「情弱めっ」LINE@はコチラ!

大阪旅行にぴったりな切符を紹介

どーも、最近年に一回引越している男……

以前は通天閣の真横に住んでいた著者であるが、その際に東京をうらやましいなと思っていた理由の一つに「乗り放題切符」が大阪には少ないことだ。

しかしないわけじゃないし、意外と探せばあるので今回は大阪を旅行するときに最適な切符をいろいろ紹介していこう。

大阪メトロの乗り放題切符は値段が2種類

大阪も東京と同じで中心部を観光する場合はJRだけだとほぼ不可能。

というか山手線の真ん中を走る中央線的存在のJR東西線がかなり微妙なところを経由しているためにUSJに行く以外の用途でJRは使い物にならない

大阪市内には都内のように2種類の地下鉄が入っていて切符もややこしい、なんてことはない。

その分私鉄が直接乗り入れてるんやけどな

そんな大阪市内の地下鉄路線は最近民営化された大トロこと大阪メトロ、ここが1日乗り放題になる切符がエンジョイエコカード

エンジョイエコカードは平日と土休日で値段が異なっており、平日800円土休日600円で利用可能。

駅の券売機から簡単に購入できるので圧倒的におすすめの一枚だ。

地下鉄とバスが乗り放題で割引特典も

元々大阪メトロも市内を走る大阪シティバスも大阪市営だったためにエンジョイエコカード1枚でどちらも乗り放題になる。

ただ大阪シティバスでもUSJ行きとIKEA行きは対象外になる。USJへ行くのはどうしてもJRを使わざる得ない。

渡し舟などもあるにはあるがちょっとレベル高めなのでこのブログにたどり着いた人は間違っても使わないようにしよう。

また大阪市内には大阪市の暗黒時代に作られた博物館がたくさんある。正直かなりマニアックなものが多くて普通にそれ目当てで行くという人は少ない。

ただその分空いているのでこのご時世的にはいいのではないだろうか。

エンジョイエコカードで割引になる施設一覧

そんな不人気スポットだけでなく梅田スカイビルの空中庭園や大阪城の入場料、夏場はものすごいこと値上がりするスパワールドが大幅に値引きされる。

また先ほどJRで行くしかないと言ったUSJも海遊館のある南港から出ている船にも割引料金で乗船できる。

まぁ割引されても大人しくJRに乗った方が安いのであまりオススメはしない

海遊館に行くならOSAKA海遊きっぷ

先ほどのエンジョイエコカードでは割引対象になっていないのが南港にある海遊館だ。

そんな海遊館へ行く人のために販売されているのがOSAKA海遊きっぷだ。

海遊館の入館料は通常大人2400円なのだがOSAKA海遊きっぷは入館料とエンジョイエコカードがセットになって2800円から。

土日でも最低600円はするエンジョイエコカードが200円、平日だと400円安くなっている。

そしてOSAKA海遊きっぷには海遊館の入館料とエンジョイエコカードがセットになったものを基準に関西の私鉄も乗り放題になったものが複数販売されている。

神戸へ行く場合には阪神電車も乗り放題になった阪神版、京都にも行くなら阪急版、京都にしか行かないのなら京阪版、和歌山に行くなら南海版とバリエーションが多い。

なお基本的に関空からやってきて海遊館にも行くのなら関西空港駅で南海版を買うことで非常に安く大阪市内まで行ける。

関空から難波まで通常よりも半額で移動できるで

神戸と京都へも行く人は阪神版や京阪版よりも阪急版を買った方がよい。阪急ならどちらへも路線を展開しているからだ。

阪急版と阪神版は同じ価格なのだが全線フリーエリアだがそもそも路線の規模が全く異なる。京阪版は京都と宇治にも行くならありだが阪急版よりも割高なので京都市内だけに行くのならあまりオススメできない。

大阪市内を2日くらいでガッツリ旅行するのなら大阪周遊パスがあり

エンジョイエコカードよりもだいぶ高額になるが、無料で入れる施設が大幅に追加されるのが大阪周遊パスだ。

値段が高いことだけがネックなのだが、その分エンジョイエコカードなどにはない無料で入れる施設が多いので数日かけて観光するのなら大阪周遊パスを買えばだいぶと入り口でお金を払う機会が減ることだろう。

海遊館は無料で入れないのだが割引価格になるのでOSAKA海遊きっぷと同じぐらいの価格で利用できる。

海遊館と天保山の観覧車がセットで安く利用できる。

また数カ所ほどむリュで入れる温泉やスーパー銭湯があるので風呂なし宿に泊まっても安心だ。

JRは通年発売しているフリー切符がない

先ほどのOSAKA海遊きっぷのように通年発売されている旅行や観光に使いやすい切符は私鉄から多く発売されている。

だがJR西日本からはそんな切符がない

しかし行楽シーズンには関西1デイパスが発売されて関西一円のJR線と京阪・近鉄・南海線の一部が乗り放題になる切符が発売される。

これがあれば関西圏の移動にJRを使う場合は全く困らないだろう。

欠点塗れのJR乗り放題きっぷ

関西1デイパスは広大なJR線が乗り放題になる代わりに値段が3760円と非常に高い。

1日しか有効期間がないので大阪を中心に旅行する場合はただ京都や神戸を往復するだけでは元がとれないので普通運賃を払うか私鉄のフリーパスにした方がいい。

また当日券売機や駅で購入できないのも弱点の一つだ。前日までにWebで購入しておく必要があるため会員登録の必要などがあるため使い勝手が良いとはいえない。


結論:関西は私鉄で移動するのが吉

関西は基本的に私鉄で移動するのがいい。確かに新快速は速くて便利なのだが京都市内観光には京都駅からよりも阪急で烏丸(四条)に出るか京阪で祇園に出た方が観光地のど真ん中に出れて便利だ。

正直京都駅からのバスは尋常でないレベルで混んでいるので例えば金閣にいくにしても一旦地下鉄で北大路まで出てからバスに乗った方が混雑を避けれる。

大阪市内だけ観光するのは正直もったいない。

関西は東京と違って中心からすぐの距離に複数の観光地がある。

是非大阪へ来た際には神戸や京都なども一緒に行ってほしいと思う。

2 Comments

アバター たっけー

顔デカ太郎様、変な質問に答えてくださりありがとうございます。
自分でも少し調べたのですが、大阪周遊パスという切符は、おすすめ出来るか
教えてください。

返信する
アバター 顔デカ太郎

コメントありがとうござます。完全に書き漏れてました。オススメしてますよ。ご指摘ありがとうございます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です