「情弱めっ」LINE@はコチラ!

LINE Payはもうダメだ!最悪の改悪でLINEPayは終了へ

どーも、キャッシュレス還元政策でウハウハかと思いきや結構還元までタイムラグがあったりしてそんなに恩恵を感じていない男……

なんだかんだ言ってコンビニですぐに2%還元してくるのがありがたかったりする今日この頃だが、

もう来月からLINEPayは使わへん!!

いきなりなんやねん……

LINEPayがものすごい改悪をやってきたんや

というわけで今回は来月からまた仕様が変わって、今度こそ最悪な仕様に変わるLINEPayについて解説しよう。

今回の情報弱者
コード決済がお得だといつまでも信じている情弱

LINEPayの還元方法がLINEPayボーナスからLINEポイントにまた変更

今回の主題は主にこれなのだが、とりあえず11月からLINEPayを利用した際にもらえるものが「LINEPayボーナス」から「LINEポイント」に変わる。

数か月前までと同じ状態に戻る……

ってだけなら正直何も言うつもりはなかったんだけど

ただ還元方法が元に戻るだけじゃないからウザいのだ。

情弱ペディア
そもそも7月末までLINEPayを使ったときにもらえるのはLINEPayボーナスではなくLINEポイントだった

今回は還元率が変わったりしないので一見「とくに何か影響があるの?」と思ってしまうかもしれない。

確かにただLINEポイントに還元方法が変更されるのであればむしろ歓迎されるところだったのだが、同時にLINEポイントの使い道が狭まることが確定したのでこの変更はLINEPayの価値を下げることにしかならない。

LINEポイントの交換先がほぼ壊滅するし、LINEPay残高に交換もできなくなる

これまでLINEポイントが重宝されたのは交換先が豊富だったからだ。LINEPay残高に交換したりいろいろなほかのポイントに交換したりできてかなり便利だった。

特にLINEPay残高に交換することでコード決済でなくてもたまったLINEポイントを利用できたり、ポイントからも還元を受けられたりできた。

ほかにもソラチカカードとメトロポイントを組み合わせてANAマイルをためまくる方法とかは有名やったで

それもできんくなるんか

LINEポイントはLINEPayをコード支払いで利用する際に利用できるが、交換先がなくなると一気に使い勝手が悪くなる。

というのも、LINEポイントはLINEPayのコード支払いで使う分にはボタンを押すだけなので何不自由なく使えるけれども、それ以外のJCBカードでの支払いやQUICPayといったときにはそもそもポイントを使うことすらできない。

現状もらえるLINEPayボーナスもコード支払い以外では使えないという点においてはLINEポイントと同じだが、LINEPayボーナスの場合は送金にも利用できるほか使った分もマイカラーの対象になるしその分も還元の対象になるのでまだマシといえる。

LINEポイントで全額支払ったら特に何ももらえへんし、マイカラーの対象にもならんくて翌月のグレードが上がらんくなるかもしれへん

マジクソやん

もうこれからはOrigamiPayとPayPayの時代か

はっきり言ってコード決済はもうお得感が薄い。はじめにインパクトのでかいキャンペーンをやりすぎたからか、たかが数円のために使う気にならなくなってきている。

LINEPayは先ほど言ったとおりのもはやどうしようもない状態。

d払い、auPay、楽天Payはドコモやau、楽天を日頃から使っていなければ何の恩恵もないような仕様だ。

それ以外の有象無象のなんとかPayは全く持って話にならないし、結局のところ一番使いやすいPayは「OrigamiPay」と「PayPay」だろう。

ポイント還元じゃなくて値引かれるのはやはり強いOrigamiPay

OrigamiPayは支払い方法をクレジットカードにしている場合は2%、口座引き落としにしている場合は3%その場で値引きされる。

ほかのコード決済でありがちな「前月の利用実績によって割引率が変わる」ようなことも、特定のカードで支払わなければならないような制限はなく誰でも簡単に3%還元を受けられる。

常に何かしらのキャンペーンを展開しており、10月22日現在では10月中にOrigamiPayをミニストップで使うと11月の金曜日に最大5回分の100円引きクーポンがもらえるキャンペーンを実施中。

徐々に徐々にだが加盟店も増えており著者がいま最も使っているコード決済だ。

とにかく加盟店の多さが強みなPayPay

コード決済に共通の弱点として使えるところが少ないということがあげられる。

おそらくその点において最も影響を感じさせないのはPayPayだ。

たしかに去年の今頃に比べたらどのサービスも加盟店が増えて使えるようにはなったが、それでもクレジットカードや極端な話現金より使える場所は少ないのだから不便であることに変わりはない。

しかしPayPayはスーパーのような誰もがよく使う場所から街中の個人商店まで幅白く加盟店を増やしており使わなければ意味がないコード決済の最も重要な部分を重要視してくれていて非常にユーザー目線で設計されているサービスだといえる。


結論:落日のLINEPay、起死回生の手段はあるか

もうこのままではLINEPayを使う価値などない

加盟店の数でPayPayに及ばず、還元率やお得さや誰でも使える気軽さでOrigamiPayにかなわない現状ではd払いやauPayや楽天Payのような自社のユーザーだからめちゃくちゃお得にさせるようなこともできない。

ある意味誰でも使っているLINEだからこその「LINEPayでしかできないこと」ということが希薄になっていることがLINEPayの立場を落としている。

何より数か月前に還元方法をLINEPayボーナスにしておいて、こんな短期間でその仕様を元に戻すとか「行き当たりばったり」感が否めない。

ここ1年のLINEPayはこれまでの「マイカラーを導入するけどコード支払いなら追加で還元する」といった「仕組みを悪くしても新しい方法でお得感を喪失させない」工夫が全くない。

それどころかやっていることをちょこちょこ変えたりして、エンドユーザーからは何をしたいのかがわからないと思われても仕方がない。

えらい今回は辛口やな

こんないいかげんなサービス使ってられへんぞ

実際問題、せっかくリリースしたLINEPayアプリもチャージができなかったり不便な仕様まみれで著者は削除したくらいだ。

それは最近改善されたけどな

それでも起動遅いから普通にLINEアプリでやってるわ

正直著者はLINEポイントを残高に交換できなくなるのが一番残念に思っている。

せっかくJCBカードの支払いで貯めたものをマイカラーの足しにできなくなるのだからマイカラーのグレード獲得難易度がちょっと上がってしまう。

これからのLINEPayの動向に注目だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です