「情弱めっ」LINE@はコチラ!

ウォークマンって今更必要なの?あえてウォークマンをオススメする3つのメリットの話

どーも、最近ウォークマンがちょっとほしくなっている男……

 

SONYがウォークマンを発売してもう何十年と経ち、アップルがiPodを発売してからも10年以上が経過した。

気づけば再生媒体もカセットテープだったのがCDになり、MDを経てメモリーへと変化した。

そして今や「買う」よりも「聴き放題」の方が流行りつつある現代で、わざわざウォークマンとかを買ってまで音楽を聴く必要が果たしてあるのだろうか。

今日は、万人に当てはまるかは分からないが「あえてウォークマンを使うメリット」について解説をしたいと思う。

 


スマホで音楽を聴くメリット

というわけで今日はあえてウォークマンで音楽を聴くメリットを説明していくわけだが、その前にまずは「スマホで音楽を聴くメリット」を説明しておこうと思う。

スマホで音楽を聴くメリットとは、一言でいえば「音楽を聴く選択肢が多い」ということになる。

選択肢が多いってどういうこと?

スマホの方がオンラインから音楽を拾ってきやすいんや

はっきりいってスマホやウォークマンに自分の買ったCDを取り込んで、あるいはiTunesなどの配信サイトから購入した曲を聴く分には特段の違いはない。

だがスマホで再生するともちろんインターネットに繋がっているのだからYouTubeなどのオンライン上の音楽も聴くことができる。

スマホで音楽を聴いていて「あ、そういえば昨日Mステで聴いた曲良かったよな~」とか急に思い出したとしても、すぐにYoutubeアプリを開いてシームレスに別のサービスに切り替えることが出来る。


またスマホアプリには「AppleMusic」「GooglePlayMusic」「Spotify」などサブスクリプションモデルの音楽配信サービスもあり、自分の手元にある楽曲と合わせてバリエーションが豊富になる。

情弱ペディア
サブスクリプションとは、月額課金制のサービスのこと。

1ヶ月〇〇円で聴き放題!とか、そういうヤツね。

本体内蔵の曲だけでなく、YouTubeや別の媒体の音楽も簡単に聴くことができること。それがスマホで音楽を聴く一番大きなメリットだ。

またこれは、新しい音楽との出逢いのチャンスが増えるということでもある。

ウォークマンやと、基本は持ってる曲しか聞かへんもんなぁ

ウォークマンで音楽を聴くメリット

さて、それでは本題のあえてウォークマンで音楽を聴くメリットの話に入ろうと思う。

スマホを使わないで済む

ウォークマンで音楽を聴く最大のメリットはスマホのメモリとバッテリーを消費しないところだ。

お、音楽関係ねぇ……

と思うかもしれないが案外重要だ。

音楽聴いてたらバッテリーがなくなりました…。

音楽を入れたら容量がなくなりました…

などなど、バカバカしくてやってられない。

スマホの容量は一定。iPhoneなどはそもそも本体内蔵のメモリーに限りがあるわけで容易に増設することはできない。

音楽は音質を上げれば上げるほどメモリの消費も上がる。これを防ぐためにはそれぞれ別々の個体として用途を分担するのが最も合理的だ。

スマホよりも高音質な設定にできる場合がある

とても中途半端な書き方だが、もちろんウォークマンは音楽プレーヤーなのだからスマホで聴くよりも高音質でより上質な音楽を聴くことができる。

ただしこれは一部の「ハイレゾ対応」上位モデル」のみだ


ハイレゾとは簡単に言えば「4Kの音楽版」というふうな認識で構わないと思うが、要は現行のmp3などよりもはるかに高音質で人間の耳では聴き取れないレベルの音域まで再生可能な音源のこと。


聴こえへん音まで再生してどないすんねん


聴こえない音域を再生することで、今までは聴こえるけど再生できなかった音域までまとめて再生できるんや!


ハイレゾそのものはiPhoneでも再生できるし、普通のウォークマンでも再生可能だ。

ではなぜ著者がここでわざわざ上位モデル」に限って上質な音楽を聴くことができるというのかというと、正直普通の環境ではハイレゾと普通の音源の差なんかわかりっこないからだ。

元のデータの音質が良いとか、ここまでのレベルになると「この素材を使っているとノイズが入る」「この抵抗器の方がよりクリアなまま通電できる」といったある種オカルトじみたレベルに話が進む。

ハイレゾ音源をより楽しむためのこういったこだわりは、標準モデルではなく上位モデルでのみ考慮されていることが多い。

よほど音質にこだわってこそ感じられるメリットではあるが、やはり音にこだわるならスマホよりも上位モデルのウォークマンにすべきだ。

ウォークマンで音楽を聴くメリットが少ない理由

ここまでウォークマンで音楽を聴くメリットを上げたが、正直上位モデルの話は別としてそれでもメリットがそこまで多くないなと思ったかもしれない。

実際どうしてこうなったかといえば、SONYがスマホ(XPERIA)ほとんどウォークマンの技術を詰め込んでしまっているからだ。

それまでは実質ウォークマンの専売特許であった「ノイズキャンセリング」も今のXPERIAには標準搭載されているほか、今やワイヤレスイヤホンの売りの一つにまでなっている。

だから今までウォークマンの売りであった「周りの雑音を取り除いて静かな環境で音楽を聴く」というメリットは、もはやウォークマンである必要がなくなったのだ。

スマホで音楽を聴くデメリット

スマホで音楽を聴くデメリットをここまで来て語るのかということだが、あるのだ。かなり重要なものが。

それは「圧倒的に誤操作が増える」ということだ。


ええ…そうかぁ?


記憶にないだけで案外あるはずだ。


単純にスマホは携帯電話なのだから、電話がかかって来ると画面に何らかの方法で受話か拒否のアイコンが出て、それを操作することで応答するなり拒否をする。迂闊に音楽を聴いていたら(音楽だけに関わらずだが)これをあやまって操作してしまう。

もちろんただポケットに入れているだけでそれは起こるかもしれないが、なにか操作をしていたという状況だけで誤操作は増えるのだ。


またもっと重要なことが「緊急地震速報」だ。

この緊急地震速報だが普通は大音量でアラームが鳴り響くだろう。だが、イヤホンをつけているとイヤホンにこの大音量のアラームがなるのだ。

鼓膜が破けるわぁぁ!!


実際に著者はこれでマジで歩いていて転倒しかけた。本当にこれは危険だ。

もちろん全ての機種がそうなっているわけではないが、著者のような経験を今後誰にもさせないためにもスマホで音楽を聴くデメリットは理解しておくべきだ。

また、イヤホンを挿したままそれを耳につけていなかった場合「地震速報を聞き逃す」という可能性があることも否定できない。

うわ、それけっこう怖いな…

記事のまとめ

というわけで今回は「あえてウォークマンで音楽を聴く」ことにもメリットがあるんだよという話をしました。まとめるとこうなります。

  1. スマホのバッテリーや容量を消費しない
  2. 高音質で音楽を聴くならスマホよりも優秀
  3. 音楽を聴くことが他の動作を邪魔する心配がない

結論:音楽にこだわるならウォークマンも良い。


正直、著者は一般的に言われる「すべてが1つの端末で可能になることが素晴らしい」という意見には同意しかねる。あえて端末を分業化することで生産性が上がることだってあるからだ。

ファミレスはなんでも食べられるけど、本当に美味しいステーキが食べたいならステーキ専門店に行った方がいい。

それと同じで、スマホとは別に「音楽を聴く専門の端末」を持つことで生産性や満足度が上がることもある。


とかなんとかいいつつ、今日も著者はiPhoneで音楽を聴いている。

理由はサブスクリプションを契約しているから。これに対応すればウォークマンも買うが、そうなるとネットに繋ぐ必要が出てくるのでwifiが必要になったりして、かえってめんどくさいかもしれない。

かつてAndoroid搭載のウォークマンもあって著者も購入して愛用していたが、気づいたらスマホで音楽を聴くようになっていた。

結局おまえもスマホ派なんかい…。

便利なものには勝てないということだな。

 

しかしこの度、新型のウォークマンが発表されたのだが意外や意外にAndroid搭載で復活してきた。

これによってAppleMusicなどAndroidでアプリを利用できるストリーミングサービスであればウォークマンのみで再生することが可能になる。

最高やんけ

購入不可避やけどヘッドホンもなかなかほしくて……

両方買えばちょうどええやんソニー製品で固めれて

AirPods Proも気になってるんよな……

決断力ないにもほどがあるやろ……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です