「情弱めっ」LINE@はコチラ!

スマホでブログを書けるやつをまじで尊敬するなと思った話

どーも、最近やたらデバイスが壊れていく男……

使い方が悪いんやろう

著者の使い方が雑なのは否定するつもりなど一切ない

それでもやはり流石に今年に入る直前からPCが壊れたりiPadProのキーボードがおかしくなったりiPhoneが初期不良で交換になったり。

そしてまたまたこのたび使っているPCのキーボードがおかしくなって修理交換することになり2,3日手放すことになった。

超絶困ったのがPCがないとブログが更新できないこと、に関してはたまたまストックがあったので問題なかったのだが新しい記事をかけないことだ。

たまたま何故かiPadも手元にない状態で記事の下書きをやろうにもスマホでするしかない状況だった。

やってみたらまぁやりにくいわということで本当にスマホだけでブログ書ける人すごいよねと思った話をします。

画面が狭すぎて何を書いたのかさっぱりわからない

一つの文章が長くなって見づらいこのブログ。

だがとは言ってもスマホで見ることに合わせてスマホの狭い画面で書くと、どれくらいの分量になっているのかがわからない。

よけいに見づらいブログになる

画面の横幅が狭いことでやたら何度も文が折り返して話の腰を折っているように見えるのだ。

読む分には短い文のほうが簡潔にわかりやすくてよいのだが、書くときからそこを意識すると本当に内容がさっぱりわからなくなる。

長い文章はあとからでも短くできるが、中身のない文章に後から中身を詰めるのは不可能だ。

ものすごく作業効率がわるい

著者はタイピングテストをやると相当速い。

e-typingというサイトで腕試しチェックをやると一番高い???のランクに届く。

スマホのフリック入力が苦手なわけではないけれど、PCのタイピングがそれよりだいぶ高速なのでスマホでやるのがどうしても効率が悪い。

効率が悪いというよりもシンプルに入力が遅い。

だいたいこのブログの文字数が平均3000文字なのだが、同じだけの文量をPCで書くのとスマホで書くのとでは倍以上作業時間に開きがある。

スマホの変換にイラッとする

まごうことなく便利な存在であるスマホの変換機能。

著者も普段のLINEやらちょっとした入力操作なら大変お世話になっている機能だ。

だがしかし、ブログを書こうとすると「なんでその変換になるねん」というちょっと意味のわからない予測を出してくる。

それを言うとMacの変換も突然普通の単語がなぜか普通に漢字にならなかったりして、ええ加減にせぇよキーボードを殴りそうになる。

そんなことするからPC壊れるねん

本当になぐってはないよ

シンプルに誤入力率が違いすぎる

タイピングの速さと正確な変換があわさることで何が良いのかといえば誤入力率の低下だ。

普通にタイピングテストをやると著者は96%くらい正確に入力できている。

しかしそこには変換までは含まれていないので、そこに変換することまで考えるともう少し実際に正確に入力されている割合は下がる。

とはいえそもそもスマホでやると時間あたりの入力量が減る上に正確さも失われてしまう。

そうすると必然的に全体として作業量も低下するので結局PCで入力してしまった方がよいということになる。

スマホで作業する以外に尊敬すること

ほかにもまじで尊敬するわ、と思うようなことはたくさんある。

例えばどこにも記事や動画の下書きないしはプロットを書かずにいきなり本番をやってしまえる人だ。

どうしてこれができないかって、それは著者に問題があって集中力が壊滅的に足りていないからだ。

というよりも集中力が足りないのではなく、いつ集中してやるかさっぱりわからないので下書きでも残しとかないと作業が始まらないし終わらない。

集中してやるときはやるけど、意図して集中できないものだから生産性があがらない。

本当は下書きなんてなくても書き上がればそれでいいとは思うが、それができれば本当に苦労しない。

ただ別の理由で著者は下書きがどうしても必要になる。

著者はWordPressのよく使うマークとかを全てショートカットにしてあるのだが、これをWordPressのビジュアルモードで打ち込むとバグるのだ。

テキストモードだとこれは起こらないのだが、いかんせんテキストモードは見にくいのでいちいち切り替えるのも面倒なのだ。

なので一度下書きで全部書いてしまってからテキストモードにコピペする方法をとっている。

これだとバグることもなく使えて大変ありがたい。

定形文で書ける人

ブログの定形文を販売しているブロガーがいたりするのだが、あれって売れてるのだろうか。

文章の構成は基本的にどんなものでも起承転結に従って書けば読めるものになる。

なので理論的には確かに定形文でブログを書くことも可能だろう。

一部のみを適宜書き換えることで問題ないようにするということだが、個人的にはこれほどまでにつまらんことはないと思う。

確かにあるのだ、同じつかみで始まり大体同じようなオチで終わるブログは。

だがそんなブログに限ってクソつまらんし内容も死ぬほど薄い

読むだけ時間の無駄
 

たぶん文章書くのが好きじゃないんだろうと思う。

著者とかは文章を書いてるのが好きだからブログをやっているが、おそらくそんなクソつまらん文章でブログやってるような人はお金のためにやってるのだろう。

定形文でやったほうが生産性は上がる。

1記事を1万円で依頼されても1時間で終わらせた時と10時間かかった時では時給換算で偉い違いになる。

ブロガーとしては大変魅力的なものだろうが著者は御免被りたい。

ネタがないって喚くのも含めて楽しいんだよ

そういう気持ち悪いこというのさすがやわ


結論:スマホで書くのもええけどPCで作業してる方がスタバでドヤれる

このご時世においては控えるべきだし著者もやってはないけれども、スタバでPC広げてYouTube見ながらドヤ顔しているクラッチバッグ男ほど痛いものはない。

そういう奴に限って愛されるMacBookも迷惑だ。

製品に罪はない

ブログは比較的効率よく稼げる手段だと思う。

人それぞれやり方はあると思う。

世が世ならスタバでどやぁ大学生が増える時期だ。本来ならそろそろ試験が近づいていたはずなのだ。

しかし残念ながら試験はほとんどレポートだしスタバも席が制限されているので当分はスタバでドヤれることはないだろう。

そもそも自尊心を満たしてメンタル保つくらいしかメリットのなかったことだからこの際に見直すべきだろう。

残念なことにその自尊心を満たしてメンタルを保つことがとても大変だから困る。

精神衛生上よろしくない世の中が続いてしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です