「情弱めっ」LINE@はコチラ!

空港って遠いと思ってない?意外と近い、そして遠い空港

どーも、前の大学の頃は毎日新幹線に乗って通学していた男……

といっても最近はめっきり新幹線を使う機会も減ってしまった。

新幹線を使うような区間をあまり乗らなくなってしまった、というのが正しい理由だ。

とはいえ関東に住んでいることで実家に帰るには500km以上の移動が必要になるのに、最近は数回実家に帰った時も新幹線は使っていない。

じゃあ何で帰ったんですかといえばそれは飛行機だ。

一回だけ夜行バス使ってたやん

うるせぇ余計なこと言うな

一般的に飛行機は空港が遠くて新幹線を使えば3時間でたどり着くような場所では飛行機を選ぶことはないだろう。

だがしかし、著者の実家までの距離ならどう考えても飛行機より新幹線の方が時間的には速いのだが。

ならどうしてわざわざ新幹線よりも時間がかかる飛行機を使っているのか。

今回は「飛行機超いいやん」「空港近いやん」となるような解説をしていこう。

空港は案外遠くない

空港が新幹線の駅と比較して遠いと言われてしまうのはある程度仕方がない。

街中に空港があると騒音公害が発生するからで、どうしても新規で空港を作ろうとしたり既存の空港を拡張しようとするとやや郊外でやるしかない。

こういった事情があるため街中の一等地に作られることが多い新幹線の駅と比較すれば、空港はたしかに遠い。

だが不便ではない

むしろ新幹線の駅なのに在来線や他の鉄道路線との接続がなかったり、周りに何もないどうしてこんなところに作ったんだと思うような駅はたくさんある。

かつて世界一不便な国際空港と揶揄された成田空港も、海外の本当に不便な国際空港をまったく知らないような素人が言っていただけだ。

むしろ今ではスカイライナーを使えば都心のどこからでもおよそ1時間程度でたどり着くようになって利便性は格段に向上している。

関西空港もすでにあった伊丹空港より大阪市内から遠いという理由でボロクソに言われている。

だが大阪市内も梅田からはたしかに伊丹空港の方が便利だが阿倍野からならむしろ関空の方が近いとは言わないが速い

天王寺から伊丹に行くと阪神高速の渋滞に引っかかりやすいから、市内を通らずに済む関空の方がJRと南海にバスも選択できて優秀なんよ

伊丹空港から天王寺に行くバスが遅れてバイトに遅刻して激怒された顔デカ太郎先生が言うと説得力が違うなぁ

関空の方が電車降りてから手荷物検査場まで一本道なのもいいところやな

煽りを盛大にスルーされた?!

空港を遠いと思っている人たち

成田と関空に限られることかもしれないが、どうしても空港が遠いと思う人がいる。それは都心部以外から来る人だ。

最近はそんなことも無くなってきてはいるが、日本の住宅事情はドーナツ化現象が起きていて都心部には人が住んでおらず、その周囲を円で囲むように住宅地が形成されている。

羽田や伊丹空港はその中心かそれに近い場所にある。そのためドーナツの輪っかのどこからでもほとんど同じくらいの時間しかからない

これに対して成田や関空はその輪っかのさらに外側に立地している。中心部からは遠いし、輪っかの対称側に住んでいる人からすれば空港に行く時間の方が実際に飛行機に乗っている時間より長い。

成田で言うと横浜とかさいたま、関空なら神戸とか京都やな

情弱ペディア
ただし埼玉県の場合は圏央道を使うことでむしろ羽田に行くより渋滞に巻き込まれることなく成田空港に行くことができるようになった。

成田から対称の位置にある横浜、関空から対称の位置にある神戸からしてみればどう考えたってこれらの空港は不便だ。羽田や伊丹の方が隣接していて便利なのだから。

神戸の場合、関空のせいで制限まみれな神戸空港もあるしな

遠い上に新幹線より早く行って待っておかなければならない

どうしても飛行機は電車での移動よりも空港にはやく着いておかなければ色々と危険なことも多い。

そもそも空港まで行くのすらも時間通りにたどり着くとは限らない。

ほとんどの空港はアクセス手段がバスだろう。電車であっても距離が伸びれば伸びるほど人身事故などで運転見合わせに遭遇するリスクも大きくなる。

そう言う面でいえばアクセス手段が実質ポートライナーしかないものの、人身事故のリスクが皆無で遅れることもあまりない神戸空港は小さいながらも優秀な空港と言えるだろう。

まぁその分朝とかの便は学生とかのラッシュとダブると地獄でしかないんやけどな

ポートライナーは一回に運べるキャパシティと需要がマッチしてない時間があるんやな

なんせ人が住むための場所やったのに後から大学やら病院やら空港まで作ったもんやから……電車が小さい

空港を普段使わない人が遠いといっているだけで実際は……

なんかもう著者もかつてのようなカツカツのスケジュールにギッチギチなほどまで予定を詰め込むようなことをしなくなったせいか、比較的余裕のある旅程を組むようになった。

それでも3年くらい前には京都駅で烏丸線から新幹線への乗り換えを100秒あれば余裕だろとかほざいていたのにだ。

それってどれくらい無茶なん?

時刻表とかに載ってる標準乗り換え時間は10分とかになってるで

やっぱりお前ってそうとうアホなんやわ

切符とか全部準備してて階段に一番近いところから最短ルートを全力で走れば誰でもいけるで

一般的な人はそれをやりたくないから余裕持っていくんだよ

と、さすがに空港ではこんなことはできない。搭乗手続きやら保安検査場やらで出発時間の何分前までに通ってなかったら乗せませんよ、と言われるからだ。

そう考えると安全のために国内線なら出発時間の1時間から1時間半くらい前までには着いておきたい。

新幹線だったらさすがに1時間半は余分だとは思うが、慎重な人なら1時間前から駅で待っていることもあるだろう。

しかし先ほど出てきた神戸空港ならまずポートライナーが遅れることはまず無いから1時間半も前に付いている必要はないし、預ける荷物がなかったら30分前でも十分だろう。

三宮(神戸市街)から神戸空港までは20分もかからないし飛行機が出発する1時間前に三宮を出ていれば充分だ。

福岡空港も同じようなことだと言える。

さすがに神戸空港よりは手荷物検査場も混んでいることも多いので1時間前くらいには着いておきたいが、博多から5分で天神からは10分もかからずに地下鉄一本で到着する利便性は他にない。

他の主要空港もほとんどは最速の移動時間と1時間前までに到着していることを加味したとしても、滞在場所を出発するのは2時間か1時間半前で充分だろう。

ただし例外もある

しかし全ての空港がそんな便利なわけでは無い。

というかおそらく空港が遠いと思われている原因のほとんどは成田や関空ではなく、地方の空港が微妙に市街地から遠くてバスで40分から1時間程度かかってしまうことではないだろうか。

東京から新幹線で4時間かかるかかからないか、それが飛行機と新幹線を選ぶボーダーラインになると言われているが、東京からのぞみで大体4時間ギリギリかからないところにある広島ではなぜか飛行機は新幹線にシェアで負けてしまっている。

阪神大震災で山陽新幹線が不通になった頃は飛行機のシェアが優っていたのだが、品川駅開業とのぞみの大増発で結局シェアは元どおりになってしまい現在に至る。

こうなってしまった最大の原因が広島空港の立地だ。

広島空港から広島市内までは45〜60分と成田から都心とそこまで変わらないぐらいには時間がかかる。

そもそも広島空港って広島市じゃなくて三原市にあるくらいやからな

なんでそんなところに空港が、ということだが地方都市の空港はもともと市街地近くにあることが多かったのだが滑走路や設備が小さいなどの理由で小型旅客機しか離着陸ができないなどの制限があった。

現代の航空機は最低でも2000m級の滑走路は確保しておきたいもので、いくら地方とはいえ滑走路を拡張したりする余地はなかったために少し離れた山地を切り開いて開設したケースが多くある。

高松空港、広島空港、岡山空港、熊本空港がこれに該当するかな

あーもうザ・地方空港やな。結構東京便も多いから大型機材で運行したいかも


結論:成田と関空別に遠くないやん、地方空港が遠いだけやねん

全然関係無い話をして申し訳ない限りなのだが、日本一の売上高を誇るショッピングモールがどこにあるかご存知だろうか。

まぁ成田空港なんだけれども、いまどこの空港でも利用者が購買欲をかき立てられるような施設が増強されている。

羽田や成田では国際線の出発ロビー以外にも飲食店やブランドショップなどが出店しているし、地方の空港でも名産品が一気に買えてわざわざ市街地で買ってくる必要もない。

だから別によいと思うのだ、多少空港から遠くても空港で時間を潰す方法は新幹線の駅よりは豊富だ。

茨城空港はなんもなかったけどな

あのなんもなさはさすがに驚いたな著者も

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です