「情弱めっ」LINE@はコチラ!

絶対に道に迷わない方法!迷子になるのはスマホの頼りすぎだという話

どーも、基本的に道に迷わない男……顔デカ太郎(@airinybsg)です。

お前っていつになったらグーグルアース導入してくれるん?グーグルマップは入ってるやん

俺は攻殻機動隊の世界の住人かよ……

とか言われるレベルで著者にとって道に迷うことは馴染みのないものだが、普通の人にしてみればそれなりによくあることのようだ。

たしかに都会は道が入り組んでいたりして迷っても仕方がないようなつくりをしている。とはいえ著者が迷わないんだから同じことをすれば普通の人も迷わないはず。

というわけで今回は「絶対に道に迷わず目的地に確実にたどり着くためのテクニック」を紹介しよう。

 

今回の情報弱者
すぐに迷子になりがちな情弱


迷ったらスマホを見るな、スマホが原因だとすぐに気づけ

道に迷うのは今どこにいるのかがわからないからだ

道に迷う最大の原因は現在地を把握できていないからだ。

現在地と自分が向いている方向さえ分かっていれば曲がる角を間違えたりしないのだ。

しかし悲しいかな、現在の人間にGPSやそれの代わりになるようなロケーションシステムは実装されていない

なので出来る限り性格に現在地を把握する方法を常に持っておく事が重要となるがその際にスマホのナビアプリを真っ先に使うのはおススメできない。

え、むしろ率先して使うべきじゃない?

ナビが正確ならそもそも道を間違えたりせんやろ

スマホの画面ばっか見てたらどこにおるんかわからんやろ

厳密にはナビが正確でない、というよりも「ナビを使っている人間が言われた通りに歩けない」からスマホを当てにしないほうがいいのだ。

スマホのGPSは進化してバグを表示することもかなり減った。

しかし人間の方のバグは一向に改善を見せないどころか悪化している。思い込みが激しすぎる人間が多すぎる。

どこどこの角を右です、と言われてもスマホの画面ばかり見ていてはどこどこを見つけられるわけもない

スマホの画面を見ながらドコドコ?って言ってもてるんやな……

現在地を知るために最終的にはスマホも合わせて使うことになるがひとまずは手から話そう。

現在地を一発で割り出す方法

目の前のコンビニや交番などの場所をググれ

現在地を知らなければいくら地図を持っていても機能しない。

しかし現在地はとても簡単な方法ですぐに割り出すことが出来る!

なにそれ神やん

まず自分の居場所がわからなくなったら近くにコンビニか交番、あるいはチェーン店でなくてもいいからお店を探そう。

そしてそれがローソンなら店舗名も含めてネットで検索しよう。ローソン新宿歌舞伎町店ならきちんとそう調べよう、店舗名はコンビニなら入り口に書いてあるはずだ。

交番はそもそも中に地図が置いてて現在地も書いてるはずやで

目的地をググることは誰しもがすると思うが現在地がわからなくなった時にどうしてめぼしい建物やお店をググらないのかが著者には不思議でならない。同じことだろうに。

注意
ただし地下街やビルなどの大きな建物の中にあるテナントのコンビニなどは検索しても詳細な情報が正確に出てこないこともあるので、必ず路地に面したコンビニなどで調べるようにしよう。

目に映る別のコンビニや飲食店から方角を割り出そう

これをすればとりあえず自分がどこにいるかは割り出せる。

あとはどちらを向いているのかを割り出せば良いのか、だが都会であれば自分がいるコンビニ以外にも別のコンビニや飲食店が見える距離にあるはずだ。

自分がコンビニの入り口から見たものと位置を直線で結べばロケーションのマッチングは完了する。

現在地がわかったあとは一旦落ち着こう

深呼吸でもしてから再度目的地までの道順を調べるんだ、迷ったらまた同じことを繰り返せばいい。

そもそも迷わないために大きな道を選んで歩こう

スマホのナビは道が広いとか無関係に最短ルートを出してくる

京都や大阪のように道がどれも交差点で90度にクロスしている街ですら大きな道と小さな狭い道とがあり、小さな道は無数にあるためどれも同じもののように見えてしまう。

これがグネグネと街の形がそもそもめちゃくちゃな東京などではさらにややこしいから厄介でしかない。

にもかかわらずスマホのナビは道の大小など考えもしない最も最短ルートを案内してくるため迷いやすいのだ

なるほどなぁ

大きな道を進み、曲がる数を減らすことが迷わないコツ

大きな道の基準はまず車道にオレンジのセンターラインが引かれている道であるかどうかだ。センターラインがない道でも車線が多かったりする「ぱっとみ大きな道」は言うまでもないが。

大きな道はほかの道路に比べて案内標識や道しるべになるお店などが多く点在している。

多くの人が利用するだけあって当然のことだ

大きな道を利用して路地を曲がる回数を減らすことが迷わないための最も単純で効果のある方法だ。

1回しか曲がらないとわかっていれば2回も角を曲がった段階で道を間違えたことに気付くだろう。

どうしても分からなくなったら人に聞こう、聞く相手は歩いてる人じゃない

そこらへんの通行人が応えられるとは限らない

そしてどうしても迷ってしまってスマホを使ってもわからなくなってしまった時は人に尋ねよう。

しかしここで聞く相手を間違えてはいけない

時々著者のようなAirPodsをつけてしかめ面で歩いているような無愛想男にすら道を尋ねてくる杞憂な人もいるが、それは大きな間違いである。

著者はたしかに道案内をしろと言われたら確実な正解を導き出せるが全ての人がそうであるわけではない。

その人も道に迷っているかもしれない

うわぁ……

道案内といってもまず今いる場所がどこなのかは意外とわかっていない人が多いのだ、それなのに案内をしろとか鬼畜だろう。


例えば東京駅から皇居に行きたいとしても東海道新幹線に乗ってきたのか、中央線に乗ってきたのかで道のりはえらい違いだ。

さすがに皇居にもなると案内があちらこちらにあるし丸の内側に出れば一発だが、それでも東海道新幹線でくると八重洲側の改札の方が出やすいため改札外に出てしまってものすごく遠回りをする羽目にもなりかねない。

そもそも普段から東京駅を使っていなければ八重洲と丸の内の二つの改札があることを知らない。

その上で八重洲丸の内それぞれの改札も北、中央、地下、南と膨大な数があり、八重洲側には日本橋口まであるのだから旅行案内とかに乗っている改札口の名前だけを言われてもほとんどの人は八重洲や丸の内まではわかってもどれがどの改札なのかまではわからない。

たしかにそうやけどじゃあ誰に聞いたらええんよ……お店の人?

それはある意味正解やな。でも場合によってはもっと最適な人がおるぞ

お店の人は道案内をする人ではない

たしかにそこらへんのお店の人はその辺りの土地勘もあるだろう、初めてやってきて迷っている自分よりは。

しかしお店の人の仕事は道案内をすることではない

著者がマックで働いていた頃にも幾度となく道案内をさせられたが、ふつうに忙しい時に空気を読んで欲しかった時もありオススメできる方法ではない。

それに土地勘があってもさすがにどのビルの何階になんの会社が入っているかなんて知っているはずがない。

適切な助言をもらえるかどうかもあやしいのに忙しいかもしれないお店の人の手を煩わせる必要がどこにあるだろうか。

若干お前の感情が入ってない気がせんこともないけどその通りやな……

目的地があるなら目的地の人に言おう

ではこの場合の道案内を依頼するべき最適な相手とは誰なのか。

もし目的地があるなら目的地の人

無礼に思ってしまうかもしれないが、きちんとした態度で接せれるなら面接に行く場合であっても相手に電話をかけて道案内を依頼するのは良い手段だ。

というかこれは著者がバイトで他店舗にヘルプへ行く際にどうしても遅れそうになった時の免罪符に使っていた方法だ。

ふつうにそのまま行くと遅刻になるが少し前に「道に迷った」といえば多少遅れても謝れば許してもらえる。そしてその上でどうやって行けばいいかを教えてくれる。

目的地がちょっとわかりにくいような場所にあるのなら意外といろんな人から電話で聞かれることも多いから案内には慣れていることも多い。

自分の会社とかの周りはよく知ってるやろ、よほど居場所の説明が下手くそでもない限り一番確実な方法やで

ついでに「遅刻します」っていう報告まで一緒にできちゃうんやな!

記事のまとめ

というわけで今回は「絶対に道に迷わない方法」を解説しました!まとめるとこうなります。

  1. 迷子になりたくないならスマホだけじゃなくを見ろ!
  2. 近くにあるものを検索して自分の現在地方角を割り出せ!
  3. 「大きな道を通る」「曲がる回数を減らす」が道に迷わないコツだ!
  4. どうしてもわからなくなったら遅刻の報告ついでに「目的地の人」に聞こう!

結論:迷ったって大丈夫、焦るからやばくなる。


迷った時に一番まずいのは焦ってウロウロしてしまうことだ。じっとしておけばいい。

ちなみに警察に尋ねるために交番へ行けばいいと言う人もいるが最近の交番は都市部でも無人であることが珍しくない。

しかも警官よりも退職したおじいちゃんとかがいることがある。

しかし実は警官よりこのおじいちゃん達の方が道には詳しかったりする

意外すぎた

というかそもそもスマホの案内通りに行けば迷わないはずだ。きちんと案内を聞こう。


今回の関連記事はコチラ!

ぜひ読んでね!

東京旅行なら「Tokyo Subway Ticket」は最強!買い方と使い方をまとめた話 東京観光なら自転車でしょ!ドコモバイクシェアでらくちん観光の話 民泊からドミトリー、カプセルホテル、ビジネスホテルまで!都内で1万円以下のホテルの選び方! ノマドワーカー必見!作業におすすめなチェーンのカフェ・ファミレスを特集した話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です