「情弱めっ」LINE@はコチラ!

ワイヤレスイヤホンの選び方 AirPodsはAndroidで使えないんだぞ

どーも、AirPodsProを早々に売り払ってミーハーじゃねえんだぞ俺はとか言ってめんどくさい人間を地で行く男……

自分でそんなこと言っちゃうあたりめんどくさい人間の極みやな

そんなことはどうでもよくて、品薄といいつつもAppleStoreアプリを朝の8時か10時とかに見ていればAirPodsProは割と高確率で確保できる。

著者も手放したもののだんだん増えていくAirPodsProユーザーを見るたびにうらやましいやら妬ましいやら、ややこしき感情を抱えていてちょくちょくAppleStoreアプリを覗いてしまう。

とは言ってもやはり、あの音質で3万円越えは高すぎる。

でもAirPodsProってすごい評判いいやん?

好評なのは事実やけど、別にAirPodsProでなくてもそれは十分に満たせるぞ

というわけで今回はAirPodsProよりコスパ、使い心地、音質などなど人それぞれ異なったこだわりたいところそれぞれに合わせたワイヤレスイヤホンの選び方を紹介しよう。

AirPodsシリーズの強みはほぼほぼH1チップのおかげ

今やフルワイヤレスイヤホン界隈において一大勢力を築いているAirPodsシリーズ。

もちろんApple製というのも売れている要因の一つだが、使い勝手や接続性・操作性が他社類似性品よりも圧倒的に優れているのが人気になっている理由の一つだ。

だが「接続性に限って」はAirPodsの専売特許というわけではない。

AirPodsの接続性の優秀さを支えているのはAppleのH1チップだ。

情弱ペディア
H1チップとは別に初代AirPodsやApple Watchに搭載されているW1チップがあるがこれは実質1世代前のモデルで、H1チップはW1チップをよりイヤホンやヘッドホン向けに最適化したチップになっている。

このチップによってApple製品とのペアリングが非常に簡単にできて、尚且つワイヤレスイヤホンによく起きる「遅延」もかなり軽減できる。

ワイヤレスイヤホンによく起きる遅延ってなんぞ?

物理ケーブルを使った時よりも動画とかを再生した時に映像と音声にタイムラグが発生してしまうんや。それがH1チップが搭載されてることでApple製品とペアリングした時は遅延が発生しにくいように処理されてるんやで

Apple製品以外と接続した場合は無意味ってこと?

ま、まぁわざわざAppleもAndroidスマホにまで便利な機能搭載する必要性ないやろうしな

H1チップはAirPods以外にも搭載されていることがある

さてそんなApple製品との組み合わせでワイヤレスイヤホンを無敵な存在に変えてしまうH1チップ、別にこれがAirPodsだけに搭載されているわけではなく一部のBeats製品にも搭載されている。

ただなんだかんだいってBeatsももはやAppleの一部。AirPodsProなんかもおそらくBeatsの技術が流用されているのは明白。

となると実質H1チップが搭載されているのはApple(とその関連企業)が販売しているワイヤレスイヤホンのみになってしまう。

しかしながらAirPodsに比べれば幾分かBeatsのフルワイヤレスイヤホンであるPowerBeatsProの方が音質は優れている。そこはやはり音響メーカーの意地といったところか。

iPodの頃から音楽デバイスを出している割にはAppleの音質へのこだわりは全く信用できないのでもしも接続の安定性と低遅延を求めるiPhoneユーザーがいるなら、AirPodsProよりもPowerBeatsProの方が優良な選択肢だ。

音質もだけど充電のことって考えてる?少しは気にしたい充電端子

ワイヤレスイヤホンである以上、本体内部に必ずバッテリーが搭載されているしそれを充電しなければほとんどの機能が使えない。

だからもちろん充電する必要があるのだがそのために必要なものと言えばケーブルではないだろうか。

現状ラインナップにあるワイヤレスイヤホンの充電ケーブル(端子)の種類はMicroUSB、Lightning、USB Type-Cの3種類。そしてこれらのどれかと合わせてQiに準拠したワイヤレス充電が可能になっているものもある。

ワイヤレス充電はQiにさえ対応していればそれは標準規格なので幅広い機器で利用できるため何の憂いもないだろうが、端子に関しては由々しき問題がある。

先ほど紹介した3種類の端子のうち、MicroUSBに関してはもうほぼ全時代の規格と言っても差し支えないものだ。スマホやそれ以外の機器の端子にもあまり搭載されないようになっている。

それがなんか問題あるん?

イヤホンのためだけにケーブルを1本置いとかなあかんくなる。はっきり言って邪魔や

著者のように部屋に何本ものケーブルが使える状態で置いてあるような変態さんならば問題ない、しかし普通の人はケーブルなんて何本もある必要なないしできることなら少ない本数でまとめてしまった方が整理整頓できてすっきりするだろう。

iPhoneユーザーやったらLightningを使うイヤホンやったら充電ケーブルも共通化できるしさ

イヤホンって別に毎日充電せなあかんわけでもないし1本にまとめれたら楽チンやな

また、iPhoneユーザーなら当たり前のように存在するLightning端子のケーブルもiPhoneを使っていない人や、Apple製品を全く使っていない人にとっては縁のない代物だ。

となるとこれもそんな人たちからするとMicroUSBと同じくイヤホンのためにケーブルを1本用意しておかなければならない邪魔な存在といえる。

つまりiPhoneユーザーならLightning端子のもの、もしくはMacやiPadProを使っているならばUSBType-Cのもの、AndroidユーザーならばUSBType-Cを採用しているものがいい。

古いスマホを使ってるならMicroUSBのイヤホンでもいいと思うけど、次に機種変したらそのスマホはおそらくMicroUSBじゃなくなってるやろうから先のことも考えてUSBType-Cのものにしておくのは十分ありやぞ

完全ワイヤレスにするの?それとも一部有線?

ワイヤレスイヤホンと一口に言ってもAirPodsのようにケーブルを一切使っていないフルワイヤレスタイプとBeatsxのような一部にケーブルが残っているタイプのものがある。

どちらにも利点と欠点が

フルワイヤレスイヤホンがそれこそ無線接続の恩恵をフルに享受してケーブルの煩わしさから完璧に解放されるのに対して、一部にケーブルが残っているとどうしても何かの拍子でそのケーブルが引っかかったりしてうざったい思いをしなければならない。

しかしながらフルワイヤレスイヤホンがケースだけ、あるいはイヤホンの片方だけを無くしてしまうこともあるのに対して、そうでないものは無くすとなれば全部どこかへ行ってしまうので何というのだろう、メンタルへのダメージが少ない。

AirPodsとかケースだけ無くしたり片耳だけ無くしたりするやん?

まぁケーブルあったら少なくともポケットから知らん間に落ちてましたなんてことは少ないわな

また物理的なケーブルがあることでワイヤレスイヤホンであっても断線の可能性がある。ただこれはフルワイヤレスイヤホンの方も破損欠損があるのだし、どちらにも使えなくなるリスクはある。

バッテリーの劣化とかもあるやろうな

それは避けようがないやつやな


値段別オススメワイヤレスイヤホン

1万円未満でオススメなのは圧倒的にBeatsX

1万円未満というかなり広い価格帯であっても正直全くどれを勧めようか、一切悩まなかったぐらいにはBeatsxは優秀だ。

音質もやはりそこはBeats、1万円未満の決してミドルレンジ機とも言いづらい価格であってもしっかりと追求された音質が込められている。

もちろんH1チップが搭載されていて充電端子はLightningなのでiPhoneユーザーに非常に優しくなるよう設計されている。

2万円代でオススメできるのはAirPodsかSONYのWF1000XM3

次の2万円代でのオススメワイヤレスイヤホンは別の記事で書いたのでそちらを参照してほしい。

AirPodsProは買う価値なし!品薄でもすぐに売った著者が徹底レビュー

やっぱり2万円を切る価格であの性能はAirPodsの強みやな

3万円以上でオススメできるのはAirPodsPro?

著者の感覚として高級機の部類に入る3万円以上の製品でオススメできるのは一体なんだろうか。

しらねぇよ

まぁ別にAirPodsProでもいいとは思うで

散々別の記事でディスっておいて何だが、選択肢として論外とかそこまでのことを言うつもりはない。価格と不相応な性能しかないと思っているだけで。

貶し方がひどい

以前も解説したと思うが、3万円を超えるようなワイヤレスイヤホンを買うのならば「同じ価格帯でもっと音質の優れたワイヤレスヘッドホンを購入できる」のだ。

そもそもイヤホンよりもヘッドホンの方がどんなものであれ音質が優れているのは明白。ドライバーと呼ばれるようはスピーカーに相当する部分が大型である方がより良質な素材を使用して音を再生できる。

だから図体が大きくなるヘッドホンの方がどうしても小さくなってしまうイヤホンよりも音質は優れるよねって話

ただ音質だけを取れば3万円のAirPodsProを買うよりも同じ価格でヘッドホンを買った方がいいと言うのは合理的な選択なのだが、そもそもワイヤレスイヤホンが欲しい状況や理由とワイヤレスヘッドホンを使う状況がマッチするかと言えばそんなことはないだろう。

ケーブルがあることで煩わしさを感じていたりポケットに入れて手軽に持ち運べるからイヤホンを選択しているのだとすれば、ヘッドホンなんてケーブルがなくなったところでそのでかい図体のせいで取り回しは不便でしかなくあえてそれを選ぶ理由になっていない。

そう考えるとAirPodsProは確かに高級機並みの価格ではあるものの需要には確実にマッチしており、音質にめちゃくちゃこだわるわけではなく利便性の方が優先される状況であるのならばノイズキャンセリングも搭載されていて良くできた製品であることは確かだ。

文章から嫌々褒めてる感が滲み出てるで

著者の場合、自分の耳の形とAirPodsProがあまり相性良くなくて長時間使ってると痛くなるんよな。その上であの値段と性能やから文句の一つも言いたくなるって感じ


結論:ワイヤレスイヤホンを買うならBeatsx、AirPodsシリーズ、WF-1000XM3がオススメ

簡単に選ぼうと思ったならば今回著者が上げた機種がいいだろう。

それ以外にもiPhoneなどApple製品を多く使っているのならばH1チップ搭載の製品が、Androidユーザーならば充電端子がUSBType-Cの製品を選ぶと良いだろう。

結局音質や耳に合うかなどは本人が使ってみるまでわからないのでこんなブログではそれ以外の「誰が見たって同じ条件で比較できる」ことを差別化して紹介するしかない。

いまだにiPhoneにLightningからイヤホンジャックのアダプターを使って古い有線イヤホンを使っている人を時々見かける。

余程使い勝手が良いのかそれとも愛着があるのか、そのどちらかそれ以外の理由のどれでもないのならばそんなものを使い続ける理由はもはや存在ない。

さっさとワイヤレスイヤホンを買ってケーブルから解放されるといい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です