してきた

参加者はアップルギークが多いイメージ

というわけでなんで著者がこんなことを話題にしているかというと、8月に入ってから著者と相方の2人でToday at Appleに2回ほど参加してきた。

どちらのセミナーも誰でも参加しやすい初級者向けのセミナーだったので、だいたいどんな感じだったのかお伝えしよう

まずセミナーを始める前に講師がストア全体に対して今から始めることを伝えて「Welcome to TODAY AT APPLE!!」と言ってほかの従業員たちと一緒に拍手をしてからスタートする。

そのあとは今日参加するメンバーの自己紹介をする。著者たちが参加した時は名前とアップル製品の気に入っている機能やアプリを教えてほしいということを言われた。

著者はAirPodsをダブルタップすると特定の動作ができる機能のことを挙げたで。自分でカスタマイズできるのがうれしいな

ワイはこのブログの絵を書くときに使ってるCLIP STUDIO PAINTのことを紹介したで。iPadを使うセミナーやったからね

ほかの参加者たちはゴルフのスイングを確認できるアプリだったりを紹介してて、どの人もなかなかのアップルギークが多いイメージだった。

まぁこんなものにわざわざ来るくらいだから相当なファンだろうな

Swift Playgroundsでコーディングを学ぼう

著者たちが参加したセミナーはiPadのアプリ「Swift Playgrounds」を使ってコーディングをはじめてみようというもの。

Swift Playgroundsについてもっと知りたい方はコチラ!

1時間のセミナーでコーディング(プログラミング)ってどういうものなのかという説明から、それを人間に置き換えるとどれだけ大変なのかと言った解説をはさんで、あとはアプリを使って進めていく形式だった。

著者と相方もおそらく一般の人よりは分かっていると思っていたコーディングであったが、思いのほか大変な作業だということを感じた。

人間に置き換えたら、というアクティビティでアルファベット2文字を他人にアルファベットを言わずに説明して、説明された人は理解したものをiPadのメモアプリに書いてみる作業をしたのだが思いのほか難しい。

たかだかA〜Zの26種類しかない文字をビジュアルで捉えて相手が理解できるように説明するのはなかなかに骨が折れる作業だった。

というか相方が説明下手、理解下手すぎた

いやーむずかしかったよね


コーディングでは全ての端末やバージョンで同じ動作ができなければならないのだなぁ、そしてそのためには全てのバージョンで理解できるようにコードを組まなければならないのだと改めて認識した。

やはり感じたのは講師の説明がとてもうまく、理解もしやすいということだ。

コーディング(プログラミング)って正直言ってどこから始めればいいかとか、どうなっているのかとかは素人にしてみればちんぷんかんぷんもいいところだがそれをとっつきやすくしてくれる技術は本当に素晴らしいと思った。

とにかくセミナー自体が面白く、ためになった

セミナーの後半はSwiftPlaygroundsを使ったアクティビティ。

このアプリがめちゃくちゃ良くできていて、これまた講師の説明のうまさと相まってコーディングの面白さを簡単に学べた。

相方に至ってはセミナーが終わってもこのアプリをやっていたくらいである。

このセミナーがたった1時間、しかも無料で受けられるのだから良いとしか言えないだろう

記事のまとめ

というわけで今回は「Today at Appleってどないなん?」ということを解説しました!まとめるとこうなります。

  1. Today at AppleとはAppleが開催しているセミナー!
  2. Apple Storeアプリを使って簡単に参加できる!
  3. なによりも面白く、ためになる内容だ!

結論:Today at Appleでにわかに差をつけろ!


Apple Storeって何しにいくの?と思っている人は多いかもしれない。ショールームや家電量販店と何が違うのか、ほとんどの人は知らないだろう。

そんな人でもiPhoneやiPadを使っている時代だ、もうこれさえあれば周りに差をつけられる時代はとっくに終わっている

いつからアップル製品はマウンティングアイテムになったんや……

しかし万能で便利なアップル製品とはいえ使う奴が低脳でポンコツならば何の意味もない。

しかしToday at Appleならばよほどのポンコツでなければ十分に今後の生活に生かすことができるスキルを学べるだろう。しかも楽しいから最高だ。

ちなみに著者はSwiftPlaygroundsよりもGarageBandの方が気に入ってそっちの予約もいれたで!


今回の関連記事はコチラ!

ぜひ読んでね!

本気でiPhoneをとにかく安く使いたいならApple Storeで買うしかないって話 iPadって必要なの?常にiPadを持ち歩く著者がiPadを買う意味を解説する話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です