「情弱めっ」LINE@はコチラ!

WiFi6って何?最新のWi-Fi事情をわかりやすく解説してオススメルーターも紹介する話

どーも、回線の速度よりもWiFiルーターの性能が気になる男……

WiFiルーターってどれも同じやない?

全然違うわなにゆーてんねん

5Gが始まったらWi-Fiっていらないんじゃないの?とかいう声も聞こえるが何を言っているのかという感じだ。それとこれは全く別の問題

携帯の電波が進化して5GになるというのにWi-Fiの方が進化しないわけがないだろう。

というわけで今回は最新のWi-Fi規格であるWi-Fi6こと11AXと、最新のWi-Fiルーターについて解説しよう。

WiFi6ってなんぞや

最近量販店などでちょっとずつ展開されるようにもなってきたWiFi6という名前が書かれたルーター。よく5Gの次が出たのかとか言われるのだがそんなわけがない。

WiFi6はいくつかあるWiFi規格のうちの一つで正式な名称をIEEE802.11axという。

それぞれの名称に意味があるんだけど、今回は省略するで

これまでにWiFiは5や4などがあり、そのバージョンアップとして6があるというわけだ。

5とか4ってまずなんなん?

WiFiはまずWi-Fi5の時点でそれまでの4よりもはるかに進化している。

これまでWiFi5は11ac、そしてWiFi4は11nと呼ばれていた。

WiFi5はWiFi4までと比べて同時に通信できるようになった点が優れていた。

実はWiFiのアクセスポイントには端末をこれまでも同時に接続できてたけど、通信自体は順番待ちをしてたんやで

そりゃ順番待ちしてたら遅くなるわな

WiFi4まではWiFiのアンテナをいくつ増やしたとしても全て一つの端末に向かってしか通信できなかったのが、WiFi5では最大4つのアンテナを使って別々の端末に向かってデータを送信できるようになった

これによって複数台の端末で一つのアクセスポイントに接続して動画をダウンロードしたとしても、同時にダウンロードができるようになり通信速度が向上した。

実は欠点まみれで残念な規格だったWiFi5

同時にダウンロードできるようになったとはいえ、それは複数のアンテナを端末ごとに振り分けていたためだ。

しかしその数は最大で4つまでしかできず、また1つのアンテナに1つの端末をバラバラに接続したとしても端末内部では1つのデータのダウンロードしかできず端末内部での順番待ちは一切解消できていなかった。

4人が同時にYouTubeを観れたとしても、YouTubeを観ながら他のデータをダウンロードが出来んかったんや

スマホくらいならいいかもやけどPCやと困るな

たしかにWiFi5(11ac)はWiFi4(11n)のころに比べれば革新的な進化を果たしたものだった。

家庭内での利用に関しては十分耐えうるものだったが、近年急速に発達した公衆無線LANやIoT家具の前では4台程度の同時通信ではまだまだ処理が追いつけなくなっていた

街中のフリーWiFiなんか同時に4台とか余裕で上回るやろうからな

東京オリンピックでフリーWiFi使う人も増えてるやろうしな

WiFi5の欠点を補って進化したWiFi6

さてそんなアンテナの本数に依存した同時通信機能を持ったWiFi5だったが、WiFi6ではこれが改善されてまず同時通信できる機能が8台まで増えた

厳密にはWiFi5の段階でも技術的には8台同時通信自体は可能だったがそれが制限されていた。

さらに重要なのはWiFi6で実装されたOFDMA機能だ。

簡単に説明するとWiFi5で実装された同時通信機能はあくまでアンテナ本数ごとに複数の端末が同時に通信できるというもの。

これに対してOFDMAは1つのアンテナから送信される電波の周波数を複数に分割して同時に複数個のデータを送れるようになった

ただし当たり前やけど使う端末の方もWiFi6に対応してないと意味ないからな

最新のiPhoneとかが対応してるよね

さらにWiFi6では同時通信がダウンロード時だけではなく、アップロード時でも利用できるようになり動画投稿者などにはよろこばれるだろう。

WiFi6の欠点

WiFi6にも欠点はある。

WiFi6で新たに搭載されたOFDMAだが、これを使用するとアクセスポイント下にいる端末が増えるほど通信速度が遅くなってしまう

今まではアンテナごとに端末を割り振っていたのでさほど影響もなかったが、OFDMAは1つのアンテナから流せる上限が決まっている中でそれをさらに細かく分割して通信に利用しているので端末1台あたりで見ると理論上の上限値すらだせない

イメージとしては、一台のトラックに何個も色々な宛先の荷物乗っけてたら1つの宛先に大量の荷物があってもそれを一回で運べないよねって感じ

同時に通信できるようにはなったけど、通信速度は犠牲になってるんやな

またこれは時間が解決してくれるとは思うがWiFi6対応端末があまり多くないことも問題だ。もっといえばWiFi6対応のルーターも現在はかなり高額で2万円程度から販売されている。

性能は確かにいいんやが、対応端末もあまり出てない状況でいささか高額すぎるんよな

まとめ

  1. WiFi6は同時に通信できる台数がこれまでよりもかなり増えて、混雑緩和が期待できる規格。
  2. 対応端末はまだ少ない。
  3. 対応ルーターもかなり高価

今買うならこれがオススメWiFiルーター3選

それではオススメのWiFi6対応ルーターを紹介しよう。

ELECOM WRC-X3000GS

まず紹介するのはWiFi6に対応しているルーターの中で現状最も手頃な価格で販売されているエレコムのルーターだ。

実は著者もこれを使ってたりする

顔デカ太郎先生御用達ってことはいい製品なんじゃ?

いやそれが……

確かにこのルーター、WiFi6に対応していてiPhone11シリーズを使う分には非常に高速で通信が可能になっている。

のだがこのルーターは割と残念な仕様になってしまっているのだ。

というのも確かにWiFi6を搭載したことでOFDMAに対応して同時通信ができるようになっているのだが、MU-MIMOに対応していないためWiFi6非対応デバイスが多いと効果があまり発揮できない。

WiFi5の機能が実質搭載されてないからほとんどの環境に合わへんのや

iPhone11シリーズを持っていればWiFi6の恩恵を受けれる、のだがWiFi5の機能が搭載されていないことによって他にWiFiを利用する端末があると他の端末のせいで足を引っ張られて速度がでなくなる

そんなにWiFi5の機能って大切なん?

WiFi5に搭載されてるMU-MIMOとビームフォーミングは比較的前に出た端末でも対応してることが多いんやわ

一人暮らしで最新のiPhoneを持っているのであればとりあえず手軽にWiFi6を始めるルーターとしてオススメできるが、戸建てや家族で使うのであればオススメできない

BUFFALO WXR-5950AX12

現在発売されているWiFi6対応ルーターの中で最も無難に、確実に失敗しない選択をするのであればこの機種しかない。

先ほどのエレコムのルーターではなぜかWiFi5の機能であるMU-MIMOに対応していないために性能が残念なことになっていた。

最近徐々に普及しつつあるnuro光やauひかり、eo光などの一部固定回線サービスで始まっている1Gbpsよりも高速な規格に対応していない

フレッツ光とかの1Gbpsまでは対応してるんやけどな

ただこれに関しては対応エリアがあまりにも少なかったり、マンションでの導入が難しかったりするので必須条件でもないために残念な仕様の原因とまではいえなかった。

しかしスペック厨にとっては由々しき事態だ。

そんなこともこの機種であればもれなく10Gbpsまでカバーされている。

もちろんMU-MIMOにも対応していて、ストリーム数(アンテナの数)も現在発売されている機種では最多の16本のアンテナを持っている。

情弱ペディア
アンテナはダウンロード、アップロードにそれぞれ半分ずつ利用するため実質搭載してるのは8本。パッケージでは8×8や4×4と表記されていることが多い。

通信速度やスペックに関しては何の文句のつけようもなく間違いなく「性能だけで見れば」現行のWiFiルーターで最高の機種だ。

しかしそんな最高の機種も欠点はある。

価格が高いことはさておいても、この機種は何と言っても図体がでかい。横幅が一般的なルーター2個分はある。

しかも物理的に展開できるアンテナも装備しているためさらに大きく巨大に感じる。

正直言ってルーターってほとんどの家庭で目立たない場所に置かれていることが多いだろう。

だからこそ巨大な図体は単純に今までルーターを置いていたスペースには置けなくなり、家具やインテリアの配置を再検討しなければならなくなる。

性能は良いだけにちょっとこのデカさは何ともし難い難点だ。

NEC Aterm WX6000HP

次に紹介するNECのWX6000HPは2020年になってから発売された最も新しいモデルで、性能としてはバッファローほどではないもののエレコムほど残念でもないものになっている。

まずエレコムが一切対応しなかった10Gbps回線は分配はできないがルーター自体に取り込むことはできるので、WiFi接続であればその速さをしっかりと活かせる。

分配できへんってどういうこと?

ようは有線で10Gbpsの回線を他のPCとかに接続できへんってこと。でもWiFi6の強さは活かせるからエレコムのよりは高速になるで

ストリーム数もバッファローのものと同じだけ確保されている。

アンテナもなく個体自体がすっきりとしたデザインになっているので巨大さも全くない。

ストリーム数も多いので一般家庭で使う分にはさほど影響はないだろう。家族全員が最新のiPhoneを使っていればの話だが。

またこの機種のダウングレード版が今後発売の予定で、それを待ってみるのも良いだろう。

ダウングレード版では10Gbpsに対応してないから注意が必要やで

ただこの機種は最近出ただけあってまだ全然値下がりしていない

性能だけでいえば先の紹介したバッファローのルーターの方が圧倒的に性能が良いのだが、最安値平均値共にこのルーターの方が高い。

今このルーターをあえて選ぶ理由があるとすれば大きさスペース上の都合と威圧感のあるアンテナがないことぐらいだろう。


結論:WiFi6より着目すべきなのはMU-MIMOとストリーム数、そして10Gbps対応

WiFi6を使えば確かに高速に同時通信が可能になるだろう。

しかし対応端末がまだ少ない。

それよりも確実に普及しているMU-MIMOと単純に運べる量の目安であるストリーム数、そしてせっかくの10Gbpsなんてレアな回線を持っているならそれに対応しているルーターを使う方がいい。

いくらルーターから端末までの通信が速くても、ルーターとインターネットの間が低速では何の意味もない。

現行のiPhoneはもちろんMU-MIMOとビームフォーミングに確実に対応した端末とルーターを併用することで簡単に家庭のWiFiは高速にかつ安定した接続を確保できるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です